婦人公論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
婦人公論
Fujinkōron first issue.jpg
『婦人公論』創刊号の表紙
ジャンル 女性誌
刊行頻度 毎月第2・第4火曜日
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 中央公論新社
発行人 松田陽三
編集長 三浦愛佳
雑誌名コード 610
刊行期間 1916年1月 - 現在
ウェブサイト https://fujinkoron.jp/
テンプレートを表示

婦人公論』(ふじんこうろん)は、中央公論新社読売新聞グループ)が発行する婦人・女性誌。創刊は大正5年(1916年)1月[1]。初代編集長は嶋中雄作[1]。1998年3月7日発売の3月22日号より月2回刊(毎月第2・第4火曜日発行)。サイズはA4版変型。2017年現在の編集長は三浦愛佳、発行人は松田陽三。現存する女性誌では『婦人之友』(1903年創刊)[2]と『婦人画報』(1905年創刊) [3]に次いで古い[4]

コンセプト[編集]

「女性の解放と自我の確立を求める時代の声」をとらえ、雑誌『中央公論』は1913年(大正2年)「閨秀十五名家一人一題」「婦人問題」特集を企画し、大いに衆目を集めた。この好評が1916年の「婦人公論」の創刊につながった。

自由主義と女権の拡張を目ざす」がコンセプトだった。これは実用記事が多かった同時代の『主婦の友』(1917年創刊)、『婦人画報』(1905年創刊)、『婦人倶楽部』(1920年10月創刊)と比べ、ひときわ異彩を放っていた。戦前はこれらと『婦人公論』を併せて4大婦人雑誌と呼ばれていた。

現在は「女性の幸せを追求する」、「年齢にとらわれない自由な生き方を応援する」としている[5]

沿革[編集]

1911年(明治44年)に創刊された雑誌『青鞜』がきっかけとなり、女性解放運動が盛んになった[6]。これに対し、文部省は反良妻賢母主義的な出版物の取締を厳しく行うようになり、発禁処分になる雑誌もあった[6]。こうした中、『中央公論』は臨時増刊「婦人問題号」(第28年第9号)を発行し話題となった[6]。好評を追い風に、嶋中雄作が婦人雑誌の創刊を提案した[7]。女性の地位向上や権利拡張を目指し『婦人公論』が創刊された[8]。実用記事をほとんど載せず、女性解放・男女同権をめざすインテリ向け女性評論誌だった[9]

1918年3月から1919年6月まで、母性保護論争の舞台となった[10]

1944年4月に休刊、1946年4月に復刊した[1]

1955年、誌上に掲載された石垣綾子「主婦という第二職業論」がきっかけとなって主婦論争が起きた[11]

1958年には三枝佐枝子が編集長に就任。大手出版社では初の女性編集長となった[12]

1990年代、行政機関の部署名や女性団体の名前を「婦人」から「女性」に変える動きがおこったが[13][14]、1995年当時の編集長、水口義朗は「婦人公論は婦人解放の旗印である」として、名称を維持した[14]

1998年3月には創刊以来となる大幅な誌面改革を行い、判型を従来のA5判からA4の変形判とし、月刊から月2回刊となった[15]。このリニューアルにより、約十七万部だった実売部数が二十万部台となった[16]

歴代編集長[編集]

「婦人公論」読者賞[編集]

「婦人公論」読者賞
受賞対象誌上に掲載された記事のうち年間を通じて最もすぐれたもの
日本の旗 日本
主催中央公論社
初回1962年
最新回1970年
初代受賞者有吉佐和子犬養道子
最新受賞者犬養道子、吉武輝子

誌上に掲載された記事から、年間を通じて最もすぐれたものを読者の投票により選ぶ賞で、1962年から1970年まで授与された[19]

選考委員は、石坂洋次郎大宅壮一村松剛石垣綾子高峰秀子がつとめた[19]

選考委員会の選考により投票数第5位までの作品の中から決定され、2月号誌上にて発表された[19]

受賞者は次の通り[19]

  • 第1回 1962年(昭和37年) 有吉佐和子「香華」[20]犬養道子「暮しの中の日本探検」
  • 第2回 1963年(昭和38年) 山崎豊子「花紋」、松山善三「小さな城」
  • 第3回 1964年(昭和39年) 山本嘉三郎岩永昭二「眠れる母の奇跡の出産」、角田房子「風の鳴る国境」
  • 第4回 1965年(昭和40年) 水上勉「くるま椅子の歌」、池上三重子「妻の日の愛のかたみに」
  • 第5回 1966年(昭和41年) 松本清張「砂漠の塩」、江原通子「息子と競学した母親の大学卒業式」、太田治子「宿願の津軽に父太宰治を求めて」
  • 第6回 1967年(昭和43年) 山崎豊子「花宴」、有吉佐和子「出雲の阿国」、野坂昭如「プレイボーイの子守唄」
  • 第7回 1968年(昭和44年) なだいなだ「娘の学校」、北杜夫「どくとるマンボウ青春記」
  • 第8回 1969年(昭和45年) 犬養道子「花々と星々と」、吉武輝子「生きる手がかりもなしに」[21]

掲載作品[編集]

小説・エッセイ[編集]

関連人物[編集]

執筆者[編集]

  • 山川菊栄 - 1918年(大正7年)、誌上で論文「母性保護と経済的独立」を発表し、論壇での地位を確立した[22]

記者[編集]

編集者[編集]

  • 澤地久枝 - 1954年、「婦人公論」編集部に配属される。1963年、「婦人公論」編集部次長で退職する[24]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 婦人公論”. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  2. ^ 婦人之友”. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  3. ^ 婦人画報”. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  4. ^ 森まゆみ『『婦人公論』にみる昭和文芸史』中央公論新社、2007年、3頁。ISBN 9784121502391
  5. ^ 『編集会議』2004年8月号(当時の編集長:瀧澤晶子コメント)
  6. ^ a b c 印刷博物館編『ミリオンセラー誕生へ!明治大正の雑誌メディア』東京書籍、2008年、98頁。ISBN 9784487802937
  7. ^ 森まゆみ『『婦人公論』にみる昭和文芸史』中央公論新社、2007年、5-6頁。ISBN 9784121502391
  8. ^ 印刷博物館編『ミリオンセラー誕生へ!明治大正の雑誌メディア』東京書籍、2008年、100頁。ISBN 9784487802937
  9. ^ 婦人公論”. 世界大百科事典 第2版 コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  10. ^ 母性保護論争”. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  11. ^ 主婦論争”. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  12. ^ 三枝佐枝子”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  13. ^ a b “『婦人公論』 中央公論社 女性の不満、悩み受けとめ(雑誌の内側)”. 朝日新聞: p. 13. (1992年11月1日) 
  14. ^ a b “お役所に「婦人」から「女性」への流れ定着 地方の変化が中央へ”. 朝日新聞: p. 17. (1995年9月3日) 
  15. ^ “実力派女性誌が大型化で刷新(本・流)”. 朝日新聞: p. 11. (1997年11月23日) 
  16. ^ “好調な出足「婦人公論」(舞台裏)”. 朝日新聞: p. 21. (1998年5月24日) 
  17. ^ 『中央公論社の50年』
  18. ^ 『中央公論新社120年史』
  19. ^ a b c d 『文学賞事典』日外アソシエーツ、1989年、57頁。ISBN 4816909060
  20. ^ “有吉佐和子さん急死/社会問題に鋭い視点 「恍惚の人」や「複合汚染」”. 朝日新聞: p. 夕刊 1. (1984年8月30日) 
  21. ^ “(惜別)作家・評論家、吉武輝子さん 七色のベールで時代に切り込む”. 朝日新聞: p. 夕刊 10. (2012年9月29日) 
  22. ^ “江の島に「菊栄文庫」あす開設 神奈川”. 朝日新聞. (1988年11月3日) 
  23. ^ 波多野あき子”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus コトバンク. 2021年11月7日閲覧。
  24. ^ 「澤地久枝さん<略歴>」『週刊アエラ』、朝日新聞社、1994年5月16日。

外部リンク[編集]