仲邑菫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 仲邑菫 三段
ワールド碁フェスティバルで公開対局に臨む仲邑菫(2019年6月)
名前 仲邑菫
生年月日 (2009-03-02) 2009年3月2日(15歳)
プロ入り年 2019年
出身地 大阪府
所属 韓国棋院
師匠 仲邑信也
段位 三段
概要
タイトル獲得合計 1
戦績
女流名人 挑戦者(2022)
女流棋聖 1期(2023)
扇興杯 準優勝(2022)
テンプレートを表示

仲邑 菫(なかむら すみれ、2009年3月2日 - )は、韓国棋院所属の囲碁棋士(客員)、三段(2022年10月)。大阪府出身[1]仲邑信也九段門下。史上最年少(13歳11か月)でタイトル獲得(女流棋聖)。日本棋院の英才特別採用推薦棋士第1号として10歳0か月でプロ入り。最年少棋聖戦Cリーグ入り、最年少タイトル挑戦など多くの最年少記録を有する。

師匠の仲邑信也は父親であり[2]、母親の妹である叔母は辰己茜である。母親は元囲碁インストラクターでもある[3]

来歴[編集]

プロ入りまで[編集]

2009年(平成21年)3月2日、東京都で生まれる[4][5]。3歳で囲碁を覚え、3歳7か月でアマ囲碁大会に初出場した。5歳の時に、関西アマ女流囲碁名人戦Bクラスで優勝し、6歳時には、未就学児の大会である第4回渡辺和代キッズカップに優勝した。2015年4月、父の仕事の都合で大阪に住むことになり、大阪市内の小学校に通学しつつ、女流アマ大会、少年少女全国大会に出場するなどして経験を積む。2017年4月から12月まで8歳で関西棋院院生となるも、実力に伸び悩み、そのために、母と週末に韓国と日本を往復する形で韓国で囲碁を学んでいた。その後、2018年1月に一家でソウル市に引っ越し、韓鐘振朝鮮語版囲碁道場で修業し、同年5月には韓国棋院のプロ候補生である研究生になった[6]。2018年7月には、パンダネットが開催するネット碁のアマチュア女流棋戦「パンダネットレディース囲碁トーナメント」で9歳にして優勝[7]

日本棋院が「囲碁世界戦で優勝するなど、目標達成のために棋戦に参加し、最高レベルの教育・訓練を受けることが出来る者」をプロ棋士として採用する「英才特別採用推薦棋士」制度を創設したのに伴い、石井邦生九段・三村智保九段による推薦を受けて、2018年12月に張栩九段との試験対局が行われた(結果は逆コミ6目で持碁[8])。日本棋院の現役7大タイトル保持者及びナショナルチーム監督等による審査を経て、2019年1月5日(この日は日本棋院が「囲碁の日」と制定している)にプロ入りが発表された[9][10]井山裕太九段との記念対局が行われ打ち掛けとなったが、井山は「自分の方が途中までハッキリ苦しい展開だった」「自分が9歳の時とは比べものにならないくらい強い」と評した[11][12][13]。韓国の崔精九段[14][15]曺薫鉉九段[16]、台湾の黒嘉嘉七段[17][18]との記念対局も行われ、結果は敗れたもののその実力に対し国内外から多くの称賛を受けた。

プロ入り後[編集]

2019年[編集]

2019年(平成31年)4月1日に入段し[19]、日本棋院に所属する棋士のプロ入り最年少記録(10歳0か月)となった[注 1]。4月22日、同期である大森らん初段とプロデビュー戦を行い敗れる。なお、日本におけるプロ公式戦デビューの最年少記録(10歳1カ月)(当時)となった[20]。4月28日、日本棋院関西本部で行われた非公式戦の第2回若竹杯1回戦では種村小百合二段に勝利[21][注 2]、2回戦では同門の村松大樹六段に一時は優勢となるものの敗れた[22]。7月8日に日本棋院関西総本部で行われた、自身公式戦2戦目となる第23期ドコモ杯女流棋聖戦予選Bでは田中智恵子四段に勝利してプロ公式戦最年少勝利(10歳4か月[注 3])を記録[23][24]。また、8月5日、公式戦3戦目となる同棋戦予選Aでも金賢貞四段に勝利し、本戦に進出。女流5棋戦(2019年現在)における、最年少での本戦進出(10歳5か月[注 4])とプロ入りからの本戦進出最短記録(4か月4日[注 5])も樹立した[25]。対男性棋士の初対局は9月16日に行われた第59期十段戦予選Cの対古田直義四段で、ここでも勝利[26]。その後も順調に白星を重ねた。特に男性棋士に成績が良く、12月12日の第59期十段戦予選Bで小松大樹三段に敗れるまでは対男性棋士で負けなしの7連勝を記録した[27]

11月26日には「英才枠」の名に恥じない活躍[注 6]をしたとして、日本囲碁ジャーナリストクラブ賞を受賞[28]。2019年の通算成績は17勝7敗で、同期入段の13人の中では最多勝利・最高勝率であった[29]。仲邑本人はこの成績について「今年は思ったよりも勝てた」「来年はもっと強くなりたい」などと語った[29][30]

2020年[編集]

2020年は、第5回扇興杯では本戦に進出[31](1回戦で上野愛咲美女流本因坊に敗退[32])。第24期女流棋聖戦でも本戦に進出し、1回戦で上野梨紗初段に勝利、本戦最年少勝利記録(11歳7ヶ月)と同時に史上最年少対局(二者の年齢を足して25歳10か月)となった[33][34]。本戦2回戦で青木喜久代八段に敗退[35]。2020年の年間成績は21勝17敗[34]

2021年[編集]

2021年1月1日付で、「強い棋士やライバルがたくさんいる」ことなどを理由に、中学校進学を機に関西総本部から東京本院に移籍[36][37]。3月15日、昇段条件の通算30勝目(女流棋戦を除く)を挙げ、史上最年少(12歳0か月)の二段昇段を決めた[38][39][注 7]。3月、女流ティーンエージャー棋士トーナメント戦(非公式戦)優勝[40]。4月、米フォーブス誌による2021年「30 UNDER 30 ASIA」に選出[41]。第8期女流立葵杯では本戦ベスト4進出、史上最年少(12歳1か月)での棋戦ベスト4となった[42][43]

5月6日、第46期棋聖戦のファーストトーナメント予選を制しCリーグ進出を果たす。同46期にCリーグ入りを決めた福岡航太朗の15歳4か月を大幅に更新する最年少(12歳2か月)でのCリーグ入りであり、女流棋士としては鈴木歩謝依旻、上野愛咲美、藤沢里菜に次ぐ歴代5人目のCリーグ進出となった[44]。また、5月6日当時の年間成績22勝2敗は日本棋院棋士の中で最高勝数・最高勝率であり[45]、3月18日から5月13日にかけては公式戦13連勝を記録した[46]。リーグ戦では0勝3敗で降格と苦い結果に終わった[47][48]。第40期女流本因坊戦・第6回扇興杯・第25期女流棋聖戦では本戦ベスト8まで進出。世界戦では、第4回呉清源杯世界女子囲碁選手権1回戦で第1回大会優勝の金彩瑛に勝利し、2回戦進出[49]

2021年の年間成績は43勝18敗で、勝利数は日本棋院第3位、対局数61は同4位、13連勝は同2位タイであった[50][46]。同年の棋道賞新人賞を受賞[51]。七大タイトル賞金ランキング女性5位[52]

2022年[編集]

2022年3月、第1回議政府国際囲碁新鋭団体戦に日本チームの一員として参加し2勝1敗の成績を挙げた[53]。また、第33期博多・カマチ杯女流名人戦では、予選から勝ち抜きリーグ入りを果たすと、上野愛咲美女流棋聖、謝依旻名誉女流名人を破るなど5勝1敗の成績で挑戦手合進出を決め、史上最年少のタイトル挑戦となった(挑戦権獲得13歳0か月、タイトル戦出場13歳1か月)[54][55][注 8]藤沢里菜女流名人との三番勝負は2連敗で女流タイトル奪取はならなかった[56]。6月6日、公式戦通算100勝を史上最年少(13年3カ月)で達成[57][注 9]

7月、第7回扇興杯では準決勝で藤沢里菜を破り決勝に進出[58]、決勝では牛栄子四段に敗れ準優勝となり女流タイトル獲得を逃した[59]。第41期女流本因坊戦では本戦ベスト4[60][61]。8月、非公式若手棋戦の第3回ディスカバリー杯では、本戦最終戦で前回優勝の三浦太郎二段を破り優勝[62]。また、第9回中国女子乙級リーグに参戦し5勝2敗の成績を挙げた[63]。10月14日、二段昇段後40勝(女流棋戦を除く)により三段に昇段[64]。13歳7ヶ月での三段昇段は趙治勲の13歳4カ月に次ぐ史上2番目の年少記録であり、女流棋士では謝依旻の16歳4カ月を抜いて最年少記録[65]。さらに、ワイルドカードで出場したメジャー国際棋戦三星火災杯世界囲碁マスターズでは、1回戦で権孝珍朝鮮語版に中押し勝ちしてベスト16入りし、年齢制限のない男女混合の世界戦で日本の女性棋士として初めて勝利[66]。2回戦では李炯珍に敗北[67]。12月、第26期ドコモ杯女流棋聖戦では挑戦者決定戦で藤沢里菜に中押勝ちし、挑戦手合への進出を決めた[68]

2022年の年間成績は48勝22敗で、勝利数は日本棋院第3位、対局数70は同3位[69]

2023年[編集]

2月、第26期ドコモ杯女流棋聖戦挑戦手合三番勝負では2勝1敗で上野愛咲美女流棋聖を破り、史上最年少でタイトル獲得(13歳11か月)[注 10][70]

9月、韓国棋院に客員棋士として移籍することが発表された[71][72]。海外に移籍する日本人棋士は初である[73]

2024年[編集]

第27期女流棋聖挑戦手合では上野梨紗に敗れ失冠。韓国棋院移籍後初の公式戦はソパルコサノル最高棋士決定戦で、スポンサー推薦で出場。3回戦の林賞圭戦で半目で初勝利。

人物[編集]

目指す棋士は 井山裕太九段・朴廷桓九段、尊敬する棋士は井山裕太九段・藤沢里菜四段・謝依旻六段。

好きな食べ物は焼き肉・キムチチゲ。好きな教科は体育。

韓国の囲碁修業のなかで韓国語も話せるようになった。3歳から囲碁を学んで以来、毎日7 - 9時間を囲碁の勉強に費やすと語る[10]

愛称(ニックネーム)はレモン、スミレモン。

エピソード[編集]

  • プロ入り試験の対局をした張栩九段は「9歳でこれだけ打てるとは衝撃的だった」と語った[3]
  • 2019年(平成31年)1月12日に大阪市此花区此花警察署において一日署長を務めた[74]
  • 2019年3月26日に行われた新入段者免状授与式は、通例は午前に始まりその後立食による懇親会になるが、仲邑菫のために午後1時から繰り下げて始まり、懇親会無しに早めに切り上げる異例の進行となった[75]
  • 大阪府警特殊詐欺防止のお年寄り向け呼びかけポスターのモデルに採用された[76]
  • プロデビュー戦である第29期竜星戦予選において、従来の大部屋の複数人での対局ではなく、記録係を置いて囲碁将棋チャンネルなどのテレビ生中継で特別対局室を作る形での異例のプロデビュー対局となった。その際には、海外メディアを含め約40社100人の報道陣も対局室に入り込んだ[77][78]
  • 2019年5月1日、東京ドームにて巨人中日戦4回戦での始球式令和改元記念セレモニーとして行なった[79][80]
  • 2019年5月21日、中国の北京にて開催された第4回夢百合杯世界囲碁オープン戦統合予選で国際棋戦デビューし、王晨星五段に敗れた。その際、他の対局会場とは別にインターネット中継された特別対局室が用意された[81][82][83]。そして、聶衛平九段は今回の棋戦に臨んだ仲邑菫の実力を称賛した[84]。同年10月10日主催者推薦枠により特別に当大会の本戦に出場したが、李軒豪七段に1回戦で敗れた。[85][86]
  • 2022年3月に新聞の企画で将棋棋士の渡辺明と6子のハンデで対局し敗北した[87]。渡辺はこの対局により囲碁でアマ3段に認定された[87]

主な成績[編集]

獲得タイトル[編集]

良績[編集]

非公式戦[編集]

  • ディスカバリー杯 優勝(2022年)
  • 女流ティーンエージャー棋士トーナメント戦 優勝(2021年)

記録[編集]

  • 最年少入段(プロ入り):10歳0か月(2019年)(当時)
  • 最年少公式戦勝利:10歳4か月(第23期女流棋聖戦、2019年)(当時)
  • 最年少棋戦本戦入り:10歳5か月(第23期女流棋聖戦、2019年)
  • プロ入りからの最短本戦進出:4か月4日(同上)
  • 最年少棋戦本戦勝利:11歳7か月(第24期女流棋聖戦、2020年)
  • 最年少二段:12歳0か月(2021年)
  • 最年少棋戦ベスト4:12歳1ヵ月(第8期女流立葵杯、2021年)
  • 最年少棋聖戦Cリーグ入り:12歳2か月(第46期棋聖戦、2021年)
  • 最年少タイトル戦挑戦手合出場:13歳1か月(第33期女流名人戦、2022年)
  • 最年少100勝:13歳3か月(2022年)
  • 年齢制限のない男女混合の世界戦で国内女性初勝利(2022三星火災杯世界囲碁マスターズ
  • 最年少タイトル獲得:13歳11か月(2023年 第26期女流棋聖戦)

表彰[編集]

年表[編集]

  • タイトル戦の欄の氏名は対戦相手。うち、色付きのマス目は獲得(奪取または防衛、あるいは優勝)。青色は挑戦者または失冠、あるいは準優勝。黄色はリーグ入り。
  • 棋道賞は、 : 最優秀棋士賞、 優 : 優秀棋士賞、 特別 : 特別賞、
    率 : 勝率一位賞、 勝 : 最多勝利賞、 対 : 最多対局賞、 連 : 連勝賞、
    国際 : 国際賞、 新人 : 新人賞、 哉 : 秀哉賞
  • 賞金&対局料は、年度区切りではなく1月 - 12月の集計。単位は万円。は女流棋士1位。
女流棋聖 女流名人 女流立葵杯 扇興杯 女流本因坊 他棋戦 棋道賞 賞金
対局料
備考
1-2月 3月 6‐7月 7月 10‐11月
2020 本戦出場 カマチ杯 本戦出場
 
2021 本戦
ベスト8
本戦
ベスト4
本戦
ベスト8
本戦
ベスト8
二段
棋聖戦Cリーグ入り
2022 本戦
ベスト8
藤沢里菜
xx
牛栄子
x
本戦
ベスト4
三段
2023 上野愛咲美
xoo
リーグ
2位
本戦 本戦 本戦 1149(9位)
2024 上野梨紗
oxx
リーグ
不参加 不参加 不参加

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それまでの最年少記録は藤沢里菜の11歳6か月(女流特別採用)。日本棋院の、男女混合である正棋士採用試験での女性の最年少入段記録は謝依旻の14歳4か月。それまでの男性棋士の最年少入段記録は趙治勲の11歳9か月。後に関西棋院では藤田怜央が英才採用により9歳4か月で入段。また、韓国棋院では曺薫鉉が9歳7か月で入段している。
  2. ^ ただし、若竹杯は非公式棋戦であるため、この勝利は公式な記録としては認められない。
  3. ^ それまでの記録は藤沢里菜の11歳8か月。後に藤田怜央が更新(9歳9か月)。
  4. ^ それまでの記録は、藤沢里菜が入段3年目の2012年、第31期女流本因坊戦で本戦に進出した際の13歳5か月。
  5. ^ それまでの記録は、上野愛咲美が第20期女流棋聖戦で本戦に進出した際の4か月28日。
  6. ^ 受賞時点での通算成績は12勝5敗。
  7. ^ それまでの記録は、趙治勲の12歳3か月
  8. ^ それまでの記録は、藤沢里菜が第33期女流本因坊戦の挑戦権を獲得した際の15歳11カ月(タイトル戦出場時では16歳0か月)
  9. ^ それまでの記録は趙治勲の15歳11カ月
  10. ^ それまでの記録は、藤沢里菜が第1回会津中央病杯を獲得した際の15歳9カ月

出典[編集]

  1. ^ 棋士 仲邑 菫”. 日本棋院. 2022年8月20日閲覧。
  2. ^ 囲碁の仲邑菫が父と初共演「努力している」と評価も”. 日刊スポーツ (2019年8月15日). 2020年6月24日閲覧。
  3. ^ a b 天才囲碁少女の仲邑菫さん 義務教育優先主義は「雑音」か”. NEWSポストセブン. 2019年3月15日閲覧。
  4. ^ 小4少女が囲碁プロへ 最年少記録を更新”. 日本経済新聞 (2019年1月5日). 2019年3月16日閲覧。
  5. ^ 10歳 囲碁プロ誕生へ 仲邑さん 4月、最年少棋士”. 東京新聞 TOKYO Web (2019年1月6日). 2019年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月9日閲覧。
  6. ^ 仲邑さん、殻を破った韓国修業 囲碁に専念できる環境・同世代から刺激:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年1月31日). 2023年2月12日閲覧。
  7. ^ 第4回 パンダネットレディース囲碁トーナメント”. パンダネット. 2019年4月21日閲覧。
  8. ^ 「盤上に構想ある」 張栩名人、仲邑菫さんの碁を語る:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年1月5日). 2023年2月12日閲覧。
  9. ^ 英才特別採用推薦棋士採用者”. 日本棋院 (2019年1月5日). 2019年3月15日閲覧。
  10. ^ a b 月刊碁ワールド2019年3月号. 日本棋院. (2019年3月1日). p. 6 
  11. ^ 月刊碁ワールド2019年3月号. 日本棋院. (2019年3月1日). p. 7 
  12. ^ 囲碁の小4菫さん、井山王座と対局 「プロへ」記念…(写真=共同)”. 日本経済新聞 電子版. 2019年3月15日閲覧。
  13. ^ 囲碁・将棋スペシャル:囲碁 最年少プロ入り仲邑菫さん 手厚い本格的な碁 文裕と記念対局”. 毎日新聞. 2019年3月15日閲覧。
  14. ^ 仲邑菫新初段、韓国の崔精九段と記念対局”. 日本棋院. 2019年3月22日閲覧。
  15. ^ 仲邑菫さん、女流最強棋士に敗北 「TVが多くて緊張」”. 朝日新聞デジタル. 2019年3月22日閲覧。
  16. ^ 仲邑菫さん、囲碁界“王様”との56歳差対局敗れる - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2019年4月19日閲覧。
  17. ^ 黒嘉嘉七段と仲邑菫新初段の記念対局”. 日本棋院. 2019年3月22日閲覧。
  18. ^ 仲邑菫さん、黒嘉嘉七段に敗れる 台湾最強の女流棋士:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2019年3月22日閲覧。
  19. ^ 棋士採用試験結果”. 日本棋院. 2019年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月26日閲覧。
  20. ^ 囲碁最年少プロ仲邑菫ちゃん 公式戦黒星デビュー - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2019年4月23日閲覧。
  21. ^ 10歳プロ棋士・仲邑初段が初勝利 「緊張しなかった」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2019年4月28日閲覧。
  22. ^ 仲邑菫ちゃん、プロ初勝利「あまり緊張しなかった」と大物ぶり”. スポーツ報知 (2019年4月29日). 2019年4月29日閲覧。
  23. ^ 仲邑菫初段が公式戦初勝利、10歳4カ月は最年少 - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2019年7月8日閲覧。
  24. ^ 10歳の仲邑菫初段、公式戦初勝利 史上最年少記録更新:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2019年7月8日閲覧。
  25. ^ 10歳仲邑菫初段が最年少&デビュー最短で本戦進出”. 日刊スポーツ (2019年8月5日). 2019年12月25日閲覧。
  26. ^ 仲邑菫初段、初参加の十段戦で男性棋士に勝利”. 産経ニュース (2019年9月16日). 2019年12月25日閲覧。
  27. ^ 仲邑菫初段が男性棋士に初黒星、無言で目うるませる”. 日刊スポーツ (2019年12月13日). 2019年12月25日閲覧。
  28. ^ 仲邑菫初段が初受賞 囲碁ジャーナリストクラブ賞”. 日本経済新聞 電子版 (2019年11月26日). 2019年12月25日閲覧。
  29. ^ a b 仲邑菫マジック、年内最後の対局は鮮やか逆転勝ち”. 日刊スポーツ (2019年12月26日). 2019年12月27日閲覧。
  30. ^ 仲邑菫初段「うれしい、よくできた」…プロ初年17勝・初段棋士の勝率トップ”. 読売新聞オンライン (2019年12月26日). 2019年12月27日閲覧。
  31. ^ 仲邑菫初段本戦入り!【第5回扇興杯女流最強戦】”. 日本棋院. 2022年8月14日閲覧。
  32. ^ 第5回扇興杯女流囲碁最強戦”. 日本棋院. 2022年8月14日閲覧。
  33. ^ 「結構よく打てたと思う」仲邑本戦最年少勝利【第24期ドコモ杯女流棋聖戦1回戦】”. 日本棋院. 2022年8月14日閲覧。
  34. ^ a b プロ3年目の仲邑菫初段、中学生タイトルホルダーになれるか”. 産経ニュース (2021年1月5日). 2021年5月6日閲覧。
  35. ^ 第24期女流棋聖戦”. 日本棋院. 2021年5月6日閲覧。
  36. ^ 【移籍】仲邑菫初段の移籍について”. 日本棋院 (2020年9月3日). 2021年5月6日閲覧。
  37. ^ “11歳の仲邑菫初段、東京移籍初戦で白星 リーグ入りかけた対局は敗退” (jp). Mainichi Daily News. (2021年1月7日). https://mainichi.jp/articles/20210107/k00/00m/040/236000c 2021年1月7日閲覧。 
  38. ^ 日本放送協会 (2021年3月15日). “囲碁 仲邑菫初段 二段昇段決定 12歳0か月 53年ぶり最年少記録”. NHKニュース. 2021年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月9日閲覧。
  39. ^ “仲邑菫初段が史上最年少で二段昇段、12歳0カ月”. 日刊スポーツ. (2021年3月15日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202103150000308.html 2021年3月15日閲覧。 
  40. ^ 仲邑菫優勝!【女流ティーンエージャー棋士トーナメント戦(非公式戦)】”. 日本棋院. 2022年8月14日閲覧。
  41. ^ 2021年「30 UNDER 30 ASIA」リスト、日本からは31人選出”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2021年4月21日). 2022年8月14日閲覧。
  42. ^ 仲邑菫二段が最年少12歳で4強 立葵杯、挑戦にあと2勝/囲碁”. サンスポ (2021年4月28日). 2022年8月20日閲覧。
  43. ^ 仲邑菫二段、女流立葵杯本戦の準決勝で敗退…4強入りに「自分の中では満足」”. 読売新聞オンライン (2021年6月15日). 2022年8月20日閲覧。
  44. ^ 囲碁の仲邑二段、最年少で棋聖戦Cリーグ入り”. 産経ニュース (2021年5月6日). 2021年5月6日閲覧。
  45. ^ 毎日新聞・囲碁による2021年5月6日のツイート”. Twitter. 2021年5月6日閲覧。
  46. ^ a b 仲邑菫二段、中押し勝ちで年内最終戦飾る「学ぶことが多い1年でした」 - 社会 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ (2021年12月27日). 2021年12月30日閲覧。
  47. ^ 仲邑菫二段【対局結果】第46期棋聖戦Cリーグ”. 日本棋院. 2022年8月20日閲覧。
  48. ^ 第46期 棋聖戦”. 日本棋院. 2021年12月30日閲覧。
  49. ^ 仲邑菫二段、世界戦初勝利 韓国の金彩瑛六段破る”. デイリースポーツ (2021年7月18日). 2022年12月24日閲覧。
  50. ^ 【2021年日本棋院公式戦結果】上野愛咲美女流棋聖が初の最多勝、対局数1位!常石隆志四段が勝率1位、一力遼九段が14連勝”. 日本棋院. 2022年8月21日閲覧。
  51. ^ 第55回棋道賞が決定”. 日本棋院. 2022年8月14日閲覧。
  52. ^ 日中韓台の女流棋士による世界大会「SENKO CUPワールド碁女流最強戦2022」を開催”. 日本棋院. 2022年8月20日閲覧。
  53. ^ 第1回 議政府国際囲碁新鋭団体戦”. 日本棋院. 2022年8月21日閲覧。
  54. ^ 囲碁・仲邑菫二段が女流タイトル挑戦権 13歳、史上最年少”. 毎日新聞社 (2022年3月31日). 2022年3月31日閲覧。
  55. ^ 仲邑菫が挑戦者に!【博多・カマチ杯第33期女流名人戦挑戦者決定リーグ戦】”. 日本棋院. 2022年8月13日閲覧。
  56. ^ 仲邑菫二段との三番勝負を終えて~藤沢里菜女流名人インタビュー”. 日本棋院. 2022年8月21日閲覧。
  57. ^ 共同通信 (2022年6月6日). “囲碁の仲邑二段が最年少100勝 13歳3カ月、50年ぶり更新 | 共同通信”. 共同通信. 2022年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月13日閲覧。
  58. ^ 決勝は牛栄子四段 vs 仲邑菫二段【第7回扇興杯女流最強戦 準決勝】”. 棋戦情報. 日本棋院. 2022年8月13日閲覧。
  59. ^ 優勝は牛栄子四段【第7回扇興杯女流最強戦 決勝】”. 日本棋院. 2022年8月13日閲覧。
  60. ^ 仲邑菫二段、女流本因坊戦初の4強進出「1手間違えたら終わりのきわどい勝負」 - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年8月20日閲覧。
  61. ^ 仲邑菫は決勝進出ならず 上野愛咲美に敗れる 女流本因坊戦”. 毎日新聞. 2022年8月20日閲覧。
  62. ^ 仲邑菫二段が初優勝【第3回ディスカバリー杯(Discovery CUP)本戦】”. 日本棋院. 2022年8月13日閲覧。
  63. ^ 仲邑は5勝2敗、牛は3勝4敗で終了【中国団体リーグ戦・女子リーグ大会結果】”. 日本棋院. 2022年8月20日閲覧。
  64. ^ 【昇段】仲邑 菫三段に昇段”. 日本棋院. 2022年10月14日閲覧。
  65. ^ 「まあまあ頑張った」囲碁・仲邑菫さん、三段昇段 女性棋士で最年少”. 毎日新聞. 2022年10月13日閲覧。
  66. ^ 13歳仲邑菫三段、混合の国際棋戦で女性初勝利”. 読売新聞. 2022年10月28日閲覧。
  67. ^ 許と仲邑が敗れ日本勢は敗退【2022三星火災杯ワールド囲碁マスターズ本戦2回戦】”. 日本棋院. 2022年11月1日閲覧。
  68. ^ 仲邑が女流棋聖に初挑戦【第26期ドコモ杯女流棋聖戦挑戦者決定戦】”. 日本棋院 (2022年12月8日). 2022年12月12日閲覧。
  69. ^ 上野愛咲美女流立葵杯が2年連続最多勝、対局数1位!小池芳弘七段が勝率1位、許家元十段が16連勝で連勝1位”. 日本棋院. 2022年12月28日閲覧。
  70. ^ “仲邑菫三段が初タイトル 最年少13歳11カ月 囲碁・女流棋聖戦”. 毎日新聞. (2023年2月6日). https://mainichi.jp/articles/20230206/k00/00m/040/104000c?cx_fm=mailsokuho&cx_ml=article 2023年2月6日閲覧。 
  71. ^ 仲邑菫女流棋聖の移籍報道について”. お知らせ. 2023年9月11日閲覧。
  72. ^ 斎藤寿美子 (2023年9月10日). “最年少タイトルの仲邑菫女流棋聖 韓国棋院に「客員棋士」申請”. 聯合ニュース. 2023年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月11日閲覧。
  73. ^ 囲碁の仲邑菫女流棋聖、韓国棋院に移籍の意向 すでに棋士登録を申請:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2023年9月11日). 2023年9月11日閲覧。
  74. ^ “史上最年少プロ棋士”仲邑菫さん一日署長”. 日テレNEWS24. 日本テレビ. 2019年3月15日閲覧。
  75. ^ 囲碁最年少の仲邑菫新初段に免許皆伝 式次第も異例の変更”. 産経ニュース (2019年3月26日). 2019年3月28日閲覧。
  76. ^ 仲邑菫さん「だまされないで」…府警ポスターに : 国内”. 読売新聞オンライン (2019年3月30日). 2019年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月9日閲覧。
  77. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年4月20日). “囲碁の仲邑菫初段、デビュー戦は異例の生中継”. 産経ニュース. 2019年4月23日閲覧。
  78. ^ 仲邑菫初段、デビュー戦敗れる 史上最年少プロ棋士:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2019年4月23日閲覧。
  79. ^ 新時代の始球式に仲邑菫初段 自己採点は「90点」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2019年5月2日). 2019年5月2日閲覧。
  80. ^ 10歳・仲邑菫初段、巨人戦で始球式…令和初日に小さな体を躍動「楽しかった」/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online. 2019年5月2日閲覧。
  81. ^ 仲邑菫初段、世界囲碁オープン戦予選で敗れる : 囲碁・将棋”. 読売新聞オンライン (2019年5月21日). 2019年5月21日閲覧。
  82. ^ 仲邑菫初段が元世界王者に惜敗 国際デビュー飾れず - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2019年5月21日閲覧。
  83. ^ 囲碁の仲邑初段、国際戦デビュー/中国強豪に敗北”. 四国新聞. 2023年10月26日閲覧。
  84. ^ 中国囲碁界の重鎮、仲邑初段の実力称賛「頭角を現す日は近い」 - SANSPO.COM(サンスポ)”. www.sanspo.com. 2020年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月23日閲覧。
  85. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年10月10日). “囲碁の仲邑菫初段、初の国際棋戦で敗退 一力八段は2回戦へ”. 産経ニュース. 2019年10月12日閲覧。
  86. ^ 仲邑菫初段、中国の国際棋戦1回戦で敗れ無言 : 囲碁・将棋 : ニュース”. 読売新聞オンライン (2019年10月10日). 2019年10月12日閲覧。
  87. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2022年3月30日). “二刀流?!将棋の渡辺明二冠に囲碁アマ三段の免状 仲邑菫二段とのハンディ戦勝利の実力評価”. サンスポ. 2023年9月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]