眼の気流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

眼の気流』(めのきりゅう)は、松本清張短編小説。『オール讀物』1962年3月号に掲載、1963年10月に短編集『眼の気流』収録の表題作として、新潮社より刊行された。

1994年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

恵那のタクシードライバー・末永庄一は、温泉旅館で、30歳過ぎの肉感的な女と20代後半の痩せぎすの男を乗せた。しかし、2人の客は後部座席で戯れながら、田舎の運転手を露骨に侮蔑する態度を示し、末永の胸に腹立たしい感情が湧く。その後、東京へ出てドライバー稼業を続ける末永の車に、あの時の因縁の女が、今度は初老の男性を伴って乗車した。興味を持った末永は女の周辺を探り始めたが…。

テレビドラマ[編集]

松本清張ドラマスペシャル
眼の気流
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 22:54
放送期間 1994年9月15日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
演出 木下亮
原作 松本清張『眼の気流』
脚本 大薮郁子
プロデューサー 大野晴雄
出演者 的場浩司ほか

特記事項:
テレビ東京開局30周年記念ドラマ
テンプレートを表示

松本清張ドラマスペシャル・眼の気流」。1994年9月15日(21:02-22:54)、テレビ東京系列にて、テレビ東京開局30周年記念ドラマとして放映。サブタイトル「タクシードライバーは見た!!恐るべき計画殺人の罠」。視聴率17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ