真珠郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真珠郎』(しんじゅろう)は、横溝正史の長編探偵小説で、探偵・由利麟太郎が活躍する作品である。

本作品を原作として、テレビドラマ3作品が制作されている。

概要[編集]

『真珠郎』は、第二次世界大戦前の1936年10月から1937年2月の5回にわたって雑誌『新青年』に連載された作品である。本作品の出版に当たり、江戸川乱歩は序文で「作者の従来の名作『鬼火』『蔵の中』古くは『面影草子』などには全く見られなかった一つの重大な魅力が加わって、その完璧さにおいて、横溝探偵小説の一つの頂点を為すものかも知れない」との賛辞を寄せている[1]

本作品は、作者の従来の耽美的作風をそのままに、怪奇ミステリの味わいと本格推理の謎解きとを巧みにブレンドした、作者の戦前の活動を代表する一篇であり、後に金田一ものへと発展する作風の原点となる作品である[2]

本作品において扱われる「首のない死体」について、江戸川乱歩は序文で本作品からイーデン・フィルポッツの『赤毛のレドメイン家』を連想し、本作品が『赤毛のレドメイン家』に匹敵する作品であると述べているが[1]、作者自身は本作品についてエラリー・クイーンの『エジプト十字架の謎』にヒントを得て書いたものであると述べている[3]

作者は『週刊プレイボーイ昭和50年10月28日号の“わたしの10冊”の9番目に本作品を挙げている[4]

なお、本作には原型となった未執筆作品が存在する。『新青年』1933年(昭和8年)7月号の巻頭読み切り作品として掲載される予定だった『死婚者』で、横溝が執筆中に喀血で倒れてしまい、執筆不能になってしまった。このため、水谷準編集長が持ち込み原稿として預かっていた小栗虫太郎の『完全犯罪』が、急遽代理原稿として掲載されることになる。その後、『死婚者』の材料をもとに、構想を改めて執筆されたものが本作『真珠郎』である[5]

あらすじ[編集]

7月の初めごろ、X大学の講師である椎名耕助は、夕暮れの雑木越しに空に浮かぶ夕焼け雲がサロメの前に差し出されたヨカナーンの首そっくりに見えて、ぎょっとして立ちすくむ。そこへ通りかかった同僚の乙骨三四郎に声をかけられた椎名は、夕雲を指し示してヨカナーンの首に見えるという話をする。

その数日後、椎名は乙骨に誘われて2人で信州に旅行に出かける。そして旅行先の温泉宿で、姪と2人暮らしの鵜藤氏という医者がN湖畔の邸の一室を貸し出す相手を探しているという話を聞き、その邸を訪れることにする。ところが途中、バスに乗り込んできた老婆から、Nに行くのはやめるように言われ、「お前さんたちの身の周りに、今に恐ろしい血の雨が降る。Nの湖水が、血で真っ赤になる。」と予言される。

しかし、元は娼家であった春興楼(しゅんきょうろう)という邸での生活は、鵜藤の姪の由美の美しさに惹かれたこともあって初めのうちは満足していたが、そのうち邸の蔵にもう一人誰かが住んでいる様子を感じるようになる。そして数日後の真夜中、椎名と乙骨は障子の隙間から、水に濡れた美少年が柳の樹の下に立っているのを目にする。その類い稀な美しい姿に、2人は妖異なものを感じる。翌朝、2人が鵜藤に美少年を見た話をすると、彼は激しく驚愕する。

それから1週間後、2人が湖水にボートを浮かべていると、浅間山が突然噴火する。溶岩と灰が降り注ぐ中、何とか岸まで戻ったところ、邸の展望台で先日見た美少年が鵜藤に刃物で襲いかかるのを目撃する。美少年は鵜藤の首をえぐると、今度は由美に襲いかかる。2人が邸の中に駆け込むと、肩を斬られて気を失って由美が倒れていた。気を取り戻した由美は、美少年が真珠郎という名で、彼に襲われたことを2人に話す。

真珠郎を追って外に出ると、丘にバスで見た老婆が立っていた。老婆は、真珠郎が逃げ水の淵と呼ばれる洞窟に逃げたことを3人に話し、洞窟の入り口が2つあるため4人で2艘のボートに分かれて真珠郎を追う。椎名と由美は、もう一方のボートとの合流点である浮き洲に倒れている乙骨を見つけ、さらにもう一つの浮き洲に首なし死体となった鵜藤を見つける。やがて気味の悪い笑い声とともに近づいてきたボートに乗っていた老婆のその顔は、真珠郎だった。そして、真珠郎は鵜藤の生首を笑いながら振り回した挙句、逃げ水の淵に放り込むと、ボートを漕いで去っていった。

邸に戻った由美は、椎名と乙骨を蔵の中の隠し部屋に案内し、かつて自分を糾弾した社会に復讐を遂げようと目論んだ鵜藤によって、ここで真珠郎が狂気の殺人者として育てられていたことを、1年ごとに撮影した真珠郎の写真と『真珠郎日記』と呼ぶ観察記を見せながら話す。のちに『真珠郎日記』の内容は、かつて鵜藤家に仕え真珠郎の世話をしていた爺やの証言によっても裏付けられた。

その後、警察の捜索にもかかわらず真珠郎の行方は杳として知れない中、椎名は東京に戻り、乙骨は由美と結婚して吉祥寺に新居を構える。そしてある日のこと、椎名は須田町の交差点で隣り合った自動車に乗っている真珠郎を目撃する。さらにその翌日、真珠郎を見たという由美に連れられて行った映画館で、新聞社のニュース映画の中に乙骨夫妻とその後ろの方に真珠郎が映っているのを見る。

そして、雪の降るクリスマスの日、椎名が乙骨夫妻の家を訪れ泊めてもらったその真夜中、真珠郎は再び凶刃を振るう……。

登場人物[編集]

椎名耕助(しいな こうすけ)
X大学英文科の講師。
乙骨三四郎(おつこつ[6] さんしろう)
X大学東洋哲学科の講師。
鵜藤(うどう)
医者。春興楼の主。半身不随で数年来寝たきり。
由美(ゆみ)
鵜藤の姪。聡明で美しい。
真珠郎(しんじゅろう)
妖気漂う美少年。
志賀(しが)
司法主任。
由利麟太郎(ゆり りんたろう)
警視庁の元捜査課長。

事件の発生年について[編集]

  • 本作品中の事件の発生年について、真珠郎の世話をして来た爺やが世話をすることになった経緯について「今から21年前、大正11年1922年)の春のことでした」と語っていることから逆算すると、事件は1943年の出来事であったことになる。しかし、1943年なら第二次世界大戦中であるにもかかわらず戦争に関する事物が描かれておらず、また連載開始の1936年から7年後の事件を描いたことにもなりつじつまが合わないため、「今から21年前、大正11年」というのは作者の誤りの可能性が高い。
  • また、本作品中に浅間山の噴火が描かれており、記録に残る主な噴火では1783年天明の大飢饉につながる大噴火の次は、1938年の噴火とされているので、事件は1938年に起きたことになる。ただし、もしも1938年の噴火なら、本作品の連載が終了した1937年の翌年のことになるので、作品中の噴火と現実とは連動しない。

単行本[編集]

  • 『真珠郎』(六人社、1937年4月)
  • 『現代大衆文学全集 第9』(春陽堂、1950年)
  • 『真珠郎』(モダン画報社、1954年)
  • 『真珠郎』(東方社、1954年)
  • 『由利・三津木探偵小説選 第5 カルメンの死』(東方社、1957年)
  • 『由利・三津木探偵小説選 第7 カルメンの死』(東方社、1961年)
  • 『鬼火 完全版』(桃源社、1969年11月)
  • 『横溝正史全集 1 真珠郎』(講談社、1970年)
  • 『大衆文学大系 25 横溝正史 海野十三 小栗虫太郎 木々高太郎』(講談社、1973年5月)
  • 『真珠郎』(角川書店角川文庫〉、1974年10月)
  • 『新版 横溝正史全集 1 真珠郎』(講談社、1975年5月)
  • 『昭和ミステリ秘宝 真珠郎』(扶桑社扶桑社文庫〉、2000年10月) ISBN 4-594-02993-0

漫画[編集]

テレビドラマ[編集]

1978年版[編集]

TBSで『横溝正史シリーズII』の第2作として1978年5月13日から5月27日まで放送。全3回。探偵が由利麟太郎から金田一耕助に変えられたことにより、「耕助」が重なる椎名の名前は「肇」に変えられている。

キャスト

1983年版[編集]

テレビ朝日系で土曜ワイド劇場横溝正史の真珠郎 金田一耕助の愛した女 “怪しい美少年の正体は……”』として1983年10月8日に放送。椎名耕助は金田一耕助と合体した役に変えられたため、椎名は登場しない。

キャスト

2005年版[編集]

TBS系で月曜ミステリー劇場名探偵・金田一耕助シリーズ32 神隠し真珠郎』として2005年7月18日に放送。原作とは大幅に内容を変更している。

キャスト

脚注[編集]

  1. ^ a b 昭和ミステリ秘宝 真珠郎』(扶桑社文庫)所収の江戸川乱歩による「序」参照。
  2. ^ 昭和ミステリ秘宝 真珠郎』(扶桑社文庫)所収の日下三蔵による巻末解説参照。
  3. ^ 横溝正史著『探偵小説五十年』(講談社)所収の「私の推理小説雑感」参照。
  4. ^ 『横溝正史選集 4 犬神家の一族』(出版芸術社)所収の浜田知明による巻末解説参照。
  5. ^ 初版単行本(六人社、1937年)の「自序」で横溝自身が明かしている。山口直孝、「「死婚者」」、江藤茂博; 山口直孝; 浜田知明編 『横溝正史研究 4』 戎光祥出版2012年3月1日、254-255頁。ISBN 978-4-86403-029-8 
  6. ^ 原作で姓の読みは「おつこつ」(角川文庫などでは振り仮名あり)だが、テレビドラマ(1983年版)では「おとぼね」に変えられている。

関連項目[編集]