淮鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

淮鶏(わいけい)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。准は誤字[1]

摩訶大大将棋・泰将棋[編集]

成ると仙鶴

元の駒 動き 成駒 動き
淮鶏(わいけい)
     
     
 
 
       
         
斜め前、横、後ろに1マス動ける[2] 仙鶴(せんかく)[3]
   
   
   
   
   
     
前と斜めに何マスでも動け、後ろに1マス動ける。飛び越えては行けない[4]

大局将棋[編集]

成ると仙鷦鷦は本来は「而の下に鷦」だが、unicodeにもない字のためここでは鷦で代用する。

元の駒 動き 成駒 動き
淮鶏(わいけい)
     
     
 
 
       
         
斜め前、横、後ろに1マス動ける。 仙鷦(せんかく)
     
     

       
       
斜め前と横と後ろに何マスでも動ける。飛び越えては行けない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象戯図式』では「准鶏」、『諸象戯図式』では「准雞」、『象棋六種之図式』では「淮雞」となっている(後二者のけいの文字は鶏の旁が隹になったもの)。
  2. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』および『象棋六種之図式』の泰将棋では本項目の解説通りの動きで説明されているが、『象棋六種之図式』の摩訶大大将棋では斜め4方向と後ろに1マス動けるとなっている。
  3. ^ 象棋六種之図式』の説明では、「僊鶴」という表記もされたとある。
  4. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』『象棋六種之図式』とも、斜め前、横、後ろに何マスでも動けるとなっている(象戯図式、諸象戯図式の淮鶏の動く方向に何マスでも動ける)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]