4六銀左戦法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
△ なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ なし
対四間飛車基本図 ▲4六銀まで

4六銀左戦法(一般的には斜め棒銀とも呼ばれる)は将棋の戦法のひとつ。居飛車舟囲い急戦の一種で4三銀型の四間飛車三間飛車に対して▲4六銀-▲3五歩を絡めて突破を狙う作戦である。単に「4六銀左戦法」というと四間飛車に対するものを指すことが多い(三間飛車は飛車が3筋にいるため3筋の攻めに強い)。

概要[編集]

対四間飛車[編集]

基本図は▲4六銀と出たところ。本稿では一例として5二金型の定跡を解説する。なお、振り飛車が4一金の形で待機しているなら3二金と上がったり、4一金のままで戦う作戦もある。 基本図からは△5四歩、▲3五歩、△3二飛、▲3四歩、△同銀(第1図)と進む。

第1図からの変化[編集]

△ 歩
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 歩
第1図は △3四同銀まで

第1図からは

  1. ▲ 3八飛
  2. ▲ 2四歩、△同歩、▲ 3八飛(第3図)
  3. ▲ 3五歩から銀を繰り替える「準急戦」

といった手がある。

△ 角銀歩
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 飛銀歩
第2図は △4四角まで

1.の▲3八飛に対しては△4五歩が振り飛車の常套手段。以下▲3三角成、△同飛、▲8八角、△4六歩、▲3三角成、△同桂、▲3四飛、△4三金、▲3六飛、△4四角(第2図)とするのが定跡。▲8八角で▲5七銀引なら△4三銀と飛車交換を挑んで後手有利。ただ、△5四歩が△1二香になっていると▲5七銀引のかわりに▲5五銀で居飛車有望。第2図まで手順は昔からある定跡だが、振り飛車が指せるとされている。

△ 歩二
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 歩
第3図は ▲3八飛まで
△ 角銀
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 飛歩二
第4図は △3六歩まで

2.の▲2四歩~▲3八飛(第3図)は2筋が突き捨ててあるため、居飛車の攻めは複雑になり、振り飛車側にも様々な手段が生じる。 1.と同じく△4五歩から反発する手なら▲3三角成、△同飛、▲8八角、△4六歩、▲3三角成、△3七歩、▲同飛、△3六歩(第4図)と進む。

この形では二度目の▲3三角成に△同桂とすると▲3四飛、△4三金、▲2四飛と廻られてしまう。そこで成り角をとらずに△3七歩、▲同飛、△3六歩(第4図)と飛車を釣り上げる。これに▲同飛なら△4五銀、▲3五飛、△3三桂、▲同飛、△5六銀で振り飛車有利となる。そのため、第4図からは▲3四馬、△3七歩成、▲同桂としてお互いが飛車を手持ちにする展開となる。この激しい捌き合いは形勢不明。他には第3図の△4五歩で△3六歩や2二角などが知られている。


対三間飛車[編集]

△ なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ なし
対三間飛車基本図▲4六歩まで

対三間飛車に対して▲4六銀-▲3五歩を狙っても▲4六銀に△4三銀と角頭に備えられて(三間飛車は4五歩早仕掛けに備える為4二銀型で待機することが多い)、対四間飛車より1手損をしてしまう。後手三間飛車に対しては4五歩早仕掛けが成立するので(必ず優勢になる訳ではない)この戦法はあまり指されないが、先手三間飛車には4五歩早仕掛けが通用しない為、たまに用いられる。△6四銀▲6七銀の交換をいれる手もあるが▲6七銀が遅れているのをみて基本図から△7五歩といきなり仕掛ける手があり、加藤一二三が得意としている。△7五歩に▲同歩△6四銀の進行は先手が捌くのが容易でない。よって△7五歩には▲6七銀と立つがそこで△7六歩と取り込む手と△6四銀と力をためる手があり、いずれも三間飛車良しが定説ながら研究が進んでおらず未解決の部分が多い。

関連項目[編集]