楊嘉源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楊 嘉源(よう かげん、1970年昭和45年)4月29日 - )は、日本囲碁棋士台湾出身、日本棋院所属、大枝雄介九段門下、九段。新鋭トーナメント戦優勝、本因坊戦リーグ3期など。妻は知念かおり四段、楊嘉栄八段は弟。

楊嘉源
出身地: 台湾
各種表記
繁体字 楊嘉源
和名表記: よう かげん
ラテン字 Yang Chiayuan
テンプレートを表示

経歴[編集]

1982年に来日、85年入段。1987年『棋道』誌のプロアマ対抗八強トーナメント戦で準優勝。1988年五段。1991年棋聖戦五段戦優勝、碁聖戦ベスト4。1994年に柳時熏趙善津三村智保と勉強会を始め、同年、棋聖戦六段戦準優勝、新人王戦準優勝。同年本因坊戦リーグ入りし、2年連続で4-3の3位。1996年、新鋭トーナメント戦優勝、名人戦リーグ入り。1997年NEC俊英囲碁トーナメント戦優勝、棋聖戦七段戦に優勝し最高棋士決定戦進出、八段。1998年アコム杯全日本早碁オープン戦ベスト4。1999年、矢代久美子とのペアでリコー杯ペア碁選手権戦ベスト4。2000年九段。2002年CSK杯、トヨタ&デンソー杯で台湾代表として出場。

1997年に知念かおりと結婚し、宮古島台北市で式を挙げた。1996年にはNHK教育テレビ囲碁の時間」前期講師、1998年には『棋道』誌「若武者熱戦譜」解説を担当した。

主なタイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

外部リンク[編集]