山峡の湯村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山峡の湯村』(さんきょうのゆむら[1])は、松本清張短編小説。『オール讀物1975年2月号に掲載され、1977年9月に短編集『馬を売る女』収録の1作として、文藝春秋より刊行された。

1992年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

飛騨小坂川上流の山峡にある温泉宿「谷屋旅館」に、一人の老人客が逗留していた。かつて伝奇的な時代小説で人気を博し、大衆小説の頂点にいた作家・小藤素風であった。素風はすでに忘れられた存在になっていたが、三年前に、愛読者として訪ねてきた梅田勇作の誘いに応じてこの地へ来た。谷屋旅館の女中・お元は、勇作が結婚を心に決めている女性であり、勇作の言いつけを守って献身的に素風の面倒を見ていた。

国文科の教師である太田二郎は、谷屋旅館の近くの「紅葉屋旅館」で休養をとっていた。太田は女中の安子から、あの小野素風が谷屋旅館にいることを聞く。宿からバスで10分ほどの人造ダム湖「仙竜湖」に釣りへ出た太田は、素風に声をかけられる。が、湖面に目を据えた素風は太田に、「湖底に沈んでいるのは家ばかりじゃねえ」と言った。また、この湖には一年半前から妙な噂が立っており、夜明け頃を中心に、奇妙な鳥の鳴き声がする、というのであった…。

テレビドラマ[編集]

松本清張スペシャル
山峡の湯村
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:03 - 22:52
放送期間 1992年9月22日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 嶋村正敏
原作 松本清張『山峡の湯村』
脚本 石松愛弘
プロデューサー 嶋村正敏
出演者 古谷一行ほか
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・山峡の湯村」。1992年9月22日日本テレビ系列の「火曜サスペンス劇場」枠(21:03-22:52)にて放映。視聴率19.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山峡の湯村(Webcat Plus)