松田道弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 道弘(まつだ みちひろ、1936年 - )は、日本の著述家奇術研究家。父は医師育児評論家歴史家松田道雄

来歴[編集]

京都府京都市出身。同志社大学経済学部卒業[1]。学生時代から海外奇術文献の研究を始め、ラジオ関西勤務を経て[2]、著述家として奇術やゲーム、ジョーク、ミステリ小説などについての著述に専念。日本推理作家協会会員。[3][4]

日本奇術界の大御所、高木重朗と親交があり、また自身も奇術への造詣が深く膨大な知識量を誇る。1979年には第12回石田天海賞を受賞している。

1980年『とりっくものがたり』で第33回日本推理作家協会賞・評論その他の部門で候補作。1989年『ミステリ作家のたくらみ』で第42回日本推理作家協会賞・評論その他の部門で候補作。

著作[編集]

マジック関連[編集]

  • 『クロースアップ・マジック』 金沢文庫、1974年。のちに『即席マジック入門』(ちくま文庫、1987年)、さらに『クロースアップ・マジック』(ブッキング、2005年)として復刊。
  • 『奇術の楽しみ』ちくま少年図書館、1975年。のちに、ちくま文庫から刊行。
  • 『不可能からの脱出 超能力を演出したショウマン ハリー・フーディーニ』王国社、1985年。
  • 『超能力のトリック』講談社、1985年。
  • 『奇術入門シリーズ シルクマジック』東京堂出版、1987年。
  • 『クロースアップ・マジック事典』 東京堂出版、1990年。
  • 『松田道弘のカードマジック』東京堂出版、1990年。
  • 『夢のクロースアップ・マジック劇場』 社会思想社、1992年。
  • 『トリックで遊ぶ本』社会思想社、1992年。
  • 『松田道弘 遊びの冒険 全5巻』筑摩書房、1993年~1995年。のちに、ブッキングから復刊。
    • トランプ・マジック・スペシャル
    • 超能力マジックの世界
    • ギャンブルのトリック
    • ミラクル・トランプ.マジック
    • とっておきクロースアップ・マジック
  • 『松田道弘のクロースアップ・カードマジック』東京堂出版、1994年。
  • 『世界のマジシャン・フーズフー マジシャン人名録』東京堂出版、1995年。
  • 『松田道弘のマニアック・カードマジック』 東京堂出版、1996年。
  • 『マジック・ビデオ90選』(三田皓司との共著)東京堂出版、1996年。
  • 『メンタル・マジック事典』東京堂出版、1997年。
  • 『現代カードマジックのアイディア』 東京堂出版、1999年。
  • 『おどろきの発見 マジック世界の魅力』岩波書店、1999年。
  • 『トリック・カード事典』東京堂出版、2001年。
  • 『クラシック・マジック事典』 東京堂出版、2002年。
  • 『クラシック・マジック事典Ⅱ』 東京堂出版、2003年。
  • 『マジック大全』岩波書店、2003年。
  • 『現代カードマジックのテクニック』 東京堂出版、2003年。
  • 『魅惑のトリックカード・マジック』 東京堂出版、2005年。
  • 『夢のクロースアップ・マジック劇場』(1992年の復刊)東京堂出版、2005年。
  • 『松田道弘のオリジナル・カードマジック』 東京堂出版、2006年。
  • 『タロットカードマジック事典』東京堂出版、2008年。
  • 『松田道弘のシックなカードマジック』東京堂出版、2008年。
  • 『トリックスター列伝 近代マジック小史』東京堂出版、2008年。
  • 『カードマジック The Way of Thinking』東京堂出版、2011年。
  • 『トランプの不思議 復刻版 現代カード奇術入門』(高木重朗著・松田道弘編集)東京堂出版、2011年。

遊び・ジョーク・ミステリ関連[編集]

  • 『トランプのたのしみ』ちくま少年図書館、1979年。
  • 『とりっくものがたり』筑摩書房、1979年。のちに『トリックものがたり』(ちくま文庫、1986年)として刊行。
  • 『トランプものがたり』岩波書店、1979年。
  • 『松田道弘 遊びの本 全6巻』筑摩書房、1980年~1986年。
    • トランプ・マジック(のち、ちくま文庫)
    • ボード・ゲーム
    • ふたりで遊ぶ本
    • 面白いトランプ・ゲーム(のち、ちくま文庫)
    • ひとりで遊ぶ本
    • チェスの楽しみ
  • 『トリック専科』社会思想社、1982年。のちに現代教養文庫から刊行。
  • 『遊び時間の発想』(織田正吉との共著)日本経済新聞社、1982年。
  • 『トリック・とりっぷ』講談社、1982年。のちに『トリックのある部屋 私のミステリ案内』(講談社文庫)として刊行。
  • 『ジョークのたのしみ』筑摩書房、1984年。のち、ちくま文庫。
  • 『遊びの世界 実技指導による遊びの再発見』チャイルド本社、1984年。
  • 『頭が遊ぶ発想教室 「知的興奮」から「創造的思考」へ アッ!固定観念が消えてゆく…』PHP研究所、1984年。
  • 『ジョークでパズる』講談社、1985年。
  • 『おもしろゲーム実戦本』講談社、1987年。
  • 『ミステリ作家のたくらみ』筑摩書房、1988年。
  • 『遊びの世界の味覚地図』社会思想社、1988年。
  • 『トランプゲーム事典』 東京堂出版、1988年。
  • 『世界のゲーム事典』 東京堂出版、1989年。
  • 『遊びとジョークの本』筑摩書房、1996年。
  • 『カジノゲーム入門事典』(谷岡一郎との共著) 東京堂出版、1996年。
  • 『トランプ入門 楽しくはじめる』小学館、1998年。
  • 『将棋とチェスの話 盤上ゲームの魅力』岩波書店、2000年。
  • 『世界のジョーク事典』東京堂出版、2006年。

翻訳書[編集]

  • 『トランプ・ゲーム大百科』デヴィッド・パーレット著、社会思想社、1988年。
  • 『ロジックのパズル 思考力をとぎすます推理パズル100選』ピエール・ベルロカン著、社会思想社、1991年。
  • 『完全チェス読本2』マイク・フォックス、リチャード・ジェイムズ著(1、3巻は若島正訳)毎日コミュニケーションズ、1998年。

出典[編集]

  1. ^ マジシャン別商品一覧
  2. ^ 『魅惑のトリックカード・マジック』巻末著者紹介
  3. ^ 日本推理作家協会会員名簿”. 2014年7月10日閲覧。
  4. ^ “婦人公論 井戸端会議 マジックのはまり方”. 婦人公論 2000年6月22日号 (中央公論新社).