伊藤京子 (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう きょうこ
伊藤 京子
別名義 辻今日子
生年月日 (1959-09-01) 1959年9月1日
没年月日 (2000-02-21) 2000年2月21日(40歳没)
出生地 埼玉県
死没地 神奈川県相模原市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1979年 - 1990年
テンプレートを表示

伊藤 京子(いとう きょうこ、1959年9月1日 - 2000年2月21日)は日本女優埼玉県出身。旧芸名は辻今日子。

略歴・人物[編集]

高校を卒業し、9カ月のOL生活を経てモデルになる。1年後に東映俳優センターへ所属、さらに1年後に芸能プロへ移籍して、1980年代前半に日活ロマンポルノに脇役で4作品に出演した[1]。その他、テレビドラマなどに出演。日活ロマンポルノに出演していた時期には、近代映画社から写真集「夢レイプ」を出版しているが、出演作品がいずれも脇役で、芸歴を考えると、写真集を出版したのは異例である。

1982年に有名人がヌード写真を撮影するという雑誌企画で、石坂浩二と知り合う[2]1983年には石坂の劇団急旋回の旗揚げに参加[1][3]1987年写真週刊誌FOCUS』が石坂のマンションでの半同棲生活やデートを撮影するなど、長年にわたって石坂の愛人とみなされてきた[2][4][5]

1990年頃には劇団を退団して、マンションで独居生活を送り、さらに実家へ戻って父母と暮らした[1]1997年7月から病院へ通院治療するようになり、2000年2月21日相模原駅で飛び込み自殺を図り40歳で死去した[2]

2001年2月になって浅丘ルリ子と離婚した石坂が再婚する際、再婚相手として取り沙汰され、『週刊ポスト』は過去のヌード写真をグラビアに掲載したが[4][6]、その直後に自殺していたことが明らかになった。石坂本人は伊藤と20年近く会っていないと否定し、1988年頃から石坂の付き人を務めてきた再婚相手が伊藤と同年輩だったことからマスコミが取り違えていた事実が発覚した[2][5]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

ビデオソフト[編集]

  • 私の身体に悪魔がいる(1982年)

映画[編集]

DMMで視聴・ダウンロード可能なのは、「悪女軍団」と「女教師狩り」、「天使のはらわた 赤い淫画」の3作品である。

特撮[編集]

写真集[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「ワイド特集 宴のあとの切ない結末 一年前に死んでいた石坂浩二の気の毒すぎる元愛人『女優』」『週刊文春』2001年2月8日号、pp.37-38
  2. ^ a b c d 恩田揚子「浅丘ルリ子・石坂浩二の長すぎた『仮面生活』」『新潮45』2007年4月号、pp.74-75
  3. ^ 「ポルノ女優・伊藤京子と劇場設立発表の席で… 石坂浩二が噂の"愛人"と公然会見」『女性自身』1983年3月17日号
  4. ^ a b 「石坂浩二『再婚相手』と間違えられてヌード写真まで掲載された元女優」『週刊文春』2001年2月1日号、pp.33-34
  5. ^ a b 「芸能写真誌も名前間違えた『石坂浩二』再婚の相手」『週刊新潮』2001年2月1日号、pp.51-52
  6. ^ 「浅丘ルリ子との熟年離婚深層スクープ 20年前の本誌ヌードグラビアを全公開 石坂浩二が撮っていた『41歳愛人』のフルヌード」『週刊ポスト』2001年1月26日号、pp.36-38