出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
勺(しゃく)
尺貫法
体積
SI 約18.039 mL(日本)
10 mL(中国)
定義 (1/10) 合
テンプレートを表示

(しゃく)は、尺貫法体積単位である。

の10分の1、の100分の1と定義される。日本では1升=約1.8039リットルであるので、1勺は約18.039ミリリットル、中国では1升=1リットルであるので、1勺は10ミリリットルとなる。

「勺」は元々、古代中国における、小さなコップの口縁に長い柄のついた酒をくむ用器のことであり、その容積が勺という単位となった。なお、柄が器の横または底部近くについたものをと言い、これは水をくむ用器であった。勺は升・合と関連づけられてその100分の1、10分の1とされた。

勺の更に10分の1の単位は、またはという。

面積の単位[編集]

合が面積の単位である(歩)の10分の1の意味にも使われるようになったので、勺も面積単位の合の10分の1(坪の100分の1)としても使われるようになった。

長さの単位[編集]

登山道の目安としての合の10分の1も勺という。ただし、これについては、同じ読みの長さの単位である(しゃく)と混同され、「八合五勺」と書くべきところを「八合五尺」と書かれているものも少なくない。