国手戦 (台湾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国手戦(こくしゅせん、國手賽)は、台湾囲碁棋戦

  1. 1981-99年に自立晩報主催で実施。
  2. 2005年から台湾棋院主催で実施。

自立晩報国手戦[編集]

1980年創設。名人戦と並ぶ二台棋戦として1999年まで実施。

方式[編集]

  • 9名のリーグ戦の優勝者が、前期国手と挑戦手合い七番勝負を行う。

優勝者と挑戦手合[編集]

(左が優勝者)

  1. 1981年 陳長清(リーグ戦を7-1で優勝、2位は蘇治灝)
  2. 1982年 陳長清 4-3 陳永安
  3. 1983年 陳長清 4-3 陳永安
  4. 1984年 陳長清 4-1 戴嘉伸
  5. 1985年 陳長清 4-2 陳士
  6. 1986年 陳長清 4-0 戴嘉伸
  7. 1987年 陳長清 4-1 陳国興
  8. 1988年 彭景華 4-3 陳長清
  9. 1989年 陳長清 4-1 彭景華
  10. 1990年 陳長清 4-1 陳国興
  11. 1991年 林聖賢 - 陳長清
  12. 1992年 林聖賢 4-2 彭景華
  13. 1993年 林聖賢 4-2 彭景華
  14. 1994年 陳永安 4-3 林聖賢
  15. 1995年 陳永安 4-0 戴嘉伸
  16. 1996年 彭景華 4-0 陳永安
  17. 1997年 周俊勲 4-2 彭景華
  18. 1998年 周俊勲 4-0 林聖賢
  19. 1999年 周俊勲 4-0 周可平

台湾棋院国手戦[編集]

2005年創設。

  • 主催 台湾棋院文化基金会
  • 優勝賞金 (第1-9期)30万元、(10期-)50万元

前身は、2003-04年に実施された亜藝杯戦。その前身は2000-02年に実施された台湾棋院の昇段戦。

方式[編集]

  • 8名のリーグ戦の優勝者が、前期国手と挑戦手合五番勝負を行う。リーグ戦上位3名は次期リーグにシード。第1期は9名によるリーグ戦。13期からは60名によるトーナメント戦。
  • 持時間はリーグ戦、挑戦手合は一人3時間、切れると5分の秒読み。予選は各2時間、秒読み3分。
  • コミは6目半。

歴代優勝者と挑戦手合[編集]

(左が優勝者)

  • 1 2005年 蕭正浩(リーグ戦を7-1で優勝)
  • 2 2006年 陳詩淵 3-0 蕭正浩
  • 3 2007年 陳詩淵 3-2 蕭正浩
  • 4 2008年 林至涵 3-1 陳詩淵 (注)2008年のリーグ戦は周俊勲の出場停止により7名で実施。
  • 5 2009年 林至涵 3-2 蕭正浩
  • 6 2010年 林至涵 3-2 林書陽
  • 7 2011年 林至涵 3-0 蕭正浩
  • 8 2012年 陳詩淵 3-1 林至涵
  • 9 2013年 蕭正浩 3-1 陳詩淵
  • 10 2014年 蕭正浩 3-0 王元均
  • 11 2015年 陳詩淵 3-2 蕭正浩
  • 12 2016年 陳詩淵 3-0 蕭正浩
  • 13 2017年 陳詩淵 3-2 林君諺

亜藝杯戦[編集]

台湾棋院の昇段戦の廃止により、2003-04年に2期実施。

  • 主催 台湾棋院、亜芸影音
  • 優勝賞金 15万元

終了後国手戦に引き継がれる。亜藝杯戦として2007年から再開。

歴代優勝者[編集]

段位上位の5名と予選勝ち抜き者5名の、計10名のリーグ戦で行われた。2期目は前期上位5名がシード。

  • 2003年 周俊勲
  • 2004年 林至涵

外部リンク[編集]