ルイ (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

(るい)は、中国の古代の質量単位で、の1/10にあたる。銖が約0.59gであることから、絫は約0.059gに当たる。

漢書』律暦志「権軽重者不失黍絫。」の注に「応劭曰十黍為絫、十絫為一銖。」と言っている。これによればキビ10粒の質量が絫で、10絫が銖にあたる。『漢書』律暦志の本文は銖より下の単位を定義していないが、後の『孫子算経』では「黍 - 絫 - 銖 - 両 - 斤 - 鈞 - 石」と体系化している。ここでは「絫」は実用的な目的よりも「銖」を定義するための名目的な単位になっている。このように穀物から質量の単位を導こうとするのはヤード・ポンド法グレーンにも見られる発想である。

代以降は質量の単位が十進化したため、古い銖や絫が単位として使われることはなくなった。

漢字について[編集]

説文解字』では「絫」と「纍」を別の字として載せており、質量の単位は前者である[1]。『広韻』でも「絫」と「纍」は別の字で、韻も異なるが、「累」は「絫」の異体字としている。しかし一般には「累」と「纍」はしばしば同一視される。質量の単位としては古い「絫」の形で書かれることが多い。

出典[編集]

  1. ^ 『説文解字』糸部「纍、綴得理也。一曰大索也。从糸畾声。」厽部「絫、増也。从厽从糸。絫、十黍之重也。」