藤沢里菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 藤沢里菜 女流立葵杯 女流名人 扇興杯
Fujisawa Rina20190811.jpg
阪急納涼囲碁まつりにて(2019年8月)
名前 藤沢里菜
生年月日 (1998-09-18) 1998年9月18日(21歳)
プロ入り年 2010年(11歳6ヶ月)
出身地 埼玉県
所属 日本棋院東京本院
師匠 藤沢秀行名誉棋聖
在位中タイトル 女流立葵杯 女流名人 扇興杯
段位 四段
概要
タイトル獲得合計 12
戦績
女流本因坊 3期(2014・16・18)
女流立葵杯 4期(2013・17-)
女流名人 3期(2017-)
扇興杯 2期(2017・19-)
テンプレートを表示

藤沢 里菜(ふじさわ りな、1998年9月18日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁女流棋士、四段。埼玉県出身[1]藤沢秀行名誉棋聖門下[1]

第33・35・37期女流本因坊、第29・30・31期女流名人、第1・4回・5・6期女流立葵杯、第2・4回扇興杯優勝。多数の最年少記録を保持している。

藤沢秀行名誉棋聖は祖父・師匠、藤沢一就八段は父、藤沢朋斎九段は親戚(秀行名誉棋聖の甥が朋斎九段)。

来歴[編集]

6歳の時に兄が碁を打つ姿を見て面白そうと碁を始める[2]。7歳の時に洪清泉が主宰する洪道場に入門。父も囲碁教室を主宰しているが、実子に教えることは難しいと考え他所に行くことになった。平日は学校帰りに、休みの日は10時から21時まで食事する以外はずっと囲碁の勉強をしていた[2]

2005年8月、中野区立東中野小学校1年で兄とともに小・中学校囲碁団体戦全国大会に出場し碁を覚えて1年にも拘わらず優勝を飾る[3]2006年7月、同小2年で兄とともに小・中学校囲碁団体戦全国大会に出場し再び優勝[4]2007年7月、新宿区立市谷小学校3年で兄とともに小・中学校囲碁団体戦全国大会に出場し3連覇[5]。この9歳の頃プロを目指しだす。12月、外来として女流棋士採用試験を受け、本戦に進出したものの4位に終わり入段はできなかった(入段者は王景怡[6]

2008年8月、同小4年で小・中学校囲碁団体戦全国大会に出場し3位に終わる[7]。12月、外来として女流棋士採用試験を受けるが、予選決戦で出口万里子に敗れ本戦入りならず[8]

2009年3月、全日本女流アマチュア囲碁選手権大会に出場し、準決勝で敗退。3位決定戦では出口万里子に敗れ、4位入賞[9]。4月、日本棋院院生となる[10]

2010年1月、院生上位として女流棋士特別採用試験に臨み、6勝2敗で3人が並んだが、順列規定で上位により採用1名のため藤沢のみ入段を果たす[11]。2011年4月付で、11歳6か月で入段。これまでの最年少入段記録の趙治勲の11歳9か月・女流では謝依旻の14歳4か月[注釈 1]を更新し、当時の日本棋院所属棋士のプロ入り最年少記録を樹立[注釈 2]。2003年から女流棋士特別採用試験の年齢制限(満15歳以上)が改正され制限がなくなっており、適用第一号となった。入段同期に平田智也(現七段)沼舘沙輝哉鶴田和志など。またこの時6勝2敗で並んだ他の2人(岩田紗絵加と出口万里子)も後に関西棋院でプロ入りしている。

2010年5月24日、プロ入り初公式戦となる、第20期竜星戦予選Bで堀本満成二段に黒番中押し負けを喫し、初手合初勝利を逃す。6月10日、プロ入り2戦目となる第36期棋聖戦予選Cで神田英九段に黒番中押し勝ちし[12]、女流棋士最年少勝利記録の更新を果たす。10月2日、国際コンピュータ・ゲーム協会主催のコンピュータオリンピック囲碁部門で優勝したEricaに6子を置かせて対局し、中押し勝ちする。

2012年、第31期女流本因坊戦予選で古庄勝子二段・万波佳奈四段・青木喜久代女流棋聖に勝利し、女流棋戦の本戦に初めて出場する。第69期本因坊戦では河野征夫五段・知念かおり四段に勝利し予選B決勝進出。

2013年1月24日、第69期本因坊戦予選B決勝で小長井克八段に勝利し、予選A進出。3月7日予選Aで鈴木伸二若鯉杯に勝ち、決勝進出(依田紀基九段に負け)。8月22日、第17期女流棋聖戦予選で加藤啓子元女流名人(六段)に勝ち、本戦初出場。11月16日、第8回若鯉戦で同期の平田智也三段に勝利するも本戦準決勝で一力遼三段に敗れる(そのまま一力が優勝)[13]。12月12-18日、第3回スポーツアコードワールドマインドゲームズ初出場、女子個人戦とペア戦(富士田明彦とのペア)に参加、結果はペア戦で4位。

2014年1月26日、第3回女流秀策杯(非公式戦)で小西和子八段を破り初優勝[14]2月19日、第4回黄竜士双登杯世界女子囲碁団体選手権初出場、3連勝していた宋容慧(中国)と対戦し、日本チーム初勝利を挙げた。3月1日、25周年記念囲碁千里杯(非公式戦)準決勝進出。春に中学を卒業した後、囲碁に専念するため進学せず[15]

第1回会津中央病院杯にて吉原由香里元女流棋聖(六段)らに勝利し本戦進出。本戦で謝依旻女流名人・万波奈穂三段、6月27日の決勝で奥田あや三段を降して15歳9か月で優勝し、女流棋戦最年少優勝記録を樹立する[16][注釈 3]8月14日第18期女流棋聖戦予選突破、2年連続本戦出場。

第33期女流本因坊戦で知念かおり元女流本因坊・田村千明三段・鈴木歩六段に勝利し挑戦者決定戦に進出。決定戦で奥田あや三段に勝ち、挑戦権を獲得。挑戦手合では3勝0敗で向井千瑛女流本因坊を降し、会津中央病院杯に続いて2つ目のタイトルを獲得した。16歳1か月での女流本因坊は史上最年少となる[17]11月16日第9回若鯉戦本戦トーナメント(出場4回目)で準決勝進出、優勝の本木克弥に敗れる(2年連続ベスト4)。12月11日-17日に第4回スポーツアコードワールドマインドゲームズ出場、女子個人戦とペア戦(伊田篤史とのペア)に参加、結果はペア戦で4位。2014年の賞金ランキングでは7位に入り、2013年まで女流棋士の中で7年連続最高順位だった謝依旻(2014年9位)を上回った[18]

2015年、第34期女流本因坊戦で謝依旻の挑戦を受け、2勝3敗で失冠。

2016年3月18日、非公式戦の第2回イベロジャパン杯で優勝[19]。非公式戦の若手棋戦ではあるものの、許家元三段・広瀬優一初段・芝野虎丸二段らに勝利しての優勝であった[19]。7月21日の第35期女流本因坊戦本戦決勝で鈴木歩七段を破り挑戦権獲得。10月24日、女流五冠を独占していた謝依旻女流本因坊を3勝1敗で破り、2年ぶり2度目の女流本因坊を獲得。賞金ランキング10位。

2017年、第29期女流名人リーグで6勝全勝で挑戦権獲得。3月8日、9連覇中の謝依旻女流名人を2勝0敗のストレートで破り、初の女流名人を獲得。6月、第4回女流立葵杯決勝で謝依旻会津中央病院杯を2勝1敗で破り優勝。7月16日、第2回扇興杯女流最強戦決勝で謝依旻扇興杯に勝利し優勝。女流5棋戦中4タイトルで優勝し女流タイトル四冠を達成[20]。前年の謝依旻の五冠独占から、女流囲碁界の勢力図を大きく塗り替えた。第43期碁聖戦では井口豊秀八段・白石勇一六段・姚智騰三段・片岡聡天元、9月21日に小山空也三段に勝利し自身初の七大タイトル本戦進出を果たす。七大棋戦で女流棋士が本戦進出するのは2008年に第35期天元戦で加藤啓子六段と桑原陽子五段が本戦入りして以来9年ぶりで、女流棋士史上9人目となる[21]。本戦では瀬戸大樹八段に敗れ本戦勝利ならず[22]。11月27日第36期女流本因坊戦では謝依旻女流棋聖の挑戦を受け、2勝3敗で敗れ失冠。2017年を三冠保有で終える。

2018年9月20日、第44期碁聖戦予選Aを突破し本戦に進出。10月25日、第45期天元戦でも予選Aを突破し本戦に進出。同じ年に七大タイトル2棋戦での本戦入り達成は女流棋士初。また、第27期竜星戦では8月25日放送の1回戦で高尾紳路九段に勝利しベスト8進出(2回戦で今村善彰九段に敗退)[23]。女流棋士の竜星戦ベスト8進出は当時史上初[注釈 4]。女流棋戦では、第30期女流名人戦で矢代久美子六段の挑戦を2勝0敗で退け、女流立葵杯でも謝依旻女流本因坊の挑戦を2勝1敗で退ける。更に37期女流本因坊戦で謝依旻女流本因坊に挑戦し、3勝1敗で女流本因坊位を奪取[24]。長らく女流囲碁界を牽引してきた謝依旻を11年ぶりの無冠に追いやった[24]。2018年の年間成績は43勝23敗[25]。43勝は同年最多勝の芝野虎丸の46勝(23敗)に次ぐ同年日本棋院棋士2位タイの勝数で、2001年の小林泉美の41勝(18敗)を上回り日本棋院女流棋士の史上最多勝記録を更新した[25]

2019年1月21日の第45期天元戦本戦1回戦では高橋真澄三段に中押し勝ち[26]。女流棋士としては史上初めて七大棋戦の本戦で白星を挙げた[26]。第22期女流棋聖戦では同棋戦自身初となる挑戦手合進出を決めたが、1月28日、上野愛咲美女流棋聖に0勝2敗で敗退[27]。第31期女流名人戦挑戦手合では3月22日に謝依旻六段を2勝0敗で下し3連覇[28]。第6期女流立葵杯では6月14日に上野愛咲美女流棋聖の挑戦を2勝0敗で退け、こちらも3連覇を果たす[29]。更に7月14日、第4回扇興杯女流囲碁最強戦決勝で謝依旻六段に勝利し再び女流四冠となる。11月15日、第38期女流本因坊戦でも上野愛咲美女流棋聖の挑戦を受けるが今度は1勝3敗で敗れ、女流三冠に後退した。また、第46期名人戦最終予選では志田達哉八段・中野泰宏九段に勝利し決勝まで進出[30]。ここで勝利すれば女流棋士史上初のリーグ入りとなるところだったが、11月18日、一力遼八段に敗退[30][31]。リーグ入りはならなかった。

棋戦決勝進出結果[編集]

棋戦 期・回 対局日 相手
優勝 1 会津中央病院杯 1回 2014年6月 奥田あや三段 1-0
奪取 2 女流本因坊戦 33期 2014年11月 向井千瑛女流本因坊 3-0
失冠 1 女流本因坊戦 34期 2015年11月 向井千瑛五段 2-3
奪取 3 女流本因坊戦 35期 2016年10月 謝依旻女流本因坊 3-1
奪取 4 女流名人戦 29期 2017年3月 謝依旻女流名人 2-0
優勝 5 女流立葵杯 4回 2017年6月 謝依旻女流会津杯 2-1
優勝 6 扇興杯女流最強戦 2回 2017年7月 謝依旻扇興杯 1-0
失冠 2 女流本因坊戦 36期 2017年11月 謝依旻六段 2-3
防衛 7 女流名人戦 30期 2018年3月 矢代久美子六段 2-0
防衛 8 女流立葵杯 5期 2018年6月 謝依旻六段 2-1
奪取 9 女流本因坊戦 37期 2018年12月 謝依旻女流本因坊 3-1
防衛 10 女流名人戦 31期 2019年3月 謝依旻六段 2-1
防衛 11 女流立葵杯 6期 2019年6月 上野愛咲美女流棋聖 2-0
優勝 12 扇興杯女流囲碁最強戦 4回 2019年7月 謝依旻六段 1-0
失冠 3 女流本因坊戦 38期 2019年11月 上野愛咲美女流棋聖 1-3

タイトル戦[編集]

色付きは現在在位。登場は挑戦手合出場か決勝進出。

他の棋士との比較は、囲碁の女流タイトル在位者一覧を参照。

タイトル 番勝負 獲得年度 登場 獲得期数 連覇
女流本因坊 五番勝負
10‐11月
2014・16・18 6 3期
女流名人 三番勝負
3月
2017- 3 3期 3
女流棋聖 三番勝負
1-2月
1
扇興杯 決勝一番
7月
2017・19- 2 2期
女流立葵杯 三番勝負
6‐7月
2014・17- 4 4期 3
獲得合計12期
女流棋士タイトル獲得数ランキング
順位 獲得回数 棋士名
1位 27期 謝依旻六段*
2位 12期 藤沢里菜女流立葵杯・女流名人・扇興杯*
3位 11期 青木喜久代八段*
4位タイ 10期 杉内寿子八段* | 小林禮子七段 | 小林泉美六段*
7位 9期 知念かおり六段*
8位 8期 伊藤友恵七段
9位タイ 7期 本田幸子七段* | 楠光子八段
11位 6期 小林千寿六段*
*は現役棋士 第4回扇興杯女流最強戦終了時点。

記録[編集]

  • 最年少プロ棋士公式戦勝利記録:11歳8ヶ月(当時)
  • 最年少女流本因坊戦本戦入り:13歳5ヶ月
  • 最年少女流棋聖戦本戦入り:14歳11ヶ月(当時)
  • 最年少公式女流棋戦優勝:15歳9ヶ月(第1回会津中央病院杯
  • 最年少会津中央病院杯:15歳9ヶ月
  • 最年少女流本因坊挑戦:16歳0ヶ月
  • 最年少女流本因坊:16歳1ヶ月
  • 同一年2棋戦本戦入り(女流棋士初):2018年(第44期碁聖戦、第45期天元戦
  • 七大棋戦本戦勝利(女流棋士初):2019年 第45期天元戦、対高橋真澄三段
  • 女流棋士史上最多勝利:43勝(23敗、2018年)

受賞歴[編集]

  • 棋道賞新人賞(2014年)
  • 棋道賞女流賞(2014年、2017 - 2018年)

昇段履歴[編集]

  • 2009年4月1日 院生
  • 2010年4月1日 初段[32]
  • 2013年10月4日 二段(勝数昇段)[33]
  • 2015年8月7日 三段(勝数昇段)[34]
  • 2018年4月22日 四段(勝数昇段)[35]

エピソード・人物[編集]

  • 2014年、新設の会津中央病院杯に優勝し、15歳にしてタイトルホルダーとなる。祖父藤沢秀行は名人戦天元棋聖など第1期のタイトル獲得が多く、「初物食いの秀行」と呼ばれたが、孫である里菜も初物食いを果たした。
  • 名探偵コナン』が好き。見るとリラックスできる[2]
  • 愛称は「りなぽん」[36]

年表[編集]

  • タイトル戦の欄の氏名は対戦相手。うち、色付きのマス目は獲得(奪取または防衛)。青色は挑戦者または失冠。黄色はリーグ入り。
  • 棋道賞は、 : 最優秀棋士賞、 優 : 優秀棋士賞、 特別 : 特別賞、
    率 : 勝率一位賞、 勝 : 最多勝利賞、 対 : 最多対局賞、 連 : 連勝賞、
    国際 : 国際賞、 新人 : 新人賞、 哉 : 秀哉賞*賞金&対局料は、年度区切りではなく1月 - 12月の集計。単位は万円。は女流棋士1位。
女流棋聖 女流名人 女流立葵杯 扇興杯 女流本因坊 賞金対局料 備考
1-2月 3月 6‐7月 7月 10‐11月
2010
2011 予選B 予選B
2012 予選B 予選B 本戦出場
2013 予選B 予選B 本戦
2回戦
2014 本戦出場 予選B 奥田あや 向井千瑛
ooo
1673(7位) 立葵杯初代優勝者
2015 本戦出場 予選B 本戦
ベスト8
謝依旻
ooxxx
2016 本戦2回戦 リーグ3位 本戦出場 ベスト4 謝依旻
xooo
1175(10位)
2017 予選A 謝依旻
oo
謝依旻
oxo
謝依旻
四冠達成
謝依旻
xoxox
2404(4位)
2018 ベスト8 矢代久美子
oo
謝依旻
xoo
ベスト8 謝依旻
ooxo
2019 上野愛咲美
xx
謝依旻
xoo
上野愛咲美
oo
謝依旻
四冠達成
上野愛咲美
oxxx

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 謝依旻は女流棋士特別採用試験ではなく一般採用試験による入段。
  2. ^ 2019年現在のプロ入り最年少記録は2019年4月入段の仲邑菫の10歳0か月。
  3. ^ 謝依旻の最年少記録(女流最強位、17歳1か月)を塗り替えた。女流棋戦以外の棋戦では、井山裕太の2005年阿含・桐山杯早碁オープン戦の16歳4か月が最年少記録。
  4. ^ 翌2019年の第28期竜星戦で上野愛咲美三段が準優勝を果たし、記録を更新している。

出典[編集]

  1. ^ a b 藤沢里菜 - プロフィール” (日本語). 日本棋院公式サイト. 2019年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c 『anan』2017年9月6日号
  3. ^ 第2回小・中学校囲碁団体戦
  4. ^ 第3回小・中学校囲碁団体戦
  5. ^ 第4回小・中学校囲碁団体戦
  6. ^ 平成20年度棋士採用試験情報”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月17日閲覧。
  7. ^ 第5回小・中学校囲碁団体戦
  8. ^ 平成21年度棋士採用試験情報”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月18日閲覧。
  9. ^ 優勝は吉田美穂さん(第51回全日本女流アマ囲碁選手権大会)”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月9日閲覧。
  10. ^ 院生序列 平成21年度 4月期序列表”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月18日閲覧。
  11. ^ 平成22年度棋士採用試験情報 ( 東京本院 )”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月18日閲覧。
  12. ^ 第36期棋聖戦
  13. ^ 第8回広島アルミ杯・若鯉戦
  14. ^ 第64回本因坊秀策囲碁まつり・第3回女流秀策杯尾道市囲碁のまちづくり推進協議会
  15. ^ 藤沢里菜さん(16)史上最年少で女流本因坊奪取 賞金の使い道「プチぜいたくと貯金かな」
  16. ^ 藤沢が最年少タイトル獲得!【第1回会津中央病院杯女流トーナメント戦決勝】” (日本語). 日本棋院. 2019年2月9日閲覧。
  17. ^ 藤沢が最年少女流本因坊獲得!【第33期女流本因坊戦五番勝負第3局】日本棋院 2014年11月7日
  18. ^ 週刊碁 2015年2月1日号』日本棋院
  19. ^ a b 第2回イベロジャパン杯”. 日本棋院. 2019年12月1日閲覧。
  20. ^ 【囲碁】藤沢女流名人が扇興杯優勝で女流四冠に” (日本語). 産経ニュース (2017年7月16日). 2019年2月9日閲覧。
  21. ^ 藤沢里菜三段が碁聖戦本戦入り! 日本棋院
  22. ^ 第43期 碁聖戦
  23. ^ 第27期 竜星戦”. 日本棋院. 2019年12月1日閲覧。
  24. ^ a b 女流本因坊、藤沢里菜が返り咲き…謝依旻は11年ぶり無冠” (日本語). 産経ニュース (2018年12月5日). 2019年2月9日閲覧。
  25. ^ a b 囲碁、藤沢が女流最多の43勝 17年ぶりに記録更新”. 秋田魁新報電子版 (2018年12月27日). 2019年12月1日閲覧。
  26. ^ a b 藤沢里菜四段が女流棋士初の七大タイトル本戦勝利!【第45期天元戦本戦1回戦】” (日本語). 日本棋院. 2019年2月9日閲覧。
  27. ^ 第22期 ドコモ杯 女流棋聖戦”. 日本棋院. 2019年12月1日閲覧。
  28. ^ 第31期 女流名人戦”. 日本棋院. 2019年12月1日閲覧。
  29. ^ 第6期 会津中央病院・女流立葵杯”. 囲碁の日本棋院. 2019年12月1日閲覧。
  30. ^ a b 第45期 名人戦”. 日本棋院. 2019年12月1日閲覧。
  31. ^ 藤沢、女性初のリーグ入りならず 決勝で一力に敗れる 囲碁名人戦最終予選”. 朝日新聞デジタル (2019年11月19日). 2019年12月1日閲覧。
  32. ^ 【入段】平成22年度 新入段者、日本棋院、2010年4月1日、2018年5月13日閲覧。
  33. ^ 【昇段】桂  篤五段、柳澤 理志四段、藤沢 里菜二段に昇段 日本棋院、2013年10月8日、2018年5月13日閲覧。
  34. ^ 【昇段】藤沢 里菜三段に、卞 聞愷二段に昇段、日本棋院、2015年8月7日、2018年5月13日閲覧。
  35. ^ 【昇段】藤沢 里菜四段に昇段、日本棋院、2018年4月23日、2018年5月13日閲覧。
  36. ^ 星合志保 (2017年7月28日). “「日本棋院若手棋士」アカウントのツィート” (日本語). Twitter. 2019年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]