中国囲棋天元戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国囲棋天元戦(ちゅうごくいきてんげんせん、中国围棋天元战)は、中国囲碁棋戦。1987年に創設。 通称天元戦。第13期から同里杯中国囲棋天元戦として、江蘇省蘇州市呉江区の同里鎮で挑戦手合が開催される。。

ルール[編集]

第1期は決勝三番勝負。2-15期は挑戦手合五番勝負。16期以降は挑戦手合三番勝負。

コミは、第1-16期は5目半、17期以降は7目半。

歴代優勝者と挑戦手合[編集]

  1. 1987年 馬暁春 2-1 聶衛平
  2. 1988年 劉小光 3-2 馬暁春
  3. 1989年 劉小光 3-2 江鋳久
  4. 1990年 劉小光 3-2 銭宇平
  5. 1991年 聶衛平 3-0 劉小光
  6. 1992年 聶衛平 3-1 馬暁春
  7. 1993年 劉小光 3-1 聶衛平
  8. 1994年 馬暁春 3-0 劉小光
  9. 1995年 馬暁春 3-1 聶衛平
  10. 1996年 馬暁春 3-1 劉小光
  11. 1997年 常昊 3-1 馬暁春
  12. 1998年 常昊 3-2 王磊
  13. 1999年 常昊 3-1 劉小光
  14. 2000年 常昊 3-1 董彦
  15. 2001年 常昊 3-0 丁偉
  16. 2002年 黄奕中 2-0 常昊
  17. 2003年 古力 2-1 黄奕中
  18. 2004年 古力 2-0 謝赫
  19. 2005年 古力 2-1 周鶴洋
  20. 2006年 古力 2-1 周睿羊
  21. 2007年 古力 2-1 劉世振
  22. 2008年 古力 2-1 周鶴洋
  23. 2009年 陳耀燁 2-0 古力
  24. 2010年 陳耀燁 2-0 古力
  25. 2011年 陳耀燁 2-0 周賀璽
  26. 2012年 陳耀燁 2-0 周賀璽

記録[編集]

  • 5連覇 常昊 1997-2001年
  • 6連覇 古力 2003-2008年

対抗戦[編集]

  • 日中天元戦 日本と中国の天元位同士の三番勝負。1988年から2002年まで15回行われた。中国名は中日天元対抗戦(中日天元对抗赛)。
  • 中韓天元対抗戦 中国と韓国の天元位同士の三番勝負。1997年から開始。

外部リンク[編集]