毛 (数)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

(もう)は、「1000分の1」であることを示す割合を表す単位である。「毫」(ごう)ということもある。尺貫法では分量単位の名称としても用いられる。

1毛は、100分の1、10分の1、10に当たる。メートル法接頭辞ミリ」相当であり、ミリを接頭する単位を表す漢字の旁となる(例:粍(ミリメートル)、瓱(ミリグラム)、竓(ミリリットル))。

ここから、以下の単位の意味となる

  1. 尺貫法における長さの単位。1毛は1/1000であり、約0.0303ミリメートルに相当する。また、鯨尺1毛は約0.0379ミリメートルに相当する。
  2. 尺貫法における質量の単位。1毛は1/1000であり、正確に3.75ミリグラムに相当する。
  3. 割合の単位。の1/1000である。割が1/10を表すので、全体から見れば1/10000 = 0.0001(0.01パーセント。0.1パーミル)に相当する。「~割~分~厘~毛」のように用いられるが、毛の意味としては1/10000ではなくあくまで(割の)1/1000である。
  4. 特に金利については、1ベーシスポイントを1毛と称することがある。

歴史[編集]

中国では古くから現在に至るまで「」の1/10は「毫(ゴウ、háo)」であるが、貨幣単位の「」の110である「角」の通称を「毛」というのは「毫」に由来する。

日本では古来「毛」の字が使われている。

日本では中世以前は分→毛→厘の順であったが、近世(江戸時代以降)では現在の順序である分→厘→毛になった。中国では、古来から分→厘→毛の順で一貫している。

関連項目[編集]