松本博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 博文(まつもと ひろふみ、1973年12月2日 - )は、日本フリーライター。主に将棋の中継記者、随筆を仕事とする。山口県下関市蓋井島出身。

山口県立下関西高等学校東京大学法学部卒。第132期駒場寮委員長。東京大学将棋部に所属していた大学在学中から将棋書籍の編集・執筆に携わる。

卒業後は名人戦棋譜速報の立ち上げに尽力し、「青葉」の名で中継記者を務める[1][2]

初の著書である『ルポ 電王戦』で第27回将棋ペンクラブ大賞文芸部門を受賞。

将棋文化検定1級(2022年全コース最高点)。撮影した将棋関係の写真は2022年8月時点で約50万枚。

仕事部屋に将棋関連の本を多数コレクションしており、2020年から2021年にかけて、棋士の桐谷広人がテレビ番組の企画で、所有している大量の将棋雑誌を処分するとした際も、「買い取り手」として名乗り出た[3]

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]