日本推理作家協会賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本推理作家協会賞(にほんすいりさっかきょうかいしょう)は、毎年日本推理作家協会(元・探偵作家クラブ→日本探偵作家クラブ、江戸川乱歩1947年6月21日に設立)が授与する文学賞。その年発表された推理小説の中で最も優れていたものに与えられる。推協賞と略称される[1]

第1回(1948年)から第7回(1954年)までは探偵作家クラブ賞、第8回(1955年)から第15回(1962年)までは日本探偵作家クラブ賞、第16回(1963年)以降は日本推理作家協会賞と名前を変えて続いている。その伝統から、ミステリー界で最も権威ある賞と見做されている。

創設当時は長編賞、短編賞、新人賞があったが(新人賞は第1回のみ)、第5回(1952年)からは部門の区別がなくなった。第29回(1976年)から再び、長編部門、短編部門(および評論その他の部門)に分かれた。部門別に分かれてからの受賞者数は、長編部門の59人に対して、短篇部門が28人と半分以下である(2016年現在)。これは長編部門はダブル受賞(複数の同時受賞者が出ること)が多いのに対して、短篇部門は該当作なしの年が多く、また受賞者が出てもほとんどが単独受賞だからである。

受賞するのに、日本推理作家協会の会員である必要はない。また1度でもどれかの部門を受賞した作家が再受賞することは、内規によって禁じられている。

名称の変遷[編集]

  • 第1-7回(1948年 - 1954年) 探偵作家クラブ賞
  • 第8-15回(1955年 - 1962年) 日本探偵作家クラブ賞
  • 第16回以降(1963年 - ) 日本推理作家協会賞

部門の変遷[編集]

  • 第1回(1948年) 長編賞、短編賞、新人賞
  • 第2-4回(1949年 - 1951年) 長編賞、短編賞
  • 第5-28回(1952年 - 1975年) 部門の区別なし(第7回のみ「奨励賞」あり)
  • 第29-35回(1976年 - 1982年) 長編部門、短編部門、評論その他の部門
  • 第36-52回(1983年 - 1999年) 長編部門、短編および連作短編集部門、評論その他の部門
  • 第53回以降(2000年 - ) 長編及び連作短編集部門、短編部門、評論その他の部門

受賞作[編集]

第1回から第10回(1948年 - 1957年)[編集]

第5回より、部門の区別がなくなる。

第11回から第20回(1958年 - 1967年)[編集]

第21回から第30回(1968年 - 1977年)[編集]

第29回より、長編・短編・評論その他の区別を設ける。
  • 第29回(1976年
    • 長編賞 - 受賞作なし
    • 短編賞 - 戸板康二 「グリーン車の子供」
    • 評論その他の部門賞 - 権田萬治 『日本探偵作家論』
  • 第30回(1977年
    • 長編賞 - 受賞作なし
    • 短編賞 - 石沢英太郎 「視線」
    • 評論その他の部門賞 - 山村正夫 『わが懐旧的探偵作家論』

第31回から第40回(1978年 - 1987年)[編集]

第36回より、短編部門の対象に連作短編集が追加される。
  • 第36回(1983年
    • 長編部門 - 胡桃沢耕史 『天山を越えて』
    • 短編および連作短編集部門 - 受賞作なし
    • 評論その他の部門 - 受賞作なし
  • 第37回(1984年
    • 長編部門 - 加納一朗 『ホック氏の異郷の冒険』
    • 短編および連作短編集部門 - 伴野朗 『傷ついた野獣』(連作短編集)
    • 評論その他の部門 - 受賞作なし
  • 第38回(1985年
    • 長編部門 - 北方謙三 『渇きの街』、皆川博子 『壁・旅芝居殺人事件』
    • 短編および連作短編集部門 - 受賞作なし
    • 評論その他の部門 - 佐瀬稔 『金属バット殺人事件』、松山巌 『乱歩と東京 1920都市の貌』
  • 第39回(1986年
    • 長編部門 - 岡嶋二人 『チョコレートゲーム』、志水辰夫 『背いて故郷』
    • 短編および連作短編集部門 - 受賞作なし
    • 評論その他の部門 - 松村喜雄 『怪盗対名探偵 フランス・ミステリーの歴史』
  • 第40回(1987年

第41回から第50回(1988年 - 1997年)[編集]

第51回から第60回(1998年 - 2007年)[編集]

第53回より、連作短編集が短編部門ではなく長編部門の対象となる。

第61回以降(2008年 - )[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

権田萬治新保博久監修『日本ミステリー事典』新潮社、2000年(部門の変遷について参照)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]