三歩突き捨て急戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三歩突き捨て急戦とは将棋の戦法の1つ。角道を止める先手三間飛車に対する居飛車舟囲い急戦の1つで、創案者は加藤一二三とされている[1]

概要[編集]

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
三歩突き捨て急戦基本図

この急戦の一番の狙い筋は図の△9四歩に▲9六歩と受けた場合の一変化に現れる。▲9六歩以下△5三銀左▲4七金(後手に4五歩早仕掛けを狙われた時に▲3六歩より得。当該ページを参照)△8六歩▲同歩(▲同角は△6六角▲7七銀△2二角で後手良し)△9五歩▲同歩△7五歩▲同歩と3つの歩の突き捨てを振り飛車が全て同歩と取った場合、△9五香▲同香△7六歩▲9九角△8六飛と捌いて後手が優勢になる。以下▲8八飛には△同飛成▲同角△8七飛がある[2]。よって先手は△7五歩の瞬間に▲6七銀と変化し、△6七銀に△7六歩とすると▲同銀で攻めのとっかかりを掴みづらくなる後手は△6五歩と6筋にも手を伸ばす[3]。▲6五同歩は△7七角成▲同桂△8六歩、▲5五歩は△6六歩▲同銀△7六歩▲5九角△6五歩▲同銀△5五角で後手が良い。よって△6五歩には▲7五歩△6六歩▲7六銀(▲同銀は△7六歩)までは進み、歩損している為戦果を挙げなければならない後手は△6七歩成と攻め続けるが、▲2二角成と玉形を乱されて△同玉▲6七銀と進む[4]。そこで△6六歩には▲7七角の切り返しもあるため、3三乃至4四に角を据え攻めを継続する。

この急戦では7筋〜9筋の歩を突き捨てる順をどうするかは後手に選択権があり、7筋→9筋→8筋の順で突き捨てれば7筋と9筋の歩は▲同歩とし8筋の歩は▲同角で取って△6六角▲7七銀△2二角▲9六香(△8五歩▲9七角△9五香と△7六歩▲同銀△9九角成の防ぎ。大山康晴の手。)で一局[5]、7筋→8筋→9筋の順に突き捨てた場合には7筋と8筋を▲同歩とし、△9五歩には▲6七銀とする[6]

△9五歩型[編集]

先手には9筋の歩を受けずに(即ち△9四歩に▲4七金や▲3六歩など)自玉の側に手をかける選択肢もある。先手玉は▲4七金と▲3六歩の2手を指すことによって非常に安定するためで、そのため基本図からの△5三銀左と▲4七金の交換を省き△9五歩と突きこして▲3六歩を間に合わせないで△4二銀型から仕掛けるという考え方もある[7]

脚注[編集]

  1. ^ 『先手三間飛車破り』p.128
  2. ^ 『さばきの極意』p.88
  3. ^ 『先手三間飛車破り』p.129
  4. ^ 『先手三間飛車破り』p.129-p.136
  5. ^ 『先手三間飛車破り』p.121
  6. ^ 『さばきの極意』p.145
  7. ^ 『先手三間飛車破り』p.146

参考文献[編集]