周鶴洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

周 鶴洋(しゅう かくよう、周鹤洋、1976年6月18日 - )は中国囲碁棋士河南省洛陽市出身、中国囲棋協会所属、九段。棋聖戦テレビ囲碁アジア選手権戦優勝など。常昊らとともに「七小龍」の一人とされる。

経歴[編集]

8歳で碁を覚え、11歳で国家少年囲棋隊に入る。1988年入段。1992年、霜花杯全国青少年大会優勝、世界青少年囲碁選手権大会青年組優勝。1992、93年、全国囲棋個人戦3位。1996年に全国個人戦で優勝。日中スーパー囲碁では1999年に個人戦三番勝負で小林光一に勝利。2001年九段。2003年にテレビ囲碁アジア選手権戦で優勝。同年の名人戦では馬暁春を3-1で破って、馬の14連覇を阻む。

李昌鎬に比較的相性がよいが、2005年の春蘭杯決勝三番勝負では1-2で敗れた。2008年に春蘭杯ベスト4、応昌期杯ベスト16。2011年威孚房開杯棋王戦ベスト4。2012年リコー杯ベスト8。

甲級リーグでは2000年から2005年まで重慶の中心選手として毎年好成績を挙げ、2006年からは山東チームに所属し、09年には15勝7敗で勝数2位、2012年まで出場。中国棋士ランキングでは2000年に1位獲得。

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

外部リンク[編集]