コトリンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コトリンゴ
出生名 三吉 里絵子
別名 kotringo
生誕 (1978-07-17) 1978年7月17日(44歳)
出身地 日本の旗 大阪府
学歴 バークリー音楽大学卒業
ジャンル J-POP
職業 音楽家
担当楽器 ピアノ
活動期間 2006年 -
レーベル

commmons2007年

- )
koniwa(2017年11月 - )
共同作業者 坂本龍一
toi toy toi伊藤真澄Babi良原リエ
公式サイト オフィシャルページ

コトリンゴ(ローマ字表記はkotringo、本名:三吉里絵子1978年7月17日 - )は、日本音楽家[1]

来歴[編集]

大阪生まれ。5歳でピアノを始め、7歳で作曲をするようになる[1]。大阪、福岡名古屋と転居し、高校卒業後、神戸甲陽音楽院に入学。同校を卒業ののち特別奨学金を得て1999年バークリー音楽大学留学ジャズ作編曲科/ピアノ演奏科専攻[1]

コトリンゴという名前は、自身が大好きな「小鳥」と、曲作りの際に使っていたAppleMacを合わせてできたもので、坂本龍一のラジオ番組に送ったデモテープでの表記は『kotori+apple(コトリンゴ)』としていた。また、1日1個食べると医者が一日遠のくと聞いた事でニューヨークにいた頃よく食べていた「りんご」の意も含まれる[2][3]。本人はインタビューで「本名でやりたいと言ったが、一曲目だけコトリンゴでリリースして、後で変えてもいいからと言われて結局そのままに」と語っている。

ピアノを始めたきっかけは、幼稚園で多くの子が習い始めたり、教室のオルガンでテレビアニメ『スプーンおばさん』(NHK総合)のエンディングテーマ「リンゴの森の子猫たち」を弾いている姿を見て自身も弾きたいと思ったため。 なお、ヤマハ音楽教室ではピアノのレッスンの他にアンサンブルのクラスがあり、そこで初めて演奏したバリー・マニロウの「コパカバーナ」ではYAMAHA DX7を使ってベースを担当。その様々なパートを全て鍵盤を使って行うというスタイルが、現在の音楽制作にも活かされている[4]

人生を変えた1曲は、マイルス・デイヴィスの「Freddie Freeloader」(『カインド・オブ・ブルー』)。これは、家にはアルバムが全て揃っていたり、家でこの曲が大音量でかかっている割合が多かったりと、ジャズが好きな父親の影響がある[3][4]

コトリトナンバとして一緒にライブ出演もしている南波志帆が家族と共にボランティアで動物の保護活動をしていた関係で、猫の「ゆき」を譲り受け2020年9月から一緒に暮らしている。この名前は南波志帆の母親が猫を保護し育てていた時に呼んでいたもので、そのまま名前も受け継ぐ事となった[5]。 なお、コトリンゴのオリジナルグッズの折りたたみエコバッグには、造形作家の石田敦子 のデザインによる「ゆき」が描かれたものも存在する。 また、2021年秋頃からは「ゆき」と同様に南波志帆の実家で保護されていた猫の「まちこ」も家族に加わった[6]

20年ほど悩んでいたという車の運転免許証を2019年11月に取得した事を、『ALL GOOD FRIDAY(PART2)』(2020年3月13日、J-WAVE)内の「CITIZEN NEW TIME FOR YOU」のコーナーに出演した際に報告[7]。 当初はなんとなく犬を迎え入れたいという漠然とした想いがあり、犬はいざという時の移動には車が必要との思いから取得に至った。

宝塚が好きな母親の希望もありクラシック・バレエを習い始めたが、自身ではあまりのめり込めなかった[3][4]

中学ではバレーボール部、高校ではテニス部に所属し、学生時代にバンド活動は行わなかった[3][4]

エアロスミスが好きでよく聴いていたが、バークリー音楽大学の卒業式ではスティーヴン・タイラーが講演し、卒業証書も渡された[3]

2003年学位取得後、4年程ニューヨークに生活拠点を移し、ピアノ教室で先生のアルバイトをしたりしていたが、その頃から飼っていたオスのセキセイインコ「マシュマロ」には精神的に助けてもらったことも多かった。[3]

2005年秋より、バークリー音楽大学の卒業祝いに父親が買ってくれたPowerBook G4GarageBandを使って、自宅で曲作り/デモテープ作りを始める[1][3]

2006年3月5日、坂本龍一のラジオ番組『RADIO SAKAMOTO』(J-WAVE)のオーディション・コーナー宛に送った「にちよ待ち」が坂本の耳に留まり、オンエアされる[1]

同年6月6日、坂本龍一に初めて会った際に誘われた「第1回 ロハスクラシック・コンサート2006」の東京公演(王子ホール)にて、コトリンゴとしての初ステージを踏む[3]

同年11月29日、commmonsより『こんにちは またあした』でデビュー。なお、6月の「第1回 ロハスクラシック・コンサート2006」には月桂冠のCM監督が来ており、月桂冠「つき」のCMタイアップ曲となった。[1][3]

2009年11月28日、東京での初のバンド・ワンマンライブ「trick&tweet tour ~コトリンゴのいたずらとさえずりバンドライブ~」を代官山UNITにて行う[8]

2013年、8月11日に東京・夢の島公園で開催された音楽フェスティバル「WORLD HAPPINESS 2013」を皮切りにメンバー6人の新体制となったKIRINJIに加入。2017年12月14日の大阪・味園ユニバース公演まで活動[9]

2016年11月、映画『この世界の片隅に』の音楽を担当。 毎日映画コンクール音楽賞[10][11]日本アカデミー賞優秀音楽賞[12]おおさかシネマフェスティバル2017音楽賞[13] を受賞。

2017年1月、『小林さんちのメイドラゴン劇伴制作参加時より、伊藤真澄、コトリンゴ、Babi良原リエからなるトイピアノカルテットtoi toy toi」として活動。2017年4月、『アリスと蔵六』では、toi toy toiでエンディングテーマを担当。シングル『Chant』をリリース[14]

同年11月、アルバム『雨の箱庭』を自身のレーベルkoniwaからリリース[15]

2018年10月、初の海外ツアー、南米アルゼンチン公演を行う[16]

同年10月、作家・有川浩の小説『旅猫リポート』が映画化されるのに伴い音楽を担当。自らが歌う挿入歌「奇跡は」、主題歌「ナナ」も担当した[17][18]

同年11月、初のライブアルバム『Slow LIVE at HONMONJI ~箱庭でピチカート~』を発表[19][20]

2019年7月、アルゼンチンのフォルクローレグループPAULA Y LOS PAJAROS(パウラ・イ・ロス・パハロス)のアルバム『LO INVISIBLE(ロ・インビジブル(目に見えざるもの))』に共演曲「Calling (with コトリンゴ)」が収録[21][22]

同年8月、韓国で公開の日本・中国・韓国の三か国共同制作のアニメーション映画『안녕, 티라노: 영원히, 함께(My TYRANO: Together, Forever)』のエンディング曲「낙원으로 둘이서(楽園をふたりで)」(ボーカルは요조(YOZOH)と생각의 여름(Summer of Thoughts))の作編曲を担当[23]。朝鮮語翻訳は요조(YOZOH)[24]

同年10月、映画『駅までの道をおしえて』の挿入歌「また会うときは」、主題歌「ここ」を担当[25][26][27][28]

同年12月、映画『この世界の片隅に』に約40分の追加シーンを加えた新作映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の音楽を引き続き担当。既存の33曲に加え、新曲4曲と「たんぽぽ」の一部を新たにレコーディング[29]。また、自身の選曲による2枚組からなる初のベストアルバム『小鳥観察 Kotringo Best』をリリース[30]

2020年3月28日、「SAKURA MUSIC NIGHT - The Tree of Light feat.コトリンゴ -」と題した生配信ライブを行い、事前募集した桜の写真とのコラボレーションを実現させた。なお、当初は8万球のLEDが施されたデジタルアート作品「The Tree of Light -灯桜-」とその下に設置されたストリートピアノによるコラボレーションを予定していたが、雨天等により急遽会場が都内スタジオに変更された[31][32]

同年12月20日、『新しいオンラインフェスティバル・布博』 でのスペシャル音楽ライブ(配信ライブ)にて、CDやオリジナルグッズを販売するオフィシャルオンラインストア kotringo Online Store を開設した事を発表。

同年12月31日、KIBO宇宙放送局 にて生配信された宇宙ライブエンターテイメント番組『THE SPACE SUNRISE LIVE 2021』に生出演。地上スタジオ(テレビ東京 六本木第1スタジオ)から副田整歩のバリトンサックスと共に「こんにちは またあした」をピアノで生演奏・生歌唱し、その模様は国際宇宙ステーションISS)上に開設されたスタジオを経由し生配信された[33]

2021年1月23日、アルゼンチンのアーティストCribasと一緒に録音した「Ludmila」(同じくアルゼンチンのルイス・アルベルト・スピネッタ(Luis Alberto Spinetta)のスピネッタ(Spinetta Jade)名義の楽曲カバー)を彼の誕生日に合わせてYouTubeにて公開[34][35]

同年3月19日、公式YouTubeチャンネル を開設[36]

同年3月29日放送の『いないいないばあっ!』(NHK Eテレ)より、toi toy toiとしてコーナー音楽、BGM、ジングルなど番組内の音楽の一部を担当[37][38]

同年3月31日、コトリンゴ名義としては初のライブ映像作品となる『小鳥一会「小鳥観察 kotringo Best」発売記念ライブ 2020』をリリース[39][注 1]

同年12月10日、当初2020年初夏公開予定[注 2] だった映画『さよなら、ティラノ[注 3] のエンディング曲「楽園をふたりで」をハナレグミと共に担当[40]

同年12月19日、湯山玲子プロデュースのもと、アルバム『ツバメ・ノヴェレッテ』を自身の手でオーケストラ化した「爆クラ! presents ツバメ・ノヴェレッテ ~コトリンゴ×首藤康之×オーケストラ・アンサンブル金沢で送る、新時代のダンス交響詩~」を高山市民文化会館 大ホールにて開催。 この公演ではコトリンゴは演奏・歌唱・詩の朗読を担当し、他に演奏をオーケストラ・アンサンブル金沢(指揮:鈴木織衛)、歌唱をTHE LEGENDの3人(志村糧一/吉田知明/菅原浩史)、ダンスによる白いツバメを首藤康之が演じた[41][42]

同年12月29日、30日、2022年1月1日の3回に渡り、自らが進行も務めたラジオ番組『コトリンゴパーク』(NHKラジオ第1NHK-FM)が放送。それぞれ「かわいい」「映画」「チャレンジ」をテーマに、トーク・選曲・演奏で構成され、この番組のために書き下ろされたテーマ曲やジングルの他、演奏ではピアノと歌唱による新録されたものが披露された[43]

2022年1月、広島電鉄とON THE TRIPによるまち歩きオーディオガイドコンテンツ『あなたがそこで降りるなら』用に、テーマソング「あなたがここでおりるなら」と5つの駅をイメージした楽曲を制作。このテーマソングはGPS機能によって広島の実地でないと聴く事ができない仕様になっている他、位置情報を使用したデジタルスタンプラリーを完成させることで、本人の直筆コメントを読む事ができるコンテンツとして提供された[44][45]

同年6月、湊かなえの小説『母性』が11月に映画公開されるのに伴い、音楽を担当する事が発表された[46]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2006年11月29日 こんにちは またあした RZCM-45470
2nd 2007年2月28日 にちよ待ち RZCM-45509
3rd 2013年3月5日 誰か私を RZCM-59564
4th 2019年10月11日 ここ 配信シングル
5th 2019年10月11日 また会うときは 配信シングル

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2007年6月27日 songs in the birdcage RZCM-45556
2008年1月23日 nemurugirl RZCM-45785
2008年9月10日 Sweet Nest RZCM-46010
2009年9月16日 trick & tweet RZCM-46317
2010年9月22日 picnic album 1 RZCM-46608 カバーアルバム
2011年1月19日 picnic album 2 RZCM-46713 カバーアルバム
2012年3月17日 La mémoire de mon RZCM-59012
2013年1月16日 ツバメ・ノヴェレッテ RZCM-59222
2014年4月30日 birdcore! RZCM-59575B(CD+DVD) 
RZCM-59576(CD)
2017年11月8日 雨の箱庭 KNW-001

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2019年12月18日 小鳥観察 Kotringo Best RZCM-86979

ライブアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2018年11月3日 Slow LIVE at HONMONJI ~箱庭でピチカート~ HSLCD-0001

サウンドトラック[編集]

※コトリンゴ個人名義のサウンドトラックのみ

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2010年12月8日 くまのがっこう 〜ジャッキーとケイティ〜 オリジナル・ソングブック RZCM-46679(初回生産限定盤)
RZCM-46680(通常盤)
2015年3月25日 Edible melodies〜TVアニメ「幸腹グラフィティ」オリジナルサウンドトラック〜 VTCL-60393
2016年11月9日 映画『この世界の片隅に』 オリジナルサウンドトラック VTCL-60438
2018年10月24日 旅猫リポート オリジナル・サウンドトラック SOST-1032
2019年5月31日 同居人はひざ、時々、頭のうえ。 オリジナル・サウンドトラック EYCA-12312
2019年12月18日 映画『この世界の片隅に』 さらにいくつものサウンドトラック VTCL-60514
2019年08月07日 NHKプレミアムドラマ 長閑の庭 オリジナル・サウンドトラック KNW-002
2020年3月5日 NHK信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」オリジナル・サウンドトラック
映画「母性」オリジナル・サウンドトラック

Blu-ray・DVD[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2021年3月31日 小鳥一会「小鳥観察 kotringo Best」発売記念ライブ 2020(DVD) KNW-003


参加作品[編集]

  • AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND『WORLD CLASS』(2008年9月24日)
    • 13.「What Does That Look Like? feat. コトリンゴ」
  • YMCK & DE DE MOUSE『DOWN TOWN』(2008年9月24日)
  • V.A.『旅と音楽と、』(2008年11月5日)
  • V.A.『雪と花の子守唄 〜バカラック・ララバイ集〜』(2009年3月10日)
  • FreeTEMPO『COVERS』(2009年9月9日)
    • 6.「Stars」(FreeTEMPO)
  • ぷよぷよ7 オリジナルサウンドトラック』(2009年12月11日)
    • 41.「ぷよぷよのうた コトリンゴCMバージョン」
  • V.A.『BECK THE MOVIE Soundtrack』(2010年9月15日)
    • 1.「コユキ」
    • 4.「ダッシュ」
    • 12.「コユキとサク」
    • 14.「キス~登校」
    • 18.「トライアングル」
    • 21.「体育館前」
    • 23.「すれ違い」
    • 26.「ステージへ」
    • 27.「コユキとマホ」
  • V.A.『Christmas Songs』(2010年11月17日)
    • 6.「Sleigh Ride (そりすべり) 」
  • V.A.『Re: TTLE CREATURES』(2011年1月19日)
  • コトリンゴ『ちいさなあなたへ』(2011年4月27日)
    • 1.「ちいさなあなたへ」[注 29]
  • mito『DAWNS』(2011年5月18日)
    • 3.「montage」
  • V.A.『Happy Holidays! 〜CITY POPS COVERS〜』(2011年12月14日)
    • 3.「う、ふ、ふ、ふ」(EPO
  • V.A.『BEST OF GALAXY MUSIC』(2012年1月25日)
  • 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET『The Great Escape』(2012年9月26日)
    • 3.「ウィークエンド -Theme From The Great Escape-」
  • 坂本龍一 + コトリンゴ 『新しい靴を買わなくちゃ オリジナル・サウンドトラック』(2012年10月17日)
    • 1.「Menuet K. 1 - piu mosso」 / 坂本龍一
    • 2.「Hint」 / 坂本龍一
    • 3.「Chaussures Neuves」 / コトリンゴ
    • 4.「Champs - Élysées'」 / コトリンゴ
    • 5.「Hotel」 / コトリンゴ
    • 6.「Sol e Mar」/ Vinicius Cantuaria
    • 7.「Bar」 / コトリンゴ
    • 8.「Fashion Show」 / コトリンゴ
    • 9.「Kitchen」 / コトリンゴ
    • 10.「La Seine」 / コトリンゴ
    • 11.「Menuet K.1 - meno mosso」 / 坂本龍一
    • 12.「On the Boat」 / 坂本龍一
    • 13.「Seperation」 / 坂本龍一
    • 14.「新しい靴を買わなくちゃ」 / 坂本龍一
  • V.A.『TOWER RECORDS CAFE -shibuya smooth music-』(2012年11月28日)
  • SONG for LIGHT UP NIPPON『Light Up Nippon〜空に花、大地に花〜』(2013年7月10日)
  • mito/横山克『「心が叫びたがってるんだ。」オリジナルサウンドトラック』(2015年9月16日)
  • ELEVENPLAY 『MOSAIC Original Sound Track』(2015年)
    • 8.「あたま、こころ」
  • C.O.S.A. x KID FRESINO『Somewhere』(2016年7月20日)
    • 4.「Swing at somewhere feat. コトリンゴ」
  • V.A.『FLOWER もみじ市10周年記念アルバム』
    • 2.「The Trolley Song」
  • 伊藤真澄 『TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』オリジナルサウンドトラック「小林さんちのイシュカン・ミュージック」』(2017年4月12日)
    • -Disc1-
      • 6.「ドラゴン探検隊」
      • 11.「謎のドラゴン、エルマ」
    • -Disc2-
      • 12.「心の距離」
      • 21.「おやすみ、また明日」
  • toi toy toi『Chant』(2017年5月24日)
    • 1.「Chant (kotringo edition)」(『アリスと蔵六』エンディングテーマ)
    • 2. 「あいのかたち」(『アリスと蔵六』挿入歌・作詞)
  • toe『That’s Another Story』(2018年1時24日)
    • 01.「He Passed Deeply (Feat. コトリンゴ)」
  • 松本淳一『TVアニメーション「魔法使いの嫁」オリジナルサウンドトラック2』(2018年3月28日)
  • 蓮沼執太『windandwindows』(2018年4月14日)
    • 5.「My Philosophy with kotringo」
  • コトリンゴ kotringo with María Paula Torre『旅する小鳥たち Pájaros Viajeros』(2018年)[注 32]
    • 1.「Calling」(music & arrangement: kotringo / lyrics: María Paula Torre & kotringo / piano, vocal & programming: kotringo)
    • 2.「classroom」(music & lyrics: kotringo / arrangement: María Paula Torre / piano, vocal: kotringo)
    • 3.「Milonga pa’ presentarme」(music, lyrics & arrangement: María Paula Torre / melodica, vocal: kotringo)
  • PAULA Y LOS PAJAROS『LO INVISIBLE』(2019年7月13日)
    • 10.「Calling (with コトリンゴ)」
  • さよなら、ティラノ』オリジナル・サウンドトラック(2020年4月15日)
    • 34.「楽園をふたりで」ハナレグミ&コトリンゴ(作詞:坂本慎太郎/作曲:コトリンゴ/プロデュース:コトリンゴ・坂本龍一)
  • MUSIC UNITES AGAINST COVID-19(2020年4月28日)
  • The Okura TOKYO Wedding(2020年4月30日)
  • toi toy toi『さよならアンブレラ』(2020年6月27日)
    • 「さよならアンブレラ」(作詞:Babi、コトリンゴ/作曲:伊藤真澄)
  • kotringo コトリンゴ & Cribas「ludmila (L.A. Spinetta) 」(2021年1月23日)[注 35]
  • 上田麗奈『Nebula』(2021年8月18日)[注 36][50][51]
    • 6.「デスコロール」(作詞:良原リエ/作曲・編曲:Babi)
    • 10.「wall」(作詞・作曲・編曲:コトリンゴ)
  • 伊藤真澄、近藤研二、コトリンゴ 『TVアニメ『小林さんちのメイドラゴンS』オリジナルサウンドトラック「イシュカン・ミュージックS」』(2021年9月29日)
    • -Disc1-
      • 11.「初めての気持ち」
      • 12.「ドラゴン探偵」
    • -Disc2-
      • 6.「破壊欲」
      • 9.「不気味な気配」
      • 10.「寂しい心」
      • 11.「昔の記憶」
      • 12.「目新しい世界」
  • FreeTEMPO『Sekai』(2021年9月8日)
    • 10.「Sendai (feat. コトリンゴ)」[52]
  • つじあやの『HELLO WOMAN』(2022年1月6日)
    • 9.「にじ」(編曲・楽曲プロデュース[53]:コトリンゴ)
  • ON THE TRIP 広電まち歩き「あなたがそこで降りるなら」(2022年1月28日)
    • 「あなたがここでおりるなら」(作詞・作曲・編曲:コトリンゴ)[注 37][54]
  • アニメ『コタローは1人暮らし』(2022年3月10日)
    • 「小さな手のひら」(作詞・作曲・編曲:コトリンゴ)[注 38][55]
  • V.A『FM STATION 8090 ~CITYPOP & J-POP~ by Kamasami Kong』(2022年7月20日)
    • 7.「う、ふ、ふ、ふ」(EPO

楽曲提供[編集]

  • 南波志帆『君に届くかな、私。』(2009年9月15日)
    • 3.「クラスメイト」
  • 南波志帆『ごめんね、私。』(2010年6月23日)
    • 3.「会いたい、会いたくない」
  • 豊崎愛生Love your life,love my life』(2011年6月1日)
    • 5.「march」
  • 南波志帆『水色ジェネレーション』(2011年7月20日)
    • 5.「みっつの涙」
    • 8.「ふたりのけんか」
  • 豊崎愛生『music
    • 1.「music」(共編曲)
  • 南波志帆『乙女失格。』(2012年12月5日)
    • 9.「anselm」
    • 10.「まつひと」
  • 中島愛Thank You』(2014年2月26日)
    • 12.「とうめいにんげん」
  • KIRINJI 『11』(2014年8月7日)
  • 牧野由依『タビノオト』(2015年10月7日)
    • 11.「太陽を巡って」(作・編曲)
    • 13.「まわる まわる」(作・編曲)
  • KIRINJI『EXTRA 11』(2015年11月11日)
  • 蓮沼執太『メロディーズ』(2016年2月3日)
    • 6.「テレポート」(共作曲)
  • 豊崎愛生『all time Lovin'』(2016年3月23日)
    • 1.「銀河ステーション」(作詞)
  • KIRINJI『ネオ』(2016年8月3日)
    • 6.「日々是観光」(作曲)
  • 요조(YOZOH), 생각의 여름(Summer of Thoughts)『낙원으로 둘이서 (영화 ‘안녕, 티라노: 영원히, 함께’ OST 수록곡)』(2019年7月20日)
    • 「낙원으로 둘이서」(作編曲)[注 39]
  • 上田麗奈『Nebula』(2021年8月18日)[50][51]
    • 10.「wall」(作詞・作曲・編曲)

劇伴[編集]

ライブ・イベント[編集]

【2009年】

【2010年】

【2011年】

【2012年】

【2013年】

【2014年】

【2015年】

【2016年】

【2017年】

【2018年】

【2019年】

【2020年】

【2021年】

【2022年】

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • FreeTEMPO RADIO SEASON1 #6(2021年9月29日、FreeTEMPO YouTube Channel)
  • コトリンゴパーク「かわいい」「映画」「チャレンジ」(2021年12月29日・12月30日・2022年1月1日、NHKラジオ第1NHK-FM
  • LIVE IN CLOVER ~HELLO WOMAN Special Edition~(2022年1月9日、α-STATION) - つじあやのアルバム『HELLO WOMAN』発売の特別番組。コトリンゴは楽曲「にじ」の編曲・楽曲プロデュース[53]で参加した為、コメント出演。

配信[編集]

  • KIBO宇宙放送局「THE SPACE SUNRISE LIVE 2021」(2020年12月31日、KIBO宇宙放送局)[33]

楽譜、関連書籍[編集]

  1. 悲しくてやりきれない
  2. 隣組
  3. みぎてのうた
  4. たんぽぽ
  5. すずさん

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “コトリンゴ | artists | artists/labels/projects | commmons”. commmons (commmons). (2014年6月18日). http://www.commmons.com/alp/artists/kotringo/ 2019年10月2日閲覧。 
  2. ^ “コトリンゴ、ドラマ『明日、ママがいない』主題歌「誰か私を」ミュージックビデオ公開”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年2月19日). http://www.barks.jp/news/?id=1000100379 2019年10月2日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i “【People of Sound】第27回 コトリンゴさん(アーティスト)”. Rock oN Company. (2013年1月18日). http://media.miroc.co.jp/magazine/people/kotringo/ 2021年6月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d “J-WAVE WEBSITE : SAPPORO BEER OTOAJITO”. SAPPORO BEER OTOAJITO (J-WAVE). (2020年1月25日). https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/371.html 2020年2月2日閲覧。 
  5. ^ kotringo [@kotringo717] (2020年10月10日). "南波志帆ちゃんが縁を繋いでくれて、うちに猫ちゃんがやってきました". Instagramより2022年1月17日閲覧
  6. ^ kotringo [@kotringo717] (2021年10月28日). "改めまして、新しくやって来たまちこです。". Instagramより2022年1月17日閲覧
  7. ^ “音楽家 コトリンゴさん”. ALL GOOD FRIDAY (J-WAVE). (2020年3月13日). https://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/girls/index_200313.html 2021年3月18日閲覧。 
  8. ^ “commmons SPECIAL|【#011】コトリンゴ×おおはた雄一 おふたりさま対談|commmons”. commmons (commmons). (2009年9月16日). https://www.commmons.com/commmonsmag/special/sp11_1.html 2019年10月2日閲覧。 
  9. ^ “コトリンゴ、KIRINJI脱退を発表 ソロとバンド「どちらも半端な気持ちでは出来ない」”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2017年11月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2100928/full/ 2019年10月2日閲覧。 
  10. ^ “第71回毎日映画コンクール 心に迫る一本 日本映画大賞・日本映画優秀賞候補作”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2016年12月16日). http://mainichi.jp/articles/20161216/dde/010/200/040000c 2019年10月2日閲覧。 
  11. ^ “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年1月19日). https://natalie.mu/eiga/news/217340 2019年10月2日閲覧。 
  12. ^ “第40回 日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞 (日本アカデミー賞協会). (2017年7月23日). http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/40.html 2019年10月2日閲覧。 
  13. ^ “今年も笑いと感動を呼んだなにわの「アカデミー賞」。おおさかシネマフェスティバル2017表彰式を振り返って。”. シネルフレ (シネルフレ). (2017年3月). http://cineref.com/festival/2017/03/oocf2017.html 2019年10月2日閲覧。 
  14. ^ “コトリンゴらユニットtoi toy toiが初CDリリース、「アリスと蔵六」EDに決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月16日). https://natalie.mu/music/news/224832 2019年10月2日閲覧。 
  15. ^ “コトリンゴの約3年半ぶり新アルバム『雨の箱庭』11月発売 ツアーも”. CINRA.NET (CINRA. inc). (2017年9月20日). https://www.cinra.net/news/20170920-kotringo#expand-137622 2019年10月2日閲覧。 
  16. ^ “コトリンゴ、初となる海外ツアー南米アルゼンチン公演が各地大盛況!”. POPSCENE (POPSCENE). (2018年11月12日). https://popscene.jp/foundit/041575.html 2019年10月2日閲覧。 
  17. ^ “高畑充希「旅猫リポート」で福士蒼汰の相棒猫ナナに!音楽はコトリンゴ”. 映画.com (映画.com). (2018年3月15日). https://eiga.com/news/20180315/1/ 2020年5月14日閲覧。 
  18. ^ “福士蒼汰「旅猫リポート」特報解禁、高畑充希が猫の心の声を担当”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年3月15日). https://natalie.mu/eiga/news/273510 2020年5月14日閲覧。 
  19. ^ “コトリンゴ、池上本門寺アコースティックライブ収録したアルバム発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月31日). https://natalie.mu/music/news/297671 2019年10月2日閲覧。 
  20. ^ “ホットスタッフ・プロモーションが新レーベル設立、第一弾はコトリンゴの初ライブ盤”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2018年8月31日). https://www.barks.jp/news/?id=1000159285 2019年10月2日閲覧。 
  21. ^ “PAULA Y LOS PAJAROS LO INVISIBLE パウラ・イ・ロス・パハロス ロ・インビジブル(目に見えざるもの) [IND PL002] : ラティーナオンライン”. LATINA Online (株式会社ラティーナ). (2018年8月). http://latina.co.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=0&products_id=23849 2019年10月2日閲覧。 
  22. ^ “LO INVISIBLE/PAULA Y LOS PAJAROS/パウラ・イ・ロス・パハロス/CDのみボーナストラックとしてコトリンゴとの共演曲を収録!|LATIN / BRAZIL|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. diskunion.net (ディスクユニオン). (2014年12月1日). https://diskunion.net/latin/ct/detail/1007912628 2019年10月2日閲覧。 
  23. ^ a b コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2019年7月24日). "手塚プロ製作の『My TYRANO:Together, Forever』。劇中音楽は坂本龍一さん。エンディングは坂本さんプロデュース・坂本慎太郎さん作詞で「楽園をふたりで」を作編曲しました。" (ツイート). Twitterより2021年5月30日閲覧
  24. ^ a b YouTube [MV] 요조, 생각의 여름 - 낙원으로 둘이서 My TYRANO: Together, Forever (영화 ‘안녕, 티라노: 영원히, 함께’ OST 수록곡)内クレジット記載“Translated by YOZOH”より。
  25. ^ 映画「駅までの道をおしえて」公式アカウント [@ekimade_movie] (2019年7月17日). "只今コトリンゴ さん主題歌の予告が解禁しました!" (ツイート). Twitterより2021年5月30日閲覧
  26. ^ “新津ちせ、撮影中にみるみる成長!『駅までの道をおしえて』コトリンゴ主題歌入り予告”. cinemacafe.net (イード). (2019年7月17日). https://s.cinemacafe.net/article/2019/07/17/62592.html 2019年10月2日閲覧。 
  27. ^ “映画『駅までの道をおしえて』主題歌はコトリンゴ“ここ” 予告編公開”. CINRA.NET. (2019年7月17日). https://www.cinra.net/news/20190717-ekimadenomichi 2020年5月14日閲覧。 
  28. ^ コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2019年7月18日). "10月18日公開の「駅までの道をおしえて」の主題歌と挿入歌を担当いたしました。" (ツイート). Twitterより2021年5月30日閲覧
  29. ^ “のんがコトリンゴの生演奏に興奮「何度も鳥肌が」、片渕須直の“脅し”も明かす”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年12月9日). https://natalie.mu/eiga/news/358722 2020年5月4日閲覧。 
  30. ^ “コトリンゴ、自身の選曲によるベストアルバム『小鳥観察 Kotringo Best』12月18日発売!オリジナル編とカバー/コラボ編の2枚組!”. タワーレコード (Tower Records Japan Inc.). (2019年10月29日). https://tower.jp/article/feature_item/2019/10/29/0701 2020年5月4日閲覧。 
  31. ^ “コトリンゴ、光る桜の木の下からライブ生配信「皆さんに春が届きますように」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年3月24日). https://natalie.mu/music/news/372569 2020年3月29日閲覧。 
  32. ^ “来年の春は笑顔でまた会いましょう。 配信ライブ「The Tree of Light feat.コトリンゴ」が見せた、満開の桜と希望。」”. Bridgine Collaboration Magazine (Bridgine). (2020年4月29日). https://www.bridgine.com/2020/04/28/kotringo/ 2020年4月29日閲覧。 
  33. ^ a b “ジャルジャルが夢を実現!世界初の「宇宙でコント」。矢野顕子、岡崎体育、コトリンゴが宇宙から音楽をお届け!”. PRTIMES. (2020年12月29日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000059561.html 2021年1月10日閲覧。 
  34. ^ a b コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2021年1月24日). "アルゼンチンのCribas と録音したSpinettaの楽曲"Ludmila"カバーが公開になりました。" (ツイート). Twitterより2021年5月30日閲覧
  35. ^ a b “La cantante japonesa y la banda platense grabaron "Ludmila", de Jade Kotringo, Cribas y el aura de Spinetta En el marco de una gira por Japón, registraron una versión audiovisual que subieron a YouTube. El Flaco y Kotringo se manifestaban una admiración mutua.”. página12 (2000-2021 www.pagina12.com.ar). (2021年3月19日). https://www.pagina12.com.ar/330356-kotringo-cribas-y-el-aura-de-spinetta 2021年5月6日閲覧。 
  36. ^ コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2021年3月19日). "コトリの公式youtubeチャンネルをオープンしました" (ツイート). Twitterより2021年5月30日閲覧
  37. ^ コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2021年4月1日). "トイトイトイで「いないいないばあ」の音楽作りました。" (ツイート). Twitterより2021年5月30日閲覧
  38. ^ kotringo [@kotringo717] (2021年4月3日). "nhk Eテレ「いないいないばあっ!」 toitoytoiで番組内の音楽を制作しました。". Instagramより2022年1月17日閲覧
  39. ^ kotringo [@kotringo717] (2021年2月20日). "ライブDVDのお知らせです". Instagramより2022年1月17日閲覧
  40. ^ “ハナレグミ&コトリンゴが歌う「さよなら、ティラノ」エンディング曲のMV公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年4月14日). https://natalie.mu/eiga/news/375271 2020年6月5日閲覧。 
  41. ^ “コトリンゴの『ツバメ・ノヴェレッテ』がオーケストラ化、12月に初披露”. Billboard. (2021年10月19日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/105013 2021年12月20日閲覧。 
  42. ^ kotringo [@kotringo717] (2021年10月21日). "ツバメ・ノヴェレッテをもとに、オーケストラ作品を作りました。". Instagramより2022年1月17日閲覧
  43. ^ kotringo [@kotringo717] (2021年12月24日). "NHKラジオR1&FMにて、「コトリンゴパーク」放送です". Instagramより2022年2月6日閲覧
  44. ^ “「あなたがそこで降りるなら」コトリンゴの旅のテーマソングから始まる、まち歩きガイド”. PRTIMES. (2022年4月6日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000036557.html 2022年4月17日閲覧。 
  45. ^ kotringo [@kotringo717] (2022年2月4日). "「ON THE TRIP」アプリ内の"広電まち歩き"の楽曲を書き下ろしました。". Instagramより2022年4月17日閲覧
  46. ^ “戸田恵梨香と永野芽郁が母娘共演、湊かなえ原作「母性」11月公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年6月6日). https://natalie.mu/eiga/news/480389 2022年6月6日閲覧。 
  47. ^ “toe、ライヴハウス支援プロジェクト「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」スタート。東京事変、ナンバガ、バンアパ、Chara、BRAHMAN、the HIATUS、スチャダラ、石野卓球ら参加”. タワーレコード (Tower Records Japan Inc.). (2020年4月28日). https://tower.jp/article/news/2020/04/20/tg012/ 2020年4月29日閲覧。 
  48. ^ “The Okura TOKYOのWeddingムービーの音楽が公開になりました。”. Facebook (@kotringo コトリンゴ kotringo). (2020年5月3日). https://www.facebook.com/kotringo/posts/3175093409182112 2020年5月4日閲覧。 
  49. ^ “The Okura TOKYOのWedding short movie”. Instagram (@kotringo717 kotringo). (2020年5月12日). https://www.instagram.com/p/CACk0R9pu0u/ 2020年5月14日閲覧。 
  50. ^ a b “上田麗奈|New Album "Nebula" 新アーティスト写真・ジャケット写真・楽曲情報・MV公開!”. ランティス (バンダイナムコアーツ). (2021年6月21日). https://www.lantis.jp/news.php?id=1624201200 2021年7月2日閲覧。 
  51. ^ a b コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2021年6月21日). "上田麗奈さんのアルバム"Nebula"、トイトイトイでお声がけいただき楽曲制作しました。babi さん、リエさんは"デスコロール"、真澄さんと私担当は"wall"という曲です。演奏とコーラスはトイトイトイの皆さんと一緒に。" (ツイート). Twitterより2021年7月2日閲覧
  52. ^ コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2021年8月20日). "FreeTEMPOさんのニューアルバム「Sekai」、「SENDAI」の歌唱で参加いたしました。" (ツイート). Twitterより2021年9月8日閲覧
  53. ^ a b つじあやの [@tsujiayano.ukulele] (2021年2月21日). "おはようございます。昨日はプロデューサーにコトリンゴさんをお迎えしてレコーディングしました!とっても可愛いらしい、素敵な作品になりそうですよー!". Instagramより2022年6月6日閲覧
  54. ^ kotringo [@kotringo717] (2022年2月4日). "「ON THE TRIP」アプリ内の"広電まち歩き"の楽曲を書き下ろしました。". Instagramより2022年3月28日閲覧
  55. ^ コトリンゴ kotringo [@kotringo] (2022年2月13日). "とても切なく優しくすてきなお話です。気がついたらコタローの話し方がうつってしまうぞよ。エンディング曲を担当いたしました🙏" (ツイート). Twitterより2022年3月28日閲覧
  56. ^ 【Set List】 【第一部】 雨あがる/ ojos azules/ 漂う感情/ AGUA CLARA/ TOTO/ BARRILETE/ RAYUELA/ BICICLETA/ LAS TRES MARIAS/ FRANO/ GOYO/ BILOBA/ 【第二部】 こんにちは またあした/ 迷子になった女の子/ hoshikuzu/ Preamble/ こどものせかい/ classroom/ たんぽぽ/ わたしの居場所/ 悲しくてやりきれない/ 蝶 -Mariposa-/ (enc.)Ludmila
  57. ^ 【Set List】 雨の日/ 予感/ 雨あがる/ ツバメが飛ぶうた/ 漂う感情/ 悲しくてやりきれない/ Light Up Nippon/ こどものせかい/ classroom/ おいでよ/ たんぽぽ/ わたしの居場所/ hanabi
  58. ^ 【Set List】 Light Up Nippon/ こんにちは またあした/ 誰か私を
  59. ^ 【Set List】 雨あがる/ 雨の日/ こんにちは またあした/ ツバメが飛ぶうた/ 予感/ 悲しくてやりきれない/ classroom/ たんぽぽ
  60. ^ 【Set List】 雨あがる/ A girl/ 恋の定義 (from 長閑の庭)/ 漂う感情/ ツバメ号/ DOOR/ classroom/ たんぽぽ/ (enc.)こどものせかい
  61. ^ 【Set List】 雨の日/ こんにちは またあした/ かいじゅう/ ツバメが飛ぶうた/ 悲しくてやりきれない/ ごはんの支度/ テーラー兄弟/ きせきは/ かんとくさん/ 恋とマシンガン/ おいでよ/ わたしの居場所
  62. ^ 【Set List】 雨あがる/ 漂う感情/ にちよ待ち/ hoshikuzu/ 友達になれるかな?/ Preamble/ To do/ chocolate/ STARS/ かんとくさん/ hedgehog/ こどものせかい/ 悲しくてやりきれない/ Today is yours/ classroom/ たんぽぽ/ おいでよ/ ここ/ わたしの居場所/ to stanford/ こんにちは またあした
  63. ^ 【Set List】 ジルコニア/ 木馬のチロリアン/ メイドラゴンのテーマ/ 不思議の国のアルパカ/ Door ~Winter trip~/ さよならアンブレラ/ 木ノ実ドロボウ/ Pumpkin Moonshine/ ファンシー魔女/ Snow Dance/ ボレロ/ タンバリンと踊り子/ シノワズリ/ あいのかたち/ Chant/ Flip Flappin/ クシコスポスト
  64. ^ 【Set List】 恋の定義 (from 長閑の庭)/ こんにちは またあした/ ごはんの支度/ 悲しくてやりきれない/ 漂う感情/ Sleigh Ride/ かんとくさん/ こどものせかい/ たんぽぽ/ classroom
  65. ^ 【Set List】 雨の日/ こんにちは またあした/ Sleigh Ride/ 雨あがる/ runaway girl/ 漂う感情/ Door/ 待つ人/ わたしの居場所/ みっつの涙/ 雨をよぶひと/ In dulci jubilo もろびと声あげ(オルガン)/ クリスマス(オルガン)/ ツバメが飛ぶうた/ Preamble/ 悲しくてやりきれない/ rattlebox/ きせきは/ こどものせかい/ hoshikuzu/ classroom/ おいでよ/ たんぽぽ/ 白い鳥/ Have Yourself A Merry Little Christmas/
  66. ^ 【Set List】 雨の日/ こんにちは またあした/ Sleigh Ride/ 雨あがる/ runaway girl/ 漂う感情/ 誰か私を/ Door/ わたしの居場所/ みっつの涙/ 雨をよぶひと/ クリスマス(オルガン)/ ツバメが飛ぶうた/ Preamble/ 悲しくてやりきれない/ rattlebox/ きせきは/ こどものせかい/ hoshikuzu/ classroom/ たんぽぽ/ 白い鳥/ Have Yourself A Merry Little Christmas/
  67. ^ 【Set List】 雨の日/ こんにちは またあした/ 恋の定義 (from 長閑の庭)/ 雨あがる/ runaway girl/ ツバメが飛ぶうた/ Preamble/ 僕らの旅 (from 旅猫リポート)/ 幸腹グラフィティのテーマ/ ごはんの支度/ 悲しくてやりきれない/ DOOR/ また会うときは/ すずさん/ かんとくさん/ テーラー兄弟/ hoshikuzu/ classroom/ おいでよ (シゲさんバージョン)/ たんぽぽ/ くまのこジャッキーのテーマ/ こどものせかい/ わたしの居場所/
  68. ^ 【Set List】 hedgehog/ ねずみくんとかえるくん (くまのがっこう 〜ジャッキーとケイティ〜)/ 恋の定義 (長閑の庭)/ 雨あがる/ こんにちは またあした/ Preamble/ ツバメが飛ぶうた/ テーラー兄弟/ runaway girl/ 僕らの旅 (旅猫リポート)/ 幸腹グラフィティのテーマ/ 試験栽培/ ごはんの支度/ 悲しくてやりきれない/ すずさん/ DOOR/ また会うときは (駅までの道をおしえて)/ くまの子ジャッキーのテーマ/ hoshikuzu/ classroom/ たんぽぽ/ 右手のうた/ わたしの居場所/ 奇跡は (旅猫リポート)/ かんとくさん/ falalafala/
  69. ^ 【Set List】 かいじゅう/ Calling/ 雨あがる/ ツバメが飛ぶうた/ Let me awake/ closet/ 渚 (スピッツ)/ 魚/ 漂う感情/ こんにちは またあした/ かんとくさん/ テーラー兄弟/ Preamble/ 悲しくてやりきれない/ DOOR/ hoshikuzu/ classroom/ おいでよ/ わたしの居場所/ New day/ たんぽぽ/
  70. ^ 【Set List】 Umi/Preamble/ ツバメが飛ぶうた/ Port town/ Let me awake/ Interlude 〜 Rainy day 〜/ テーラー兄弟/ Lost shoes/ 冬を待つうた/
  71. ^ 【Set List】(出演時のみ) つくりごと/ にじ/ Killer Queen/
  72. ^ “「“この世界の片隅に”コトリンゴの映画音楽」が全国で放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年8月12日). https://amp.natalie.mu/eiga/news/243951 2021年3月18日閲覧。 
  73. ^ a b “信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」|NHK長野放送局”. NHK長野 (NHK). (2019年10月21日). https://www.nhk.or.jp/nagano/pinboke/index.html 2021年3月18日閲覧。 
  74. ^ “知るしん 信州を知るテレビ”. NHK長野 (NHK). (2020年2月7日). https://www4.nhk.or.jp/P2844/x/2020-02-07/21/41222/8203339/ 2021年3月18日閲覧。 
  75. ^ “被爆75年のヒロシマへ コトリンゴが贈る 音楽のプレゼント”. NHK広島 (NHK). (2020年6月12日). https://www.nhk.or.jp/hiroshima/hibaku75/kotoringo/ 2021年3月18日閲覧。 
  76. ^ “「れいわのへいわソング FROM HIROSHIMA」再放送決定!”. NHK広島 (NHK). (2020年6月12日). https://www.nhk.or.jp/hiroshima/hibaku75/kotoringo/ 2021年3月18日閲覧。 
  77. ^ “「コトリンゴのりんごのポロポロケーキ」”. グレーテルのかまど (NHK). (2021年3月18日). https://www.nhk.jp/p/kamado/ts/VNWVWYKX3Q/episode/te/P85JR9Z57P/ 2021年3月18日閲覧。 
  78. ^ “~コトリンゴのりんごのポロポロケーキ~より”. グレーテルのかまど (NHK). (2021年3月18日). https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/325.html 2021年3月18日閲覧。 
  79. ^ “クラシック音楽館 大友良英presents 武満徹の“うた””. クラシック音楽館 (NHK). (2021年9月15日). https://www.nhk.jp/p/ongakukan/ts/69WR9WJKM4/episode/te/2ZG81PW62K/ 2021年9月15日閲覧。 

注釈[編集]

  1. ^ 2020年11月7日に大手町三井ホールにて行われた『小鳥観察 kotringo Best』発売記念ライブの模様を映像化した作品。
  2. ^ 新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開は延期。
  3. ^ 2019年8月にエンディング曲「낙원으로 둘이서(楽園をふたりで)」の作編曲で参加した韓国で公開の日本・中国・韓国の三か国共同制作のアニメーション映画『안녕, 티라노: 영원히, 함께(My TYRANO: Together, Forever)』の日本版映画。
  4. ^ a b c 月桂冠「つき」CMソング。
  5. ^ a b c 明日、ママがいない』(日本テレビ)主題歌。
  6. ^ 映画『駅までの道をおしえて』主題歌。
  7. ^ 映画『駅までの道をおしえて』挿入歌。
  8. ^ 大塚ベバレジ『天空烏龍茶』CMソング。
  9. ^ ミスタードーナツCMソング。
  10. ^ 伊藤園『天然美香ジャスミン茶』CMソング。
  11. ^ 坂本龍一が(インストゥルメンタルとして)カバー。アルバム『アウト・オブ・ノイズ』に収録。
  12. ^ 『しあわせロハス』(BS朝日エンディングテーマ。
  13. ^ 『恋時雨』(フジテレビテーマソング。(第一話「失恋のしかた」オープニングテーマ)
  14. ^ 日産 MOCO CMソング。
  15. ^ a b 映画『マイマイ新子と千年の魔法主題歌
  16. ^ a b PanasonicVIERA Global」CMソング。
  17. ^ 南波志帆への提供曲(アルバム『水色ジェネレーション』収録)のセルフカバー
  18. ^ ゲストボーカル:小池光子(ビューティフルハミングバード
  19. ^ Hello!フォト☆ラバーズ 〜ミル・トル・アルク〜』(BS朝日)エンディングテーマ。
  20. ^ ELEVENPLAY Dance Installation『MOSAIC』音楽。
  21. ^ 旭化成ホームズ ヘーベルハウス「あたらしい二世帯にかえろう。」CMソング。
  22. ^ a b 100万円の女たち』(テレビ東京)主題歌。
  23. ^ a b c 5.8.9.は自身が坂本龍一と共に音楽を担当を担当したドキュメンタリー映画『LIGHT UP NIPPON-日本を照らした奇跡の花火-』の使用曲。
  24. ^ 映画『旅猫リポート』挿入歌。
  25. ^ 映画『旅猫リポート』主題歌。
  26. ^ a b c d この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の為に新たに書き下ろされた曲。
  27. ^ ドキュメンタリー映画『監督・片渕須直の仕事』テーマ曲。
  28. ^ toe feat.コトリンゴ名義
  29. ^ アニメDVD「ちいさなあなたへ〜Someday〜」イメージソング、配信限定
  30. ^ Apple Music 配信限定
  31. ^ mabanua feat. コトリンゴ名義
  32. ^ kotringo Online Store とライブ会場のみの限定発売CD
  33. ^ ロックバンド”toe“発起によるライブハウス支援プロジェクト用に提供された曲[47]
  34. ^ The Okura Tokyo Wedding公式ウェブサイトのムービー用に提供された楽曲
  35. ^ アルゼンチンのアーティストSpinetta(Spinetta JadeLuis Alberto Spinettaの別名義))の楽曲「Ludmila」のカバー[34][35]
  36. ^ 上田麗奈のアルバム「Nebula」にtoi toy toiとして参加。楽曲は2チームに分かれて制作され「デスコロール」「wall」共に、演奏とコーラスはtoi toy toiの4人が担当。
  37. ^ 広島電鉄をテーマに書き下ろした旅のテーマソング
  38. ^ アニメ『コタローは1人暮らし』のエンディングテーマ曲
  39. ^ 2019年8月、韓国で公開の日本・中国・韓国の三か国共同制作アニメーション映画『안녕, 티라노: 영원히, 함께』の作編曲を担当したエンディング曲[23]。朝鮮語翻訳は요조(YOZOH)が担当[24]
  40. ^ 一部を担当。
  41. ^ 坂本龍一と共同で担当。
  42. ^ 作曲及び、toi toy toi伊藤真澄、コトリンゴ、Babi良原リエによるトイピアノカルテット)として演奏にも参加。
  43. ^ 伊藤真澄、近藤研二と共に音楽を担当。
  44. ^ 2017年6月2日に山口県を除いた中国地方のNHK放送局限定で放送された番組の完全版。
  45. ^ NHK総合での初回放送日は2021年12月20日。
  46. ^ NHK BSプレミアムでの初回放送日は2019年10月12日。NHK総合での初回放送日は2021年9月27日。

外部リンク[編集]