阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦(あごんきりやまはいぜんにほんはやごおーぷんせん)は、日本囲碁棋戦。プロとアマが対戦する唯一のオープン戦として、1994年アコム杯全日本早碁オープン戦が創設され、1999年第6期より阿含・桐山杯となる。優勝賞金額1,000万円、準優勝500万円。

アマチュア棋士も四段以下による第一次予選に出場できることが特長で、参加資格は第1-2期は全日本アマチュア本因坊戦のベスト8、全日本女流囲碁選手権戦の優勝者・準優勝者、学生本因坊戦の優勝者・準優勝者の12名。第3期はこれに世界アマチュア囲碁選手権戦日本代表決定戦上位進出者を加えた16名、第4期以降は20名。本戦入りしたのは、第18期まで2名。最高成績は準々決勝進出。

第6期以降の決勝戦は京都市阿含宗本山・蝸牛庵(かぎゅうあん)で行われる。

優勝者は中国の阿含・桐山杯中国囲棋快棋公開戦優勝者との阿含・桐山杯日中決戦に出場する。

方式[編集]

  • 1期毎のトーナメント戦。決勝戦は一番勝負。
  • 持時間は、予選は各1時間、本戦は2時間、決勝は1時間30分。
  • 先番6目半コミ出し。

歴代優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  1. 1994年 王立誠 - 趙治勲
  2. 1995年 加藤正夫 - 小林覚
  3. 1996年 加藤正夫 - 依田紀基
  4. 1997年 依田紀基 - 加藤正夫
  5. 1998年 小林覚 - 趙治勲
  6. 1999年 小林光一 - 高尾紳路
  7. 2000年 趙善津 - 趙治勲
  8. 2001年 趙善津 - 王立誠
  9. 2002年 趙治勲 - 張栩
  10. 2003年 加藤正夫 - 張栩
  11. 2004年 羽根直樹 - 小林光一
  12. 2005年 井山裕太 - 小林覚
  13. 2006年 張栩 - 羽根直樹
  14. 2007年 張栩 - 趙治勲
  15. 2008年 張栩 - 高梨聖健
  16. 2009年 羽根直樹 - 張栩
  17. 2010年 山下敬吾 - 趙治勲
  18. 2011年 井山裕太 - 山下敬吾
  19. 2012年 張栩 - 林子淵
  20. 2013年 村川大介 - 志田達哉

外部リンク[編集]