サンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンカは、日本山地や里周辺部で過去に見られたとされる不特定の人々を指す言葉である。その指し示す範囲は後述の理由から広く、時代や立場によって定義や趣旨も大きく変わり、語義を明確にすることは難しい。

名称[編集]

不特定の人びとの総称として用いられることが多く、様々な漢字が存在する。

「山窩」、「山家」、「三家」、「散家」、「傘下」、「燦下」(住む家屋を持たずを屋根とする屋外に住む存在という意味)などと表記される。「ポン」、「カメツリ」、「ミナオシ(箕直)」、「ミツクリ(箕作)」、「テンバ(転場)」など、地方によって呼ばれ方も違う。(それぞれの呼称は、「ホイト(陪堂)」、「カンジン(勧進)」など、特定の芸能を指す言葉と併用されることも多い。)

サンカの実態調査を試みた立場による呼び名の違いもある[1]

行政系的なカテゴリー
住居を定めない浮浪漂泊者野非人の群れの1つに「サンカ」、「山カ」、「さんか」等と記述されていた。
警察系的なカテゴリー
例外なく「山窩」とされている。独自な犯行手口を用いる犯罪専科の単位集団として規定されていた。
民俗・史学系的なカテゴリー
警察型「山窩」と混同することなく、明確に一線を画して農民型「サンカ」としている。
営林系的なカテゴリー
国有林、公有林などの保全維持業務の一環として、盗伐を防ぐため調査し「サンカ」「山窩」と表記、呼称していた。

生活形態[編集]

定住することなく仕事を求め村々を移動する。定住ではないため拠点(天幕、急ごしらえの小屋、自然の洞窟、古代の墳遺跡、寺等の軒先など)[2]を回遊し生活しており、人別帳や戸籍に登録されないことも珍しくなかった人々であったとされている。

サンカは明治期には全国で約20万人、昭和に入っても終戦直後に約1万人ほどいたと推定されているが、実際にはサンカの人口が正確に調べられたことはなく、以上の数値は推計に過ぎない。

サンカ言葉を使っていたとされる。

生業[編集]

地域によって異なり[3]、「ポン」と呼ばれるサンカは川漁、副業的な位置として竹細工などをしていた。

また「ミナオシ」、「テンバ」と呼ばれるサンカは、かたわらささらの製造、行商、修繕を主な収入源としていたとされる。

語意の変遷と一般への認知[編集]

「サンカ」という言葉は、江戸時代末期(幕末)の広島を中心とした中国地方の文書にあらわれるのが最初である(ただし、それよりもさかのぼるとする意見もある)。幕末期においては、サンカの呼称は西日本に限られたとされている。

第二次世界大戦前の時代において、「サンカ」の語が漢字表記「山窩」として一般に広く知られるようになったのは、サンカ小説によって流行作家の地位を確立した三角寛が発表した一連の作品群によるところが大きい。三角以外にも、いくつかの大衆小説で「山窩」がとりあげられている。また戦後には、三角の協力を仰いだ映画『瀬降り物語』(中島貞夫監督)や、五木寛之の小説『風の王国』、さらに現代書館から刊行された『三角寛サンカ選集』全7巻によって、ふたたび一般に認知されるようになった。

江戸時代末期から大正期の用法から見て、本来は官憲用語としての色合いが強い。その初期から犯罪者予備軍、監視および指導の対象者を指す言葉として用いられたことが、三角寛の小説における山窩像の背景となっている。また、サンカを学問の対象として捉えた最初の存在と言ってもよい柳田國男やその同時代の研究者らも、その知識の多くを官憲の情報に頼っている。官憲の刑事政策によって幕末から発生した、流民の虞犯者に対して「川魚漁をし、竹細工もする、漂泊民」の呼称であるサンカが(「山窩」という当て字で)使われた。それがマス・メディアに載って流通し、一人歩きした果てに、日本の中で異なる習俗をもった異なる種族の如き意味を孕むに至った[4]という。官憲からの情報で「山窩らしき」者を調査した民俗学者の柳田國男は、鷹野弥三郎のサンカ=犯罪者論を鋭く批判し、彼等の窃盗は「財貨に対する観念の相違に基づく」ものである[5]として一応擁護の立場に立っている。

第二次大戦後には山間の非定住者への偏見を是正しようという試みが文学の世界を中心に多く見られるようになるが、そのころには山間や里部の不定住者の実態がほぼ消失しているであろうという考えが強かったため、実際にサンカと呼ばれた人びとからの直接的な取材はあまりおこなわれず、その試み自体が事実を正しく反映していないと思われるケースも多い。近年では単純な貧困層(山間や里部でさまざまな隙間産業的な生業に就いていた者)と犯罪者あるいは犯罪者予備軍の隠れ家としての性格のあった生活形態を持っていた者を切り離して考えようという見方が一般的になりつつあるが、全国的にサンカの名称が使われ出したのは、もっぱら官憲の用語としてであったことを考え合わせると、これもまた間違いであり、学問的中立性を欠いてるという他ない。強い監視が必要であると過去に目されていた一定の集団は、単純な貧困層より早い段階(おそらく昭和初期)に社会構造の変化や官憲の圧力により山間部や里部からは姿を消したのであろうという考察もある。今日では、社会学的な側面で「サンカ」という言葉やそれを取り巻く状況を検証する動きが成果を上げており、議論に一定の方向性が生まれつつある。

漂泊と定住[編集]

明治

サンカと呼ばれた不特定の層は徐々に元の生活圏に近い集落都市部などに吸収されたと考えられる。

昭和30年代

これを境に里周辺部の非定住者の姿は見られることが少なくなった。

全国民の戸籍が登録される体制が整ったため、江戸時代に人別から洩れた層も明治以降の戸籍には編入されるようになったと考えるのが合理的である。江戸時代において無籍者に定住できる土地はなく、明治以降は政府が定住を指導したと考えられる。国家の近代化に伴う戸籍整備は徴税や徴兵など必然性がある。

戸籍と定住を強要されていった結果、戦後に日本文化と同化し姿を消したという主張をする論者もいる。

近代の社会形態の変化に伴い、過去に里周辺部などに見られた貧困層の多くが、都市のなかでも人口の流動性が高く生活困窮者の多い地域に移住したのではないかという主張もある。明治以降、官憲にとって監視や注意が必要であったのは、その犯罪性から移動範囲が大きかった人びと全般であり、その際に用いられたのが「サンカ」という概念であったという主張もある。

研究[編集]

サンカに関する最初の学術調査と呼べるのは、柳田國男の調査である。彼は、『人類学雑誌』に『「イタカ」及び「サンカ」』と題された文章を1911年(明治44年)から1912年(明治45年)にかけて寄稿している。大垣警察署長であった広瀬寿太郎の聞き書きとして、ブリウチ セブリ ジリョウジ(なお南方熊楠の書簡に寄れば、呪療師の意かという)アガリの実態を柳田の実体験をまじえて記述している[5]

サンカは、柳田や喜田貞吉による大正期のもっぱら推論によってなされた問題提起、三角と同じく新聞記者であった鷹野弥三郎の取材記事以後、昭和時代に入ってからの後藤興善の『又鬼と山窩』(1940年)がみられる程度で、研究対象としてはほとんど顧みられていない。柳田も仮説の段階で研究を放棄している。

サンカに関する一般的な知識は、三角寛の創作によるところが大きい。三角は、新聞記者という経歴から実録小説の形を採ったスキャンダラスな山窩小説を、昭和初期から太平洋戦争大東亜戦争)直前にかけて執筆して一世を風靡した。終戦後、三角は戦前から1950年代にかけて全国で収集したというサンカに関する資料を基に、論文「サンカ社会の研究」を執筆。1962年には、東洋大学から文学博士学位を取得している。1965年には、この論文を基にした著作『サンカの社会』(1965年)が刊行され、三角は一躍サンカ研究家として脚光を浴びることとなった。しかし、この研究は掲載されている写真の信憑性(別々の場所で違う日時に撮影されたはずであるにもかかわらず、同じ人物が同じ服装で写っている。後に筒井功によって写真のモデルが特定された)、さらに江戸時代末期の偽書『上記』を元にしたと考えられる「サンカ文字」が紹介されるなど、そのほとんどが三角による完全な創作と言うべきものだったことが、現在では確定している。

現在、サンカと呼ばれた経緯を持つ職業に就いていた人びとを探すことは、一般に考えられているよりも容易である。しかし、その人びとの持つ知識が、フィールドワークと称される聞き取り調査の過程で、研究者の考えや一般的な「山窩」に対する知識に影響を受けているケースが多い。

サンカの発生にまつわる諸説[編集]

古代難民説
サンカ(山人)は、原日本人(あるいは縄文人)であり、ヤマト王権により山間部に追いやられた異民族であるとする説。これは柳田國男の山人論に基くが、柳田はサンカと山人を区別して記述している。また、この山人の起源に関する考察は、南方熊楠に私信において否定され、柳田もそれに積極的には反論していない。つまり、根拠に乏しい仮説であり、現在ではこれを主張する研究者を探すことは難しいが、俗説として広く信じられている。また、古代出雲との関連性が指摘されることもある。
中世難民説
動乱の続いた室町時代南北朝戦国時代)の遊芸民、職能集団を源とする仮説。起源を比較的古くまで求めることが可能な言葉である「三家」、「三界」、「坂の者」などを根拠とする。喜田貞吉の研究が代表的である。語源を探る上で説得力を持つが、江戸時代末期の中国地方の文書にあらわれた「サンカ」との因果を検証することが困難である。
近世難民説
江戸時代末期の飢饉から明治維新の混乱までの間に、山間部に避難した人びとが多数を占めるであろうという考察。サンカに関する記述が、近世末になって、天保の大飢饉が最も苛酷であった中国地方で登場することから、沖浦和光が主張している。
フィクション説

三角寛が書いた小説が基であって流浪民としてのサンカは存在していないとする説。 サンカという言葉自体は官憲の文書に存在したり、古文書にも存在しているがいわゆる乞食や被差別民を意味する言葉であって、それを見た人間が三角寛の書いたサンカは実在すると 誤解したため、誤った説が伝わるようになった。

方言説

中国地方で定住しない貧困層(被差別民)を意味するサンカという方言が明治政府に警察として多数雇われた長州藩の元藩士と共に日本全国に広まったとする説。警察文書に 多数存在し、明治時代以降全国に彼らが広がったという考えはこの誤解による。サンカが全国に広がったのではなく長州の方言が全国に広がっただけである。

誤解[編集]

サンカが被差別民であり、そのため自らの出自を隠したことを秘密主義であると誤解したためその誤解が秘密結社であるかのように誤って考えられた。後世では差別的な考えが教育により是正されたため、より情報が乏しくなり以下のような間違った俗説が流布する事となった。

  • 公文書に現れた時期から消滅に至るまで一般的にあまり気にかけられる存在ではない。
  • かれら自身が「サンカ」を名乗らない。
  • かれらが一般の家系図や由来書にあたるものを持たない。
  • 研究対象としてあまり顧みられることがなく、研究の主勢が今日に至るまで民間の好事家による。
  • 体系的な研究が成立しがたい状況である。
  • 根拠に乏しい情報や主張が、定説の位置を獲得した知識とみなされて流通してしまっている。
  • 現在ではサンカの実態そのものがほぼ失われてしまった。


サンカを山岳信仰密教における山伏や、経済的な互助組織である無尽講などと関連づけた創作や論文体の物が読み物として流通することが多いが、あくまで創作物である。サンカの実態そのものがほぼ失われてしまった現代において、検証は難しく研究と称した仮説に仮説を重ねるいわばオカルトによくある考えでの文章が増殖する傾向にある。サンカを含めた「山の民」というカテゴリーで論考を試みる向きもあるが、サンカの存在を見つける事ができないため定義を捻じ曲げ山に短期間でも住む人たちを無理にサンカの分類に押し込んだせいであり、これらをサンカを同一のカテゴリーで考えるには無理がある。

俗説の例[編集]

独特の隠語を喋る。
隠語、サンカ言葉とされるモノの多くは他にも通用した言葉であったり、単なる方言[注釈 1]、あるいは後年、三角寛自身や遺族が明らかにしたように純粋な創作である。
神代文字に関係のあるサンカ文字を使用する。
サンカ文字に至っては、神代文字とされるものを基にした完全な創作であり、神代文字が含む以上の多くの問題を含み、検証の対象となりえない。
サンカ固有の古来の道具
ウメガイなどの刀剣様の物が、三角の著作に記述されているが、その形態は実用に程遠く、鉄器であるにもかかわらず近世の遺構から発見されることもない[注釈 2]
農耕、定住せず、政治権力に服従しない
大和民族とはあきらかに文化が違っていたと信じる人が多いが、その特徴とされる事柄の多くは、三角寛の創作が根拠となっている。サンカの生活圏として人里離れた山間部が挙げられることが多いが、その生業としてよく挙げられる川漁、箕作り、箕直し、竹細工などは、顧客としてある程度の人口の密集した地域を必要としており、人間がほとんどいない山間部では成立しがたいものである。

近年ではサンカという言葉が一人歩きをし、以前にはサンカと呼ばれなかった人々をサンカという言葉の範疇で語ろうとする論者もいる。これらはサンカという言葉の流動性を示す端的な例であると言える。

サンカを扱った映画[編集]

サンカ及び類似する架空・創作作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一例としてメンメシノギという言葉をあげると、メンメ=「各々」あるいは「私」を指す西日本の山間部に見られる方言、シノギ=広く用いられる符丁で非合法な経済活動。
  2. ^ ウメガイ、あるいはウメアイの実在を主張する研究もあるが、そこで取り上げられる箕の製作具は、三角の主張したものとはかなり異なる。また、その存在が確認されたという地域は信州や関東のごく限られた地域である。

出典[編集]

  1. ^ 『サンカ 幻の漂泊民を探して』所収『サンカ学の現状』
  2. ^ 『サンカの起源』所収『生業と日常』
  3. ^ 『サンカの起源』所収『地域別呼称と特性』
  4. ^ 『サンカ 幻の漂泊民を探して』所収 『だれがサンカを生んだのか』
  5. ^ a b 柳田國男「「イタカ」及び「サンカ」」 東京人類学會『人類学雑誌』第27巻第6号~第28巻第2号 1911年 ~ 1912年(『定本柳田國男集』第4巻に再録)

参考文献[編集]

  • 八切止夫『せぶり物語―わがサンカ生活体験記』、日本シェル出版、1985年7月。 ISBN 978-4-8194-8601-9
  • 礫川全次『サンカと説教強盗-闇と漂泊の民俗史』増補版、批評社、1994年12月。ISBN 978-4-8265-0182-8
  • 三浦寛子『父・三角寛-サンカ小説家の素顔』、現代書館、1998年9月。ISBN 978-4-7684-6737-4
  • 『彷書月刊』第17巻第3号 / 通巻第186号(特集=没後三〇年・三角寛の世界)、弘隆社、2001年2月。
  • 沖浦和光『幻の漂泊民・サンカ』、文藝春秋、2001年11月。ISBN 978-4-16-357940-5
    (のち、文春文庫に収録、2004年11月刊。ISBN 978-4-16-767926-2
  • 礫川全次『サンカ学入門』(『サンカ学叢書』第1巻)、批評社、2003年10月。ISBN 978-4-8265-0379-2
  • 飯尾恭之『サンカ・廻游する職能民たち-尾張サンカの研究-実証編』(『サンカ学叢書』第2巻)、批評社、2005年2月。ISBN 978-4-8265-0416-4
  • 飯尾恭之『サンカ・廻游する職能民たち-尾張サンカの研究-考察編』(『サンカ学叢書』第3巻)、批評社、2005年3月。ISBN 978-4-8265-0418-8
  • 『サンカ-幻の漂泊民を探して』(『Kawade道の手帖』)、河出書房新社、2005年6月。ISBN 4-309-74003-0
  • 筒井功『漂泊の民サンカを追って』、現代書館、2005年7月。ISBN 978-4-7684-6902-6
  • 礫川全次『サンカと三角寛-消えた漂泊民をめぐる謎』(『平凡社新書』294)、平凡社、2005年10月。
    ISBN 978-4-582-85294-3
  • 利田敏『サンカの末裔を訪ねて-面談サンカ学-僕が出会った最後のサンカ』(『サンカ学叢書』第4巻)、
    批評社、2005年11月。ISBN 978-4-8265-0433-1
  • 筒井功『サンカ社会の深層をさぐる』、現代書館、2006年10月。ISBN 978-4-7684-6939-2
  • 筒井功『サンカの真実 三角寛の虚構』(『文春新書』533)、文藝春秋、2006年10月。ISBN 978-4-16-660533-0
  • 筒井功『サンカの起源 -クグツの発生から朝鮮半島へ-』、河出書房新社、2012年6月。ISBN 978-4-309-22578-4
  • 『河原ノ者・非人・秀吉』服部英雄山川出版社、 2012/5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]