永瀬拓矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 永瀬拓矢 六段
名前 永瀬拓矢
生年月日 (1992-09-05) 1992年9月5日(24歳)
プロ入り年月日 2009年10月1日(17歳)
棋士番号 276
出身地 神奈川県横浜市
師匠 安恵照剛
段位 六段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2016年7月13日現在

永瀬 拓矢(ながせ たくや、1992年9月5日 - ) は、将棋棋士安恵照剛門下。棋士番号は276。神奈川県横浜市出身。

棋歴[編集]

6歳の時に祖父から教えてもらったことが、将棋を始めたきっかけである[1]

横浜市立間門小学校5年生時代の終わり(新6年生として)、2004年3月20日・21日に行われた小学生将棋名人戦東日本大会に、神奈川県代表として出場[2]。同年、『松坂屋こども将棋大会高学年の部』で優勝[1]。同年9月に奨励会に入会。

奨励会三段リーグには第43回(2008年度前期)から参加。3度目の三段リーグで14勝4敗・1位となり、2009年10月1日付で四段に昇段(プロ入り)。17歳0か月でのプロ入りは、現行三段リーグ制度導入(1987年)以降では、渡辺明(15歳11か月)・屋敷伸之(16歳8か月)・豊島将之(16歳11か月)に次ぐ、当時4番目の年少記録であった。

2010年、第5回「白瀧あゆみ杯争奪戦」(非公式戦)に出場。女流プロ2名と女性アマチュア1名に対し、すべて角落ちの上手番を持って勝利し、優勝。

2011年、1月11日(第69期順位戦C級2組、対・岡崎洋戦)から6月1日(第1期加古川青流戦、対・杉本和陽三段)まで公式戦18連勝を記録。この連勝の中には、第61回NHK杯戦の予選3局と、本戦1回戦(放送日は6月5日)での佐藤康光九段(永世棋聖資格保持者)から挙げた勝利が含まれている。この佐藤との対局は、NHK杯戦では史上初の千日手2回[3]による再指し直しとなった。5月24日には第24期竜王戦6組準決勝で西川和宏を破り、竜王戦初昇級を決めた。そのほか、阿久津主税加藤一二三からも勝ち星を挙げている。連勝ストップは、6月6日に行われた第37期棋王戦予選決勝(対・横山泰明戦)であり、棋王戦本戦進出も逸した。

連勝ストップ後の6月10日、第24期(2011年度)竜王戦6組で優勝。本戦では2勝したが、3回戦でNHK杯戦以来の再戦となった佐藤康光に敗れた。

続く第25期(2012年度)竜王戦5組でも優勝し、2期連続で本戦進出(1回戦敗退)。6組と5組での連続優勝は行方尚史以来。なお、5組決勝進出決定時点で規定(連続昇級)により五段昇段した[4]

2012年10月には2棋戦の決勝に登場。まず27日・28日に第2期加古川青流戦伊藤真吾四段に2連勝(1千日手)し、公式戦初優勝。続いて、31日に第34期新人王戦藤森哲也四段に勝利し、通算2勝1敗で優勝。わずか3日で2つの公式戦を制した。

2013年6月17日、第26期(2013年度)竜王戦4組で優勝。ランキング戦3期連続優勝は木村一基(4組・3組・2組優勝)以来2人目で、6組からの3期連続優勝は史上初。ランキング戦通算3回優勝の昇段規定により同日付けで六段に昇段した[5]

第39期棋王戦の挑戦者決定トーナメントでは準決勝で敗れたが、敗者復活戦を勝ち上がって挑戦者決定二番勝負に進出。しかし、準決勝でも対戦した三浦弘行に1勝1敗で敗れ、挑戦はならなかった。

第39期棋王戦本選において、羽生善治に対してあげた「2戦2勝」(挑戦者決定トーナメント準決勝、敗者復活戦決勝ともに勝利)は将棋界に衝撃をもたらした[6]

2015年3月21日、将棋電王戦FINAL第2局でコンピューターソフトのSeleneと対局、永瀬の角不成王手に対して、Seleneが王手放置した為反則負け[7]となり、団体戦となってからの電王戦で初となるプロ棋士側2勝目をもたらした[8]

2015年度に入り、5月29日、第28期(2015年度)竜王戦4組で優勝し、決勝トーナメントでも羽生善治四冠を破って、挑戦者決定三番勝負に進出したが、1勝2敗で渡辺明棋王(当時)に敗れ、挑戦はならなかった。 第74期(2015年度)順位戦C級2組では8勝2敗・3位の成績をあげ、C級1組への昇級を決めた。

2016年度も好調のスタートを見せ、第29期(2016年度)竜王戦3組ランキング戦でも決勝まで進み、前年度に続いての2年連続昇級が決まっている[9]

また、第87期(2015年度)棋聖戦の本戦トーナメント決勝で村山慈明七段を破り、 羽生善治棋聖への挑戦が決定。五番勝負は2勝3敗で惜しくもタイトル獲得はならなかった。

棋風[編集]

デビューからしばらくは三間飛車を得意とする振り飛車党だったが、2013年頃から居飛車党に転向した。振飛車党時代は、「有利になれば相手の駒をすべて取りにいく」ような、強烈な受け将棋で「大山康晴十五世名人の再来」と呼ばれた。

先手番でも千日手を厭わない「千日手名人[10]」でもある。本人曰く「対局にあたっていくつか罠を用意しておくが、その罠に引っかからなかったら千日手を目指す」という[11]。ちなみに「千日手にもストックがある」とのことで、例えば「飛車回りに飛車で受けさせるのは千日手の基本手筋」だという[11]。電王戦の二つ名は「努力・変化・勝利」。

人物[編集]

将棋に対する非常に厳しい姿勢や発言から、「軍曹」と呼ばれたり、「ボーイ」と呼ぶ棋士もいる[12]。 「将棋は才能ではなく努力」が持論で、他棋士と一線を画す「根性」「不倒」など独特の記毫をする事が多い。[13]

藤森哲也とともに、蒲田将棋クラブとアマチュア強豪と腕を磨く。

鈴木大介との交流が深く、第87期棋聖戦の挑戦者になった時のインタビューで、「自分の意識としては、私の棋士人生は鈴木先生(大介八段)に頂いたものだと思っています。」と語った(将棋世界2016年7月号)[14]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2004年9月(小学6年) 6級 = 奨励会入会
  • 2005年2月( 〃 ) 5級(9勝3敗)
  • 2005年5月(中学1年) 4級(9勝3敗)
  • 2005年10月( 〃 ) 3級(9勝1敗)
  • 2005年12月( 〃 ) 2級(6連勝)
  • 2006年2月( 〃 ) 1級(6連勝)
  • 2007年4月(中学3年) 初段(16勝6敗)
  • 2007年9月( 〃 ) 二段(12勝4敗)
  • 2007年12月( 〃 ) 三段(12勝3敗)
2008年度前期から三段リーグ参加(高校1年)

主な成績[編集]

タイトル戦登場[編集]

  • 棋聖戦挑戦 1回(2016年度 = 第87期)
登場回数1、獲得0

棋戦優勝[編集]

優勝合計 2回

非公式戦優勝[編集]

将棋大賞[編集]

  • 第39回(2011年度) 連勝賞
  • 第40回(2012年度) 新人賞、勝率1位賞
  • 第41回(2013年度) 連勝賞

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 阿部健治郎・永瀬拓矢 新四段誕生のお知らせ(日本将棋連盟)
  2. ^ 第29回小学生将棋名人戦(日本将棋連盟)
  3. ^ 2011年6月5日放送NHK杯テレビ将棋トーナメントにて、司会・聞き手役の矢内理絵子談。
  4. ^ 永瀬拓矢四段が五段に昇段(日本将棋連盟)
  5. ^ 永瀬拓矢五段が六段に昇段(日本将棋連盟)
  6. ^ 将棋電王戦FINAL 第2局――人間側の連勝なるか Selene VS. 永瀬拓矢六段の見どころはねとらぼ2015年03月19日
  7. ^ 事前に研究し、プログラムの不手際でソフトが対応できない可能性があった「△2七角不成」を指した。なお、局面自体は成・不成を問わず永瀬優勢であった。
  8. ^ Seleneが角成らず王手にまさかの放置で投了、第2局も人類・永瀬拓矢六段の勝利となる|将棋電王戦FINAL週アスplus 2015年3月21日
  9. ^ ただし第27期で3組から4組に降級しているため、昇段はしていない(昇段規定 日本将棋連盟。このケースは永瀬が初の適用となる
  10. ^ 2011年6月5日放送NHK杯テレビ将棋トーナメントにて、解説役の鈴木大介談。その後2012年10月7日放送のNHK杯テレビ将棋トーナメント、対木村一基戦でも千日手指し直し局が発生し、解説役の広瀬章人から「期待通りですね」と言われた。
  11. ^ a b 『永瀬流 負けない将棋』p.218
  12. ^ 研究をともにしている鈴木大介八段が、電王戦のニコニコ生中継で「ボーイ」と度々呼び、勝又清和六段もtwitterで「永瀬ボーイ」とつぶやいている(2015.3.21)。
  13. ^ 第87期棋聖戦中継ブログなど
  14. ^ https://book.mynavi.jp/shogi/detail_summary/id=53720

関連項目[編集]

外部リンク[編集]