加藤充志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 充志(かとう あつし、1974年昭和49年)8月14日 - )は、日本囲碁棋士東京都出身、日本棋院所属、菊池康郎に師事、八段。JT杯星座囲碁選手権戦優勝など。中央を好む棋風。

経歴[編集]

東京都江東区生まれ。9歳の時に祖父から囲碁を学び、菊池康郎の緑星囲碁学園に通う。1986年少年少女囲碁大会小学生の部で5位入賞。その後日本棋院院生となり、1990年入段。1992年棋聖戦三段戦優勝。1993年四段時に日中スーパー囲碁で4人抜きし「スーパーアツシ君」と呼ばれる。1996年、棋聖戦五段戦優勝、選抜戦でも優勝し、最高棋士決定戦進出。1997年には六段戦優勝するが選抜戦では準優勝。1998年JT杯で獅子座の部に優勝して本戦出場、決勝で趙治勲を破って棋戦初優勝。2001年王座戦挑戦者決定戦に進出するが趙治勲に敗れる。同年八段。2005年から4期連続棋聖戦リーグ入り、2006年はBリーグで4-1と小林覚と同率ながら序列により2位。2008年NHK杯ベスト4。

好きな碁は本因坊秀和本因坊秀策プロレス川田利明のファン。

主なタイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

代表局[編集]

「4人抜き」第8回日中スーパー囲碁第4戦 張文東-加藤充志(先番) 1993年7月21日

Cho-kato-19930721-17-19.jpg

黒1(17手目)から3が面白いコンビネーション。その後上辺を荒らしに来た白を攻め損ねて黒不利となるが、中盤に左下のコウ争いを制して逆転。228手まで黒11目半勝。4人抜きを果たした。

著作[編集]

  • 『中盤の花形戦法 運用、撃退マニュアル』日本棋院 2009年

参考文献[編集]

  • 棋道』1996年6月号「出番です」 日本棋院

外部リンク[編集]