山本賢太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまもと けんたろう
山本 賢太郎
生誕 (1980-11-15) 1980年11月15日(39歳)
日本の旗 日本 鳥取県
住居 広島県
職業 棋士(囲碁)

山本 賢太郎(やまもと けんたろう、1980年11月15日 - )は、日本囲碁棋士鳥取県倉吉市出身[1]後藤俊午九段門下で、日本棋院関西総本部に所属する。

人物[編集]

父親の影響を受け、4歳から囲碁を始める。小学校4年生の時に日本棋院関西総本部の院生となり、大阪の小学校に転校する[1]。1997年に入段。

21歳の時に広島市に移住し、広島県師範として普及活動などを行っている[1]

エピソード[編集]

  • 山本が記録係を担当した第50期王座戦五番勝負第2局において、趙治勲王座が時間切れ負けとなるハプニングが起きた[2]
  • 2006年に創設された若鯉戦(広島アルミニウム工業株式会社協賛)では、非公式棋戦であった第1回から第5回まで、地元の棋士として予選免除で出場していた。2010年の第5回には準優勝を達成している。

棋歴[編集]

良績[編集]

昇段履歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c times (2015年10月3日). “日本棋院広島県本部師範 山本賢太郎五段に聞く” (日本語). せとうちタイムズ. 2019年2月7日閲覧。
  2. ^ 第50期王座戦 特別リポート 日本経済新聞

外部リンク[編集]