四手角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
四手角を行った先手の陣形の例

四手角(よんてかく)とは将棋の戦法の一つ。相矢倉や雁木で現れる。

矢倉囲いでは角行がある▲8八に玉を移動させるため角を動かす必要がある。最初に▲7九に引いた角を▲4六角▲3七角▲2六角または▲6八角▲5九角▲2六角と4手をかけて移動させることからこの名がついている。また、雁木や24手組以外の手順で矢倉を組んだ場合に▲7七角から▲5九角▲2六角と3手で移動させた場合は三手角と呼ばれる。

銀矢倉と共に現代では現れなくなった相矢倉の代表的な戦型の一つである総矢倉千日手結論の局面などで現れ、昔の定跡書などで書かれた。現代将棋は矢倉・角換わり相掛かり全てにおいて攻撃側の銀を守備側の銀と交換することが目標とされ、矢倉3七銀戦法や森下システムなどよりも攻めに厚みを持たせたり自陣に好形を作って相手の攻めを待ち受けることが少なくなったため、次第に消えた戦法となった。

参考文献[編集]