フェルナンド・アギラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フェルナンド・アギラールFernando Aguilar1959年7月16日 - )は、アルゼンチンのアマチュア囲碁棋士。本業は建築技師。ブエノスアイレス在住、アマチュア六段。世界選手権大会の南米代表の常連で、ネット碁などで腕を磨く。

第1回トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦では長谷川直九段、楊嘉源九段のプロ棋士を連破してベスト8に進出して注目された。第3回出場時のコメントでは、第1回の成績について「藤原佐為が私に取り憑いていたのでしょう」と語った。2008年の世界アマチュア囲碁選手権戦では7勝1敗の成績で、韓国中国代表に次ぐ3位となった。

主な棋歴[編集]

外部リンク[編集]