コンテンツにスキップ

神谷広志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 神谷広志 八段
名前 神谷広志
生年月日 (1961-04-21) 1961年4月21日(63歳)
プロ入り年月日 1981年3月18日(19歳)
棋士番号 149
出身地 静岡県浜松市
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 廣津久雄九段
段位 八段
棋士DB 神谷広志
順位戦クラス B級1組(6期)
2024年4月11日現在
テンプレートを表示

神谷 広志(かみや ひろし、1961年4月21日 - )は、将棋棋士棋士番号は149。廣津久雄九段門下。静岡県浜松市出身。

昭和55年度にプロとなった強豪グループ、いわゆる「55年組」の一人。

棋歴

[編集]

中学1年生のときには、まだアマチュア4級という遅咲きながら、それから1年足らずでアマチュア四段の実力となる[1]。そして、中学2年の秋に奨励会に入り、20歳の誕生日を迎える前にプロ棋士となった。

1983年の若獅子戦で準優勝。1984年の早指し新鋭戦でも準優勝。

1987年の2月から8月にかけて、当時未開拓だった「飛車先不突き矢倉」を武器に[2]公式戦28連勝の記録を樹立(下記参照)。同じ「55年組」の塚田泰明が半年ほど前に作ったばかりの記録(22連勝)を、あっさりと、そして大幅に塗り替えた。以後、30年間破られなかった記録であったが、2017年6月26日の第30期竜王戦決勝トーナメントで藤井聡太が29連勝を達成し、歴代2位となった。しかしプロ棋士相手の連勝記録は保持している(藤井聡太の相手2名はアマチュアである)。

1997年度のB級2組順位戦で9勝1敗の成績を収め、B級1組へ昇級。

第48期(2007年度)王位戦で、同棋戦初のリーグ入り。森内俊之名人(当時)に勝利するが、リーグ残留失敗。

第74期(2015年度)C級1組順位戦では初戦から6連敗し、後半に巻き返したが3勝7敗に終わり、降級点2でC級2組へ降級が決まった。

第78期(2019年度)C級2組順位戦で1勝9敗の成績で2回目の降級点を取り、2020年4月1日付でフリークラス宣言を行った。以後、満65歳を迎える2026年度まで現役となる[3]

公式戦28連勝とその前後の対局一覧[4]
連勝 対局日
(1987年)
棋戦 相手 手番 結果
1月29日 第37期王将戦 一次予選 1回戦 小野敦生 後手
1 2月10日 第45期順位戦 C級1組 9回戦 野本虎次 後手
2 2月23日 第37回NHK杯戦 予選 伊藤果 先手
3 予選 決勝 安恵照剛 先手
4 3月03日 第45期順位戦 C級1組 10回戦 富沢幹雄 先手
5 3月19日 第13期棋王戦 予選 2回戦 山口英夫 先手
6 3月26日 第10回勝ち抜き戦 予選 2回戦 池田修一 先手
7 予選 決勝 佐伯昌優 先手
8 4月01日 第51期棋聖戦 一次予選 2回戦 瀬戸博晴 先手
9 4月08日 第13期棋王戦 予選 3回戦 池田修一 先手
10 4月30日 第13期棋王戦 予選 決勝 関根茂 後手
11 5月04日 第37回NHK杯戦 本戦 1回戦 石田和雄 先手
12 5月12日 第13期棋王戦 本戦 1回戦 石田和雄 先手
13 5月15日 第51期棋聖戦 一次予選 3回戦 山口千嶺 後手
14 5月25日 第21回早指し戦 予選 武者野勝巳 先手
15 永作芳也 後手
16 鈴木輝彦 後手
17 6月05日 第13期棋王戦 本戦 2回戦 青野照市 先手
18 6月09日 第46期順位戦 C級1組 1回戦 剱持松二 先手
19 6月12日 第51期棋聖戦 一次予選 4回戦 達正光 先手
20 6月23日 第51期棋聖戦 一次予選 決勝 堀口弘治 先手
21 6月27日 第21回早指し戦 本戦 1回戦 有野芳人 後手
22 7月07日 第46期順位戦 C級1組 2回戦 武者野勝巳 後手
23 7月10日 第6回全日本プロ 1回戦 滝誠一郎 先手
24 7月13日 第51期棋聖戦 二次予選 2回戦 石田和雄 後手
25 7月17日 第13期棋王戦 本戦 3回戦 二上達也 後手
26 7月22日 第36期王座戦 一次予選 2回戦 武市三郎 先手
27 7月24日 第51期棋聖戦 二次予選 決勝 青野照市 後手
28 8月17日 第51期棋聖戦 本戦 1回戦 米長邦雄 後手
8月21日 第36期王座戦 一次予選 3回戦 室岡克彦 後手

棋風

[編集]

居飛車振り飛車ともに指し、また、それぞれ色々な戦法を指すオールラウンドプレーヤーであり、力戦調の将棋が多い。

強気の棋風であり、ギリギリの変化にも躊躇なく飛び込んでいく「見切り」「玉さばき」が持ち味。

人物

[編集]
  • 1989~1993年、関東奨励会幹事。
  • 愛猫家。テレホンカード収集も行っている[5]
  • アニメはもう一つの趣味で、ジブリ作品を批評したことがある[6]
  • 2017年5月11日、袴田事件の元被告で将棋好きで知られる袴田巌の浜松市の自宅を訪れ、袴田にアマチュア初段の免状を贈った[7]
  • あだなは「アルマジロ」[8]

昇段履歴

[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

  • 1975年 5級 = 奨励会入会
  • 1978年 初段
  • 1981年3月18日 四段 = プロ入り
  • 1984年4月1日 五段(昇降級リーグ3組昇級[注 1]
  • 1989年3月17日 六段(勝数規定)
  • 1997年12月12日 七段(勝数規定)
  • 2014年5月1日 八段(勝数規定)

主な成績

[編集]

在籍クラス

[編集]
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
1981 40 C231
1982 41 C212
1983 42 C217
1984 43 C119
1985 44 C104
1986 45 C108
1987 46 C109 1 4組 --
1988 47 C101 2 4組 --
1989 48 C104 3 4組 --
1990 49 C105 4 3組 --
1991 50 B220 5 3組 --
1992 51 B212 6 2組 --
1993 52 B217 7 1組 --
1994 53 B214 8 2組 --
1995 54 B208 9 2組 --
1996 55 B210 10 2組 --
1997 56 B208 11 3組 --
1998 57 B112 12 3組 --
1999 58 B108 13 4組 --
2000 59 B104 14 4組 --
2001 60 B109 15 4組 --
2002 61 B109 16 4組 --
2003 62 B108 17 4組 --
2004 63 B201 18 4組 --
2005 64 B215 19 4組 --
2006 65 B223 20 4組 --
2007 66 B213 21 4組 --
2008 67 B208 22 4組 --
2009 68 B218 23 4組 --
2010 69 B218 24 4組 --
2011 70 B213 25 4組 --
2012 71 B223 26 4組 --
2013 72 C101 27 4組 --
2014 73 C127 28 4組 --
2015 74 C132 29 5組 --
2016 75 C202 30 5組 --
2017 76 C242 31 5組 --
2018 77 C234 32 5組 --
2019 78 C234 33 6組 --
2020 79 F宣 34 6組 --
2021 80 F宣 35 6組 --
2022 81 F宣 36 6組 --
2023 82 F宣 37 6組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

将棋大賞

[編集]
  • 第15回(1987年度) 連勝賞

連勝記録

[編集]
  • 28連勝(1987年2月10日-8月17日)(歴代2位 2017年6月26日現在)

著書

[編集]
  • 居飛穴なんかコワくない 振り飛車の逆襲(1987年3月、毎日コミュニケーションズISBN 4-89563-510-4
  • 奇襲虎の巻 明日からすぐ勝てる(1994年12月、毎日コミュニケーションズ、ISBN 4-89563-621-6
  • 奇襲虎の巻(MYCOM将棋文庫、2003年5月、毎日コミュニケーションズ、ISBN 4-8399-1092-8
  • 禁断のオッサン流振り飛車破り (マイナビ将棋BOOKS、2016年5月、マイナビ出版)

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 昇降級リーグ3組は現在の順位戦C級1組に相当する。

出典

[編集]
  1. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  2. ^ 藤井四段に神谷八段がエール 歴代最多28連勝より天下獲り スポニチ 2017年6月15日
  3. ^ 2020年度からのフリークラス転出者
  4. ^ 将棋連盟 棋士別成績一覧より。
  5. ^ 将棋世界1993年5月号、「オレたち将棋ん族・エピソード2」ほか
  6. ^ 将棋世界1997年1月号、神谷広志六段(当時)の「待ったが許されるならば……」より。
  7. ^ 袴田さんに将棋アマ初段、浜松 プロ棋士が自宅訪問”. 京都新聞 (2017年6月11日). 2017年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月4日閲覧。
  8. ^ 能智映『愉快痛快 棋士365日」(日本将棋連盟)P.147

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]