砂漠の塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

砂漠の塩』(さばくのしお)は、松本清張の長編小説。『婦人公論』に連載され(1965年9月号 - 1966年11月号)、1967年3月に中央公論社から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。本作で第5回婦人公論読者賞を受賞した。

愛と死の砂漠」のタイトルで1971年にテレビドラマ化されている。

概要[編集]

中東を舞台に、死を決意した男女と妻の跡を追う夫の、愛の行方を描く長編ロマン。

あらすじ[編集]

ヨーロッパ・中東への旅行団に参加した野木泰子は、パリオルリー空港で一団と別れ、エジプトカイロにて谷口真吉と落ち合う。再会を果たしたものの、泰子は未だ真吉に身体を許す気になれなかった。夫・保雄は善良で何の落ち度もないことが、泰子の心に罪の意識を落としていた。しかし、中東各地を経てバグダードへ向かう中で、泰子の心に少しずつ変化が生じていく。

真吉の妻・妙子は、夫が香港から会社に辞表を提出したことを知る。真吉はヨーロッパ・中東各国のほとんどのビザを取得していた。他方、保雄は泰子がヨーロッパで「蒸発」したことを知った。不安に落ちた保雄は、妻の行方を追うため、カイロへと飛ぶ。

主な登場人物[編集]

砂漠の中のワジ(写真はヨルダン)
  • 原作における設定を記述。
野木泰子
保雄と結婚したものの、真吉のことが度々胸をかすめ、諦めと後悔の間を揺れている。大学時代は美学を専攻していた。
谷口真吉
泰子の幼なじみだが、あまりに近すぎた仲のため、青春期にはかえって互いに冷淡になっていた。
野木保雄
泰子の夫。珍しいほど純粋で、泰子を強く愛している。
谷口妙子
真吉の妻。
川本英子
カイロ在住の留学生。
奥野
保雄の大学の同期生。
田丸
シリアの日本大使館員。
ヘンダーソン
バグダードの医師。

作品の舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

愛と死の砂漠
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 22:56
放送期間 1971年4月6日 - 1971年9月28日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
演出 井上昭
西河克己
原作 松本清張『砂漠の塩』
脚本 田坂啓
中島丈博
出演者 小川眞由美
平幹二朗ほか

特記事項:
第12回日本放送作家協会賞演技者賞(小川眞由美)受賞
テンプレートを表示

ドラマタイトル「愛と死の砂漠」。1971年4月6日から9月28日まで、関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)(22:00-22:56)にて、全26回の連続ドラマとして放映。第12回日本放送作家協会賞演技者賞(小川眞由美)受賞作品。

この枠では初の1時間ドラマ。また前作「スッポン」までは「あなたの劇場」という枠名が付いていたが、本作より枠名を廃止した。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 火曜22時枠
前番組 番組名 次番組
スッポン
(1971.1.5 - 3.30)
※22:00 - 22:45
ここまで「あなたの劇場」
ふるさと紀行
※22:45 - 23:00、東海テレビ制作
水曜22:45へ移動
愛と死の砂漠
(1971.4.6 - 9.28)
江戸巷談・花の日本橋
(1971.10.5 - 1972.3.28)