洛陽龍門杯中国囲棋棋聖戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

洛陽龍門杯中国囲棋棋聖戦(らくようりゅうもんはい ちゅうごくいききせいせん、洛阳龙门杯中国围棋棋圣战)は、中国囲碁棋戦。2012年に国内最高賞金額の棋戦として創設。主催する洛陽市龍門石窟世界文化遺産を名称としている。挑戦者決定戦(第1期は準々決勝)以降は洛陽市で行われる。

2017年から第3回洛陽白雲山杯中国囲棋棋聖戦(洛阳白云山杯中国围棋棋圣战)として再開し、準決勝以降は河南省洛陽市白雲山風景区で行われる。

  • 主催 中国囲棋協会、洛陽市人民政府、(1-2回)洛陽新区管委会、(3回-)河南省体育局
  • 協力 洛陽市体育局、洛陽市棋類協会、(3回-)河南省社会体育管理センター、嵩県人民政府
  • 優勝賞金 (1-2回)60万元、(3回-)80万元

方式[編集]

  • 予選を勝抜いた16名と、シード棋士16名の32名によるトーナメント戦で、第1期は決勝五番勝負。第2期は決勝三番勝負の勝者が前年優勝者と挑戦手合五番勝負を行う。第3期は決勝戦一番勝負、挑戦手合は三番勝負。
  • 持時間は、予選は各2時間、本戦は各2時間45分、1分の秒読み5回。

優勝者と挑戦手合[編集]

(左が勝者、第1期は決勝戦五番勝負)

外部リンク[編集]