1959年度の将棋界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1959年度の将棋界(1959ねんどのしょうぎかい)では、1959年昭和34年)4月から1960年昭和35年)3月の将棋界に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

記録[編集]

タイトル戦[編集]

棋戦 勝者 開催時期 番勝負 備考
在位者 勝敗 挑戦者
名人戦 第18期名人 大山康晴 1959年4-6月 升田幸三 名人 1-4 大山康晴 王将九段 3期ぶり(通算6期) [1]
九段戦 第10期九段 大山康晴 1959年10-12月 大山康晴 九段 4-3 二上達也 八段 2期連続(通算4期) [2]
王将戦 第9期王将 大山康晴 1960年1-3月 大山康晴 王将 4-2 二上達也 八段 3期連続(通算6期) [3]

その他の棋戦[編集]

棋戦 優勝者 決勝開催日 準優勝者 備考
王座戦 7 大山康晴九段 1959年9月11日 山田道美七段 4年ぶり4回目 [4]
NHK杯将棋トーナメント 9 丸田祐三八段 1960年3月6日 大野源一八段 初優勝 [5]

順位戦[編集]

第14期順位戦(1959年6月 - 1960年3月)[6]

昇級
次期クラス 棋士 成績
A級 花村元司 B級1組(8勝4敗)
松浦卓造 B級1組(8勝4敗)
B級1組 芹沢博文 B級2組(10勝2敗)
有吉道夫 B級2組(9勝3敗)
B級2組 岡崎史明 C級1組(7勝2敗)
長谷部久雄 C級1組(7勝2敗)
C級1組 佐藤大五郎 C級2組(10勝3敗)
大原英二 C級2組(10勝3敗)
降級
次期クラス 棋士 成績
B級1組 熊谷達人 A級(2勝6敗)
B級2組 山田道美 B級1組(5勝7敗)
坂口允彦 B級1組(2勝10敗)
順位戦陥落 橋本三治 C級2組(2勝11敗)

昇段・引退[編集]

昇段 棋士 昇段日 昇段理由
四段 伊達康夫 1959年4月1日 1958年度後期予備クラス優勝 [7]
佐伯昌優 1959年10月1日 予備クラス東西決戦勝利 [8]
五段 吉田利勝 1959年4月1日 順位戦C級1組昇級 [9]
六段 芹沢博文 1959年4月1日 順位戦B級2組昇級 [10]
佐藤庄平 1959年4月1日 順位戦B級2組昇級 [11]
七段 大友昇 1959年4月1日 順位戦B級1組昇級 [12]
山田道美 1959年4月1日 順位戦B級1組昇級 [13]
八段 熊谷達人 1959年4月1日 順位戦A級昇級 [14]
加藤博二 1959年4月1日 順位戦A級昇級 [15]
引退 棋士(最終段位) 最終対局日 引退理由
引退 橋爪敏太郎 六段 1959年4月1日 自主引退 [16]
板谷四郎 八段 1959年4月1日 自主引退 [17]
金高清吉 七段 1960年2月16日 現役死去 [18]

出典[編集]

  1. ^ 名人戦・順位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ 九段戦(全日本選手権戦)・十段戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月28日閲覧。
  3. ^ 王将戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月28日閲覧。
  4. ^ 王座戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月28日閲覧。
  5. ^ NHK杯将棋トーナメント”. 日本将棋連盟. 2018年6月10日閲覧。
  6. ^ 第14期順位戦成績表”. 将棋順位戦データベース. 2018年11月6日閲覧。
  7. ^ 棋士データベース 伊達康夫”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  8. ^ 棋士データベース 佐伯昌優”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  9. ^ 棋士データベース 吉田利勝”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  10. ^ 棋士データベース 芹沢博文”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  11. ^ 棋士データベース 佐藤庄平”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  12. ^ 棋士データベース 大友昇”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  13. ^ 九段 山田道美”. 将棋順位戦データベース. 2018年11月8日閲覧。
  14. ^ 棋士データベース 熊谷達人”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  15. ^ 棋士データベース 加藤博二”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  16. ^ 七段 橋爪敏太郎”. 将棋順位戦データベース. 2018年11月8日閲覧。
  17. ^ 棋士データベース 板谷四郎”. 日本将棋連盟. 2018年11月6日閲覧。
  18. ^ 八段 金高清吉”. 将棋順位戦データベース. 2018年11月8日閲覧。