小さな旅館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小さな旅館』(ちいさなりょかん)は、松本清張短編小説。『週刊朝日別冊・緑蔭特別号』(1961年7月号)に掲載され、1961年11月に短編集『駅路』収録の1作として、文藝春秋新社から刊行された。

1981年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

俺は順治に殺意を抱いた。順治は俺の娘・敦子の婿養子となっているが、敦子と結婚したのは俺の財産目当てだった。父から貰った財産を守り、可愛い我が娘を破滅から救うのだ。

俺は順治の所行を調べた。順治は俺が考えた通り、方々の女と遊んでいたが、ズブの素人も一人いた。順治とその女が二人でいる所を尾行すると、二人は決まって江古田の小さな旅館に入ることがわかった。俺は殺人計画をここから立てることにした…。

テレビドラマ[編集]

松本清張の小さな旅館
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 21:51
放送期間 1981年1月17日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 齋藤武市
原作 松本清張『小さな旅館』
脚本 猪又憲吾
プロデューサー 大久保忠幸
池ノ上雄一
植野晃弘
出演者 田村高廣
坂口良子ほか
テンプレートを表示

松本清張の小さな旅館」。1981年1月17日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-21:51)にて放映。視聴率24.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張の小さな旅館
(1981.1.17)
京都殺人案内4
(原作:和久峻三
(1981.1.24)