出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(おく)は漢字文化圏における単位の一つ。億がいくつを示すかは時代や地域により異なるが、現在ではどの国でも108(=100,000,000)の意味で用いられている。

当初は、10倍ごとに位取りの名称を定める「下数」が行われていたので、・億で「億」は105となる。後に行われた「上数」では、億は万(104)の万倍で108を指した。「中数」の万万進・万進でも同様に108となる。

現在の日本では万進が行われているので、億の位は一億(108)から千億(1011)までとなっており、億は万の一万倍、は億の一万倍である。かつて日本統治下にあった台湾韓国でも同様である。

中華人民共和国では、近代まで万進万万進が混用されており、は下数の106の意味となっており、以上の命数についてはどの数を指すのかを確定することができなかった。そこで、1012は億(108)の万倍なので「万億(万亿)」、1016は億の億倍なので「億億(亿亿)」とし、以降、億倍ごとに「億億億(亿亿亿)」「億億億億(亿亿亿亿)」と呼称している。また、上述のように兆は億よりも小さな値となっている。

億の位および前後の位の命数は以下のようになる。

下数 万進(現在) 万万進・上数
104 104 一万 104 一万
105 - -
106 107 千万 107 千万
108 一億 108 一億
109 十億 109 十億
1010 百億 1010 百億
1011 千億 1011 千億
1012 一兆 1012 一万億
1013 十万億
1014 百万億
1015 千万億
1016 一兆

関連項目[編集]