佐藤昌晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 佐藤昌晴 九段
名前 佐藤昌晴
生年月日 (1947-01-16) 1947年1月16日(71歳)
出身地 新潟県上越市
師匠 木谷實九段
段位 九段
概要

佐藤 昌晴(さとう まさはる、1947年昭和22年〉1月16日 - )は、囲碁棋士新潟県上越市出身、日本棋院所属、木谷實九段門下、九段。名人戦リーグ出場2回など。佐藤真知子二段は妻。

経歴[編集]

1959年木谷實九段に入門。1964年に入段しプロデビュー。1965年二段。1967年三段。1968年四段。1972年五段、1974年六段と数年ごとに昇段が続く。

1975年には、第23期王座戦で挑戦者決定戦進出。1976年新人王戦ベスト4、第1期棋聖戦六段戦優勝。1977年六段戦連続優勝。1978年七段。1979年第4期棋聖戦七段戦優勝。昭和55年第6期名人戦リーグ入り。1982年に七段戦で優勝、八段に昇段した。1986年九段。1992年2月から9月まで病気で休場した。

復帰後の1993年には名人戦でリーグ入り、19勝7敗(.731)の成績で棋道賞優秀棋士賞を受賞した。1996年には第43期NHK杯テレビ囲碁トーナメントでベスト8に進出した。

1977年と1983年の二回、日中囲碁交流で訪中。1997年通算600勝、2007年通算700勝。通算成績は764勝520敗6ジゴ(2013年時点)。

受賞歴[編集]

  • 1980年棋道賞勝率第1位、敢闘賞(25-9、.735、名人リーグ入り))[1]
  • 1993年棋道賞優秀棋士賞(病を克服しての名人リーグ入り)[2]

主な著書[編集]

  • 「詰碁ジョイブックス(1)初級編」 (日本棋院、1981年07月)

脚注[編集]

  1. ^ 月刊誌「棋道」(1981.3月号)
  2. ^ 月刊誌「棋道」(1994.3月号)

外部リンク[編集]