変狐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

変狐(へんこ)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋に存在する。

※変狐は、写本によっては蛮狐と書かれており[1]、どちらが正しいかは未だ判断ができないが、このページには変狐と書かせてもらうことを述べておく。

大大将棋[編集]

成ると夜叉

※夜叉は、写本には所々に夜刄と書かれている[2]が、実際そのような単語は存在せず、夜叉という元の意味が存在している単語がある為、夜叉の方が妥当だと考えられるため、こちらを記事名にしてある事を述べておく。しかしどちらが正しいかは未だ判断ができず、駒には夜刄と書いてあるものもある。

元の駒 動き 成駒 動き
変狐(へんこ)
     
     
   
   
       
       
後ろと斜め前に2マス動ける。飛び越えては行けない[3] 夜叉(やしゃ)
                   
                   
                   
               
               

               
               
                   
                   
                   
縦横に5マス、斜めに2マス動ける。飛び越えては行けない[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』『象棋六種之図式』は、いずれも「変狐」と書かれている。
  2. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』では「夜刄」と書かれている。
  3. ^ 象棋六種之図式』では、斜めに2マス動けるとなっている。
  4. ^ 象棋六種之図式』の大大将棋には2個所に記述があり、ひとつは本項目通りの動き、もうひとつ(「已下成馬」という記述のあとにある)は横に3マス、後ろと斜め前に1マス動けるとしている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]