菅野光亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅野 光亮(かんの みつあき、1939年7月10日 - 1983年8月15日)は日本の作曲家ジャズピアニスト宮城県出身。

来歴・人物[編集]

東京芸術大学音楽学部作曲科を卒業。大学在学中の1966年に、第35回日本音楽コンクール作曲部門第2部(室内楽曲)に応募した「ヴィオラとピアノのためのソナタ」が3位入賞を果たす。大学卒業後は主にジャズピアニストとして活躍。

1974年に公開された松竹映画「砂の器」では、ラフマニノフばりの美しいテーマ曲「ピアノと管弦楽のための組曲 宿命」を作曲・ピアノ演奏し、第29回毎日映画コンクール音楽賞モスクワ映画祭ソビエト作曲家同盟賞を受賞した。

その後も映画やテレビドラマの音楽を多数手がけたが、病のために44歳で他界した。

主な作品[編集]

映画音楽[編集]

テレビドラマ[編集]

外部リンク[編集]