連笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 連笑 名人 天元
棋士情報
名前 連笑
現地表記 連笑
生年月日 (1994-04-08) 1994年4月8日(23歳)
国籍 中華人民共和国の旗 中国
出身地 遼寧省丹東市
プロ入り 2007年
所属 中国棋院
出身道場 呉肇毅道場
在位中タイトル 名人 天元
段位 九段
棋歴
国内最高ランク 4位
国内タイトル
名人 2期
天元 1期
編集 テンプレートのヘルプを表示する

連笑(れん しょう、连笑、Lian Xiao、1994年4月8日 - )は、中国囲碁棋士遼寧省丹東市出身、中国囲棋協会に所属、九段。阿含・桐山杯中国囲棋快棋公開戦名人戦優勝、LG杯世界棋王戦ベスト8など。

経歴[編集]

5歳で囲碁を学び、2002年に北京呉肇毅道場に入門。2007年晩報杯全国業余囲棋選手権戦準優勝、同年初段。2008年乙級リーグに初出場。2009年全国個人戦乙級2位、三段。2010年新人王戦ベスト4、リコー杯新秀戦優勝、甲級リーグに山東チームで初出場、LG杯ベスト16進出、四段。2012年中信銀行杯決勝で柁嘉熹に敗れ準優勝、全国囲棋個人戦2位、第8届威孚房開杯棋王戦ベスト4、17期LG杯ベスト8。

2013年、七段、阿含・桐山杯優勝。2014年リコー杯囲棋戦優勝、名人戦挑戦者となるが陳耀燁に1-3で敗退。2015年、農心杯で副将として出場し韓国主将金志錫を破って中国優勝とした。同年名人戦で連続挑戦、3連勝で名人位となる。2017年に名人位防衛、天元戦で8連覇中の陳耀燁に2-0で勝ってタイトル獲得。名人と合わせて二冠となる。中国囲碁界で名人・天元を同時に保有した棋士は劉小光馬暁春古力陳耀燁に続き史上5人目[1]。10月30日に九段に昇段[2]

中国棋士ランキングでは2012年20位、2014年11位、2016年7位。

タイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 全国囲棋個人戦 2位 2012年
  • 中信銀行杯電視囲棋快棋戦 準優勝 2012年
  • 倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦 準優勝 2013、16年
  • 洛陽龍門杯中国囲棋棋聖戦 挑戦者 2014年
  • 名人戦 挑戦者 2014年
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2008年乙級(深圳棋院)5-2
    • 2009年乙級(広東東湖棋院倶楽部有限公司)5-2
    • 2010年(山東景芝酒業)10-8
    • 2011年乙級(杭州囲棋学校)4-3
    • 2012年(蘇泊爾杭州)13-7
    • 2013年(蘇泊爾杭州)7-10
    • 2014年乙級(蘇泊爾杭州)3-4
    • 2015年(蘇泊爾杭州)11-10
    • 2016年(蘇泊爾杭州)16-6(最高人気賞)

参考文献[編集]

  • 『2010囲棋年鑑』中国囲棋協会 2011年

外部リンク[編集]