時間の習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

時間の習俗』(じかんのしゅうぞく)は、松本清張の長編推理小説。雑誌『』に連載され(1961年5月号 - 1962年11月号)、1962年11月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。

概要[編集]

ミリオンセラー点と線』の三原警部補と鳥飼刑事が再び探偵役となり、犯人が仕組んだアリバイに挑戦するミステリー長編である。小説の時代設定は『点と線』から4年後とされる[1]

3度テレビドラマ化された。

原作のあらすじ[編集]

関門海峡に面した門司市の古社・和布刈神社において、旧暦元旦の未明に行われる神事に対する、写真撮影が殺到していた。他方、その前日深夜23時頃、神奈川県相模湖近くの弁天島で、交通関係業界紙の編集人・土肥武夫の死体が発見された。土肥の投宿していた宿の女中は、女性が同行していたことを証言するが、その女性は行方不明になっていた。

有力な容疑者も挙がらず手がかりが掴めない中、三原警部補は土肥の交際人物のリストから、行動に作為の感じられるタクシー会社の専務・峰岡周一に着目する。だが、峰岡には完全なアリバイがあった。

主な登場人物[編集]

和布刈神社の鳥居と関門橋

原作における設定を記述。

三原紀一
警視庁捜査一課[2]の警部補。『点と線』の事件以来、鳥飼刑事と親しい間柄となっている。
鳥飼重太郎
福岡署の古参刑事。峰岡のアリバイに関する回答を契機に、事件調査に協力する。
峰岡周一
大手タクシー会社「極光交通」の専務。
土肥武夫
「交通文化情報」発行人及編集人。
江藤白葉
俳句誌「荒海」の主宰者。
須貝新太郎
名古屋のバー「蝶々」勤務の男。
梶原武雄
「上ノ橋福岡食品工業」の工員。

テレビドラマ[編集]

1963年版[編集]

推理文学シリーズ・時間の習俗』。1963年8月16日 20:00 - 21:00、NHKの「文芸劇場」枠で放送された。

キャスト
スタッフ

1982年版[編集]

松本清張の時間の習俗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 22:53
放送期間 1982年6月19日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
監督 富本壮吉
原作 松本清張『時間の習俗』
脚本 岡本克巳
プロデューサー 千原博司
只隈昌
出演者 萩原健一
井川比佐志ほか
テンプレートを表示

松本清張の時間の習俗』。1982年6月19日 21:02 - 22:53にTBS系列の「ザ・サスペンス」枠で放送された。視聴率は21.1%であった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ

2014年版[編集]

松本清張スペシャル
時間の習俗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:13(133分)
放送期間 2014年4月10日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 光野道夫
原作 松本清張『時間の習俗』
脚本 浅野妙子
プロデューサー 小池秀樹
出演者 内野聖陽

特記事項:
フジテレビ開局55周年特別番組。
20:59 - 21:00に『「時間の習俗」カウントダウン』も別途放送。
テンプレートを表示

松本清張スペシャル 時間の習俗フジテレビ開局55周年特別番組として、フジテレビ系列2014年4月10日木曜日)の21:00 - 23:13[3]に放送された。視聴率は10.2%であった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト(2014年版)
スタッフ(2014年版)

脚注[編集]

  1. ^ 「彼の周辺」3節を参照[要ページ番号]
  2. ^ 『点と線』の事件の時は捜査二課の所属であった。
  3. ^ 20:59 - 21:00に『「時間の習俗」カウントダウン』も別途放送。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 ザ・サスペンス
前番組 番組名 次番組
殺人事件が愛した女
(原作:結城昌治
(1982.6.12)
松本清張の時間の習俗
(1982.6.19)
シンデレラの葬送
(原作:小林久三
(1982.6.26)