出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
里(り)
笠寺一里塚.jpg
一里塚
尺貫法
長さ
SI 500 m(中国
約 3927.273 m(日本
定義 (1/2)km(中国)
36町(日本)
テンプレートを表示

(り)は、尺貫法における長さ単位である。現在の中国では500m、日本では約3.9km、朝鮮では約400mに相当する。

中国[編集]

里は元々は古代中国の代における長さの単位であった。1里は1800(360、6)四方の面積を表しており、後にこの1辺の長さが距離の単位「里」となった。1尺を30cmとすると1800尺は540mとなる。その後、時代により変動があるが、今日の中国では500mを1里としているので、周代の里に戻ったことになる。

中国では、1里=(1/2)km=500mとし、さらに「キロメートル」にも「里」の字を宛てた。区別のため、前者を市里、後者を公里という。1市里=1500市尺である(市制も参照)。

日本[編集]

日本にもこのころに「里」が伝えられ、律令制では5町をもって1里としていた。[1]。律令制崩壊後は時代や地域によって様々な里が使われるようになったが、おおむね5町から6町の間であった。

ただ、「里」は長い距離であるので、直接計測するのは困難である。そこで、1里歩くのにかかる大体の時間から、その時間に歩いた距離を1里と呼ぶようになった。人が歩く速度は地形や道路の状態によって変わるので、様々な長さの里(36町里、40町里、48町里など)が存在することになるが、目的地までの里数だけで所要時間がわかるという利点がある。しかし、やはりこれでは混乱を招くということで、江戸時代には、様々な里の存在は認めた上で、36町里を標準の里とすると定めた。明治時代に入り、メートル条約加入後の明治24年(1891年)に制定した度量衡法では、1里=36とし、それ以外の里の使用を禁止した。1=60×6(/間)=360であるので1里=36×360(尺/町)=12960尺となり、1=(10/33)mと定められたので、1里=12960×(10/33)(m/尺)=(43.2/11)km=3.927km(上線部は循環小数)= 約3927.2727mとなる。

上記のとおり中国の1里と日本の1里は長さが大きく異なるため、日本の文献内で中国の里のことを『支那里』と呼んで区別していた時代もある。

脚注[編集]

  1. ^ 大宝律令で「里=5町=300歩」と規定されている。[1]。当時の1里はおよそ533.5mであったと推定されている[2]

関連項目[編集]

長さの単位
メートル
SI単位)
海里 ヤード チェーン マイル
1 m = 1 ≈ 0.00053996 ≈ 1.0936 ≈ 0.049710 ≈ 0.00062137 = 3.3 = 0.55 ≈ 0.0091667 ≈ 0.00025463
1 M = 1852 = 1 ≈ 2025.4 ≈ 92.062 ≈ 1.1508 = 6111.6 = 1018.6 ≈ 16.9767 ≈ 0.47157
1 yd = 0.9144 ≈ 0.00049374 = 1 ≈ 0.045455 ≈ 0.00056818 = 3.01752 = 0.50292 ≈ 0.0083820 ≈ 0.00023283
1 ch = 20.1168 ≈ 0.010862 = 22 = 1 = 0.0125 = 66.38544 = 11.06424 ≈ 0.18440 ≈ 0.0051223
1 mi = 1609.344 ≈ 0.86898 = 1760 = 80 = 1 = 5310.8352 = 885.1392 ≈ 14.752 ≈ 0.40979
1 尺 ≈ 0.30303 ≈ 0.00016362 ≈ 0.33140 ≈ 0.015064 ≈ 0.00018829 = 1 ~= 0.16667 ≈ 0.0027778 ≈ 0.000077160
1 間 ≈ 1.8182 ≈ 0.00098174 ≈ 1.9884 ≈ 0.090381 ≈ 0.0011298 = 6 = 1 ≈ 0.016667 ≈ 0.00046296
1 町 ≈ 109.09 ≈ 0.058904 ≈ 119.30 ≈ 5.4229 ≈ 0.067786 = 360 = 60 = 1 ≈ 0.027778
1 里 ≈ 3927.2 ≈ 2.1206 ≈ 4294.9 ≈ 195.22 ≈ 2.4403 = 12960 = 2160 = 36 = 1