海人族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海人族(かいじんぞく、あまぞく)、海神族縄文時代から弥生時代以降にかけて海上において活動し、のちには海上輸送で力をつけることとなった集団である。

系統と分布[編集]

海人族には1.インド・チャイニーズ系と2.インドネシア系の2系統がある[1]

1.は安曇系やその傍系の集団で、中国南部(江南地方)から東シナ海を北上、対馬海流に乗り山東半島遼東半島朝鮮半島西海岸、玄界灘九州北部に達した集団と推定され、日本に水稲栽培がもたらされたルートと一致しており、倭人とほぼ同義であろうと考えられる。

2.は黒潮に乗って縄文時代に日本にやってきた南島系種族(隼人)の可能性がある[2]

氏族[編集]

海人族に属す氏族には安曇氏宗像氏などが有名である。ほかに海部氏籠神社宮司家)や津守氏も元は海人族であったとする説がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界大百科事典 あま【海人】
  2. ^ 次田真幸 『古事記 (上) 全訳注』 講談社学術文庫 38刷2001年(初版 1977年) ISBN 4-06-158207-0 p.192、コノハナサクヤヒメ伝説がバナナ型神話の類型とし、これが大和の『古事記』に導入された。参考・松村武雄『日本神話の研究』第二巻、大林太良『日本神話の起源』。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部,東京:宝島社
  • 『和珥氏 中国江南から来た海神族の流れ(古代氏族の研究 1)』青垣出版、2012年