太子 (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

太子(たいし)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、小将棋中将棋大将棋天竺大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

太子は、玉将(王将)と同じ働きを持つ。 つまり、たとえ玉将(王将)が取られても太子が存在する場合は太子が取られるまで試合を続行する。

小将棋・中将棋・大将棋・天竺大将棋[編集]

小将棋・中将棋ではと略す。醉象成駒としてのみ存在する。

成駒 動き
太子(たいし)
     
   
 
 
   
         
全方向に1マス動ける。

泰将棋[編集]

醉象成駒。成ることはできない。

元の駒 動き 成駒 動き
太子(たいし)
     
   
 
 
   
         
全方向に1マス動ける。 - - -

大局将棋[編集]

醉象成駒。成ると王将

元の駒 動き 成駒 動き
太子(たいし)
     
   
 
 
   
         
全方向に1マス動ける。 王将(おうしょう)
   
   

   
   
全方向に2マス動ける。飛び越えては行けない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]