海人族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海人族(かいじんぞく、あまぞく)、海神族(わたつみぞく)は弥生文化前期の主力を担ったもので、航海、漁労など海上において活動し、のちには海上輸送で力をつけることとなった集団である[1]

系統と分布[編集]

海人族には様々な仮説があるが研究は進んでいないため明確ではない。1.インド・チャイニーズ系と2.インドネシア系の2系統がある[2]とする見方がある。隼人やタイ人の系統とする説もある[3]

インドネシア系[編集]

黒潮に乗って縄文時代に日本列島に渡ってきた南島系の種族(隼人)の可能性がある[4]。日本列島では沖縄県鹿児島県宮崎県和歌山県南部、三重県愛知県尾張国造)、静岡県南西部(浜名県主)などの県に数多く住んでたと推測する。[5]

インド・チャイニーズ系[編集]

中国南部の閩越地方の漂海民に起源を持ち、東シナ海を北上、山東半島遼東半島朝鮮半島西海岸を経由して、玄界灘に達したと推定される[2]阿曇系およびその傍系である住吉系漁労民と考えられる。

越族近縁説[編集]

安曇氏和邇氏尾張氏三輪君系加茂氏諏訪氏守矢氏宗像氏上毛野氏下毛野氏など)に代表される地祇系の氏族で[6][7]、中国の江南沿海部の原住地から山東半島朝鮮半島西南部を経て紀元前の時代に日本列島に到来してきた、百越系の種族とされる。これはの金印をはじめ、南方諸国に蛇の鈕を持つ印綬が贈られたことが、奴国に蛇の鈕を持つ漢委奴国王印が贈られたことに通じる。また百越と日本語はオーストロアジア語族の言語との類似性が指摘されており[8][9]、百越がY染色体ハプログループ旧O2(旧O3が現O2となり、旧O2は現O1のサブに置かれ現O1b。これにより旧O2aは現O1b1、旧O2bは現O1b2)系統に属していたとする見解がある[10][11]。主として筑前肥前の沿岸地域に居住し、水稲耕作農業を行い青銅器を使用して、倭国の弥生文化前期の主力を担ったもので、航海・漁労に優れた能力をもつ人々と推測される[12]。それらの内最大勢力が那珂川御笠川の間に挟まれた葦原中国こと奴国の安曇族・三輪族であったとされ、筑後に広がる高天原こと邪馬台国に敗れ(国譲り)、一部は筑前奴国→出雲国播磨国大和国と移遷し、最終的に事代主神建御名方神兄弟の代に三輪山麓周辺に本拠を敷いたものとされる。また、海人族の一部(和邇氏)は奴国にとどまり、豊玉毘売玉依毘売などを火遠理命の后として輩出した[13][14]

特徴[編集]

青銅器、特に銅鐸銅矛を用いた種族で、古墳時代には子持勾玉との関係も考えられる。主に、僅かながら白鳥などもトーテムとした顕著な龍蛇信仰があり、天孫族ほどではないが一応太陽信仰も持っている。関係が深い植物にはがあり、大歳神大国主神大己貴神大物主神事代主神)、建御名方神大綿津見神猿田毘古神豊玉毘売玉依毘売菊理姫神豊宇気毘売神宇迦之御魂神保食神弥都波能売神瀬織津姫)などを祖神として祀る[15][16]

氏族[編集]

列挙した氏族の系譜、出自に関しては諸説あるが、宝賀寿男の説を採用した。

大綿津見神後裔氏族[編集]

事代主神後裔氏族[編集]

建御名方神後裔氏族[編集]

その他[編集]

ほかに海部氏籠神社宮司家)や津守氏も海人族であったとする説がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宝賀寿男上古史の流れの概観試論」『古樹紀之房間』、2009年
  2. ^ a b 世界大百科事典 あま【海人】
  3. ^ 宝賀寿男「上古史の流れの概観試論」『古樹紀之房間』、2009年
  4. ^ 次田真幸 『古事記 (上) 全訳注』 講談社学術文庫 38刷2001年(初版 1977年) ISBN 4-06-158207-0 p.192、コノハナサクヤヒメ伝説がバナナ型神話の類型とし、これが大和の『古事記』に導入された。参考・松村武雄『日本神話の研究』第二巻、大林太良『日本神話の起源』。
  5. ^ 澤田洋太郎『日本語形成の謎に迫る』(新泉社、1999年)
  6. ^ 『和珥氏 中国江南から来た海神族の流れ(古代氏族の研究 1)』青垣出版、2012年
  7. ^ 『三輪氏 大物主神の祭祀者(古代氏族の研究 7)』青垣出版、2015年
  8. ^ 安本美典 『日本人と日本語の起源』東京:毎日新聞社、1991年。
  9. ^ 安本美典 『日本語の成立』東京:講談社、1978年。
  10. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す 新・日本列島史』勉誠出版、2009年。
  11. ^ 崎谷満『新日本人の起源』勉誠出版、2009。
  12. ^ 宝賀寿男「上古史の流れの概観試論」『古樹紀之房間』、2009年
  13. ^ 宝賀寿男「天照大神と大国主神の関係─筑紫国と高天原神話・日向三代神話─」『古樹紀之房間』、2017年。
  14. ^ 宝賀寿男「塩の神様とその源流」『古樹紀之房間』、2008年。
  15. ^ 宝賀寿男「上古史の流れの概観試論」『古樹紀之房間』2009年
  16. ^ 宝賀寿男「遠江井伊氏の系譜」『古樹紀之房間』2017年。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部,東京:宝島社
  • 『和珥氏 中国江南から来た海神族の流れ(古代氏族の研究 1)』青垣出版、2012年