扇興杯女流囲碁最強戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

扇興杯女流囲碁最強戦(せんこうはいじょりゅういごさいきょうせん)は、日本囲碁女流棋戦。2015年に開始。日本棋院関西棋院女流棋士が出場する。女流棋戦としては最高額の優勝賞金の棋戦として創設された。

他の主な女流棋戦とは異なり、挑戦手合制ではなく、前回優勝者も含めたトーナメント方式で争われる。

方式[編集]

  • 前回優勝者、準優勝者、女流タイトル保持者、日本棋院(東京本院、関西総本部、中部総本部)と関西棋院の予選勝ち抜き者の計16名によるトーナメント戦。
  • コミは6目半。
  • 持時間は各3時間、残り5分から秒読み。

決勝戦[編集]

対局日 優勝 準優勝 結果 手数
第1回 2016年7月17日 謝依旻 向井千瑛 白2.5 296
第2回 2017年7月16日 藤沢里菜 謝依旻 白2.5 298
第3回 2018年7月15日 万波奈穂 牛栄子 白中押し 180
第4回 2019年7月14日 藤沢里菜 謝依旻 黒1.5 281

棋戦概略[編集]

※タイトル・段位は当時のもの

第1回[編集]

第2回[編集]

第3回[編集]

第4回[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 謝依旻、初代優勝者に 日本棋院 (2016年0月17日)
  2. ^ 藤沢里菜、女流四冠 日本棋院 (2017年7月16日)
  3. ^ 万波奈穂、初タイトル 日本棋院 (2018年7月15日)
  4. ^ 藤沢が優勝!【第4回扇興杯女流最強戦決勝】 日本棋院 (2019年7月14日)

外部リンク[編集]

女流棋戦年間
女流棋聖 女流名人 女流立葵杯 扇興杯 女流本因坊
1-2月 3月 6-7月 7月 10-11月