彦坂直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

彦坂 直人(ひこさか なおと、1962年昭和37年〕3月17日-)は、日本囲碁棋士名古屋市出身、酒井利雄八段門下、日本棋院中部総本部所属、九段。

棋道賞優秀棋士賞受賞。

十段1期、世界囲碁選手権富士通杯4位など。中央を重視する奔放な碁風。

経歴[編集]

1974年に酒井七段に入門。1976年初段。1982年、留園杯争奪戦(非公式戦)優勝。1983年、六段21歳で天元戦挑戦者決定戦に進出、淡路修三と対戦するが、36手目の見損じにより43手投了で敗れる。

1992年九段。1996年に本因坊リーグ入りし、4期残留。1998年に十段戦で、敗者戦トーナメントを勝ち進み、挑戦者決定戦で趙治勲を破りタイトル初挑戦。挑戦手合5番勝負で加藤正夫に3-2で勝利し、中部総本部では羽根泰正以来のタイトル獲得となった。翌年は小林光一に0-3で敗れる。

1998年には世界囲碁選手権富士通杯では曺薫鉉らを破るが、準決勝で李昌鎬、3位決定戦で劉昌赫に敗れ4位。1999年に棋聖戦挑戦者決定戦に進出するが、王立誠に0-2で敗れる。同年の本因坊戦リーグでは5勝2敗の成績でプレーオフ進出するが、趙善津に敗れた。

2000年、第25期棋聖戦リーグ入り。2001年、第27期名人戦リーグ入り。2007年、第32期名人戦リーグ入り。

2012年、第37期碁聖戦でベスト4。

通算成績は、883勝467敗3ジゴ1無勝負(2010年4月時点)。ファッションの派手さでも、棋士の中で際立っている。

1980年の名人戦の、大竹英雄名人と趙治勲八段の挑戦手合第4局で無勝負となった際の記録係を務めていた。2002年の十段戦予選の依田紀基戦で、三コウ無勝負を記録(再試合では彦坂勝ち)。


タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

受賞等[編集]

  • 土川賞 1997年

外部リンク[編集]