出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(おく)は漢字文化圏における単位の一つ。現在の日本中国朝鮮ではいずれも 108 を表す。

億の定義[編集]

当初は、10倍ごとに位取りの名称を定める「下数」が行われていたので、・億で「億」は 105 となる。しかし代にはすでに 108 を億とすることが一般に行われており、『漢書』律暦志には「一億三千四百八萬二千二百九十七」のような数が見える。

億は「上数」でも「中数」の万万進・万進でも同様に 108 となる。

ベトナム語の億(ức)は 105 を意味する。108 は「một trăm triệu」(文字通りには一百兆、兆は百万にあたる)という。

億の位および前後の位の命数は以下のようになる。

下数 万進(現在) 万万進・上数
104 104 一万 104 一万
105
106 107 千万 107 千万
108 一億 108 一億
109 十億 109 十億
1010 百億 1010 百億
1011 千億 1011 千億
1012 一兆 1012 一万億
1013 十万億
1014 百万億
1015 千万億
1016 一兆

漢数字の「億」[編集]

漢字の「億」は音符の「意」と意符の「 (にんべん)」を合わせた形声字である。

元来は「胸いっぱいに考えられるだけ考える」という意味であったが、これが「考えられるだけ考えることのできる大数」の意味に変わり、ついには「想像も出来ないほどの大きな数」の意味となった。このため、「億」は「万」の次の単位となった。本来の「胸いっぱいに考えられるだけ考える」という意味は、「億」の「」を「 (りっしんべん)」に置き換えた「憶」に充てられることとなった。

漢訳仏典の億[編集]

漢訳仏典では「億」はいくつかの異なった値として使用される。十万(洛叉)を億とする下数の用法があり[1]、また千万(サンスクリットのコーティ(koṭi, 倶胝くてい))の訳語として使われる場合もある[2]。後者の意味で億が使われた例として、『華厳経』光明覚品で三千大千世界に百億の閻浮提ほかがあるというのは、いまでいう十億を意味する[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『翻訳名義集』 巻三・數量篇第三十六https://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&mode2=1&num1=2131&num2=&vol=54&page=1106。"『倶舍論』五十二數。皆從一増至十也。謂一。十。百。千。萬。洛叉(億也)度洛叉(兆也)倶胝(京也)"。 大正蔵2131、1106頁)
  2. ^ 『大智度論』 巻四・初品中菩薩釋論第八https://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&mode2=1&num1=1509&num2=&vol=25&page=87。"十十名百。十百名千。十千名萬。千萬名億。"。 大正蔵1509、87頁)
  3. ^ 『梵文和訳 華厳経入法界品』 中、岩波文庫、2021年、408頁。ISBN 9784003334522 

関連項目[編集]