埃 (数)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(あい)は、小数を表す10番目の漢数字である。

謝察微『算経』や程大位『算法統宗』では「塵」までを大きな字で示し、「埃」以下は小さく記すのみである。現実には使われない。

10−10[編集]

塵劫記』(吉田光由 1627)は、(10−9 = 110億)の10−1(= 110)倍の 10−10(= 1100億)とし、この値が広く知られている。なお、『塵劫記』に載っている小数は「埃」が最小である。国際単位系では0.1ナノまたは100ピコに相当する。

中国ではオングストローム(Å = 10−10 m)を「 (拼音: āi アイ)」と呼ぶことがあるが、これはオングストロームの音訳埃格斯特朗 (拼音: āigésītèlǎng)」または「埃格斯特勒母 (拼音: āigésītèlèmŭ)」の略であり、数の「埃」と直接の関係はない。

10−24[編集]

中国の『算学啓蒙』(朱世傑 1299)[1]は、万万進に則っているので、埃は塵(万万進では 10−16 = 11)の10−8(= 11億)倍の 10−24(= 11)とする。

なおこの文献を『算学啓蒙』ではなく『算法統宗中国語版』(程大位 1592)とする資料があるが[2][3]、誤りと思われる[4]

出典[編集]

  1. ^ 師尾潤「小数の名前」
  2. ^ 小泉袈裟勝監修『単位の辞典 改訂4版』ラテイス出版 1981年
  3. ^ 二村隆夫監修『丸善 単位の辞典』丸善 2002年
  4. ^ 師尾潤「小数の名前」によると『算法統宗』の実際の記述と一致しない。