内田修平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内田 修平(うちだ しゅうへい、1989年9月8日 - )は、日本の囲碁棋士山梨県甲府市出身、大淵盛人九段門下。日本棋院東京本院所属。2005年、15歳で入段。2008年、新人王を獲得。

経歴[編集]

  • 1994年 5歳より囲碁を始める。
  • 1998年 甲府市立北新小学校3年で、少年少女囲碁大会に出場し、優勝する井山裕太に敗れる[1]
  • 1999年 同小4年で、少年少女囲碁大会に出場し、初戦の下坂美織に敗れる[2]大淵盛人の通い弟子となる。
  • 2000年 同小5年で、少年少女囲碁大会に出場し、後に院生となる準優勝者に敗れる[3]
  • 2001年 同小6年で、少年少女囲碁大会全国大会優勝[4]。(準優勝は兆乾)。日本棋院院生となる。
  • 2002年 棋士採用試験では予選通過できず[5]
  • 2003年 冬季棋士採用試験では14位に終わる[6]
  • 2004年 大淵盛人の内弟子となり、神奈川県津久井郡相模湖町へ転居。夏季棋士採用試験では、10位に終わる[7]。冬季採用試験では、5位となる[8]
  • 2005年 中野杯U20選手権で4位入賞。院生リーグ戦で3ヶ月連続1位という圧倒的な成績を修め、6月30日付で入段を果たす[9]
  • 2007年8月17日 二段(公式棋戦30勝)に昇段[10]
  • 2008年 新人王戦河英一を2-0で降し、優勝。同棋戦はこの年から優勝経験者は「卒業」となるようシステムが変わったとはいえ、二段での優勝はそれまでの記録を大きく破るもので話題を呼んだ。(新人王戦では依田紀基高尾紳路の五段時、他のタイトルでは井山裕太が四段時に阿含桐山杯を制したのが、最低段記録)
  • 2009年 賞金ランキングにより、三段へ昇段[11]若鯉戦(非公式戦)で優勝。
  • 2010年 賞金ランキングにより、四段に昇段[12]
  • 2011年 賞金ランキングにより、五段に昇段。10月、第37期名人戦リーグ入り。規定により、七段に飛び付け昇段。11月20日、公式戦となった若鯉戦で志田達哉を降し優勝する。若鯉戦は抽選時六段以下が参加資格のため、ラストチャンスを物にしたこととなる。棋道賞新人賞を受賞。

脚注[編集]

外部リンク[編集]