不可思議 (数)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不可思議(ふかしぎ)は漢字文化圏における単位のひとつでもある。単位の場合は「不思議」とは略さず「不可思議」と長い形で用いる。

不可思議が具体的にいくつを示すかという問いは、時代や地域により異なっており、また、現在でも人により解釈が分かれる。一般的には 1064 を指すと考えられているが、1080 とする人もいる。

語源は名のとおり、思ったり、議論したりすることが不可なほど大きい数字、という関係から名づけられた。

概要[編集]

不可思議は、元の朱世傑による『算学啓蒙』において以上の他の単位とともに初めて登場した。不可思議は仏教用語からとられたものである。当時はすでに中数が使用されており、不可思議は那由他 (10112) の万万倍で 10120 となる。

日本では、『塵劫記』の寛永4年(1627年)の初版に初めて登場する。この版では、までを下数、極以上を万万進としたため、不可思議は那由他 (1039) の万万倍で 1047 となる。寛永8年版では載までを中数万進に改めたため、不可思議は那由他 (1072) の万万倍で 1080 となった。寛永11年版で万進に統一され、不可思議は那由他 (1060) の万倍の 1064 となった。ただし、今日でも寛永8年版を根拠に不可思議を1080とする人もいる。もっとも、以上の数については指数表記が用いられるのが普通であって実用ではまず用いられないので、極以降の値がどうなっていてもそれほど問題にはならない。

不可思議の位および前後の位の命数は以下のようになる。

書物 算学啓蒙 塵劫記 初版 塵劫記 寛永8年版 塵劫記 寛永11年版(現行)
定義
10112 一那由他
10119 千万那由他
10120 一不可思議
10121 十不可思議
10122 百不可思議
10123 千不可思議
10124 一万不可思議
10125 十万不可思議
10126 百万不可思議
10127 千万不可思議
10128 一無量数
1039 一那由他
1046 千万那由他
1047 一不可思議
1048 十不可思議
1049 百不可思議
1050 千不可思議
1051 一万不可思議
1052 十万不可思議
1053 百万不可思議
1054 千万不可思議
1072 一那由他
1079 千万那由他
1080 一不可思議
1081 十不可思議
1082 百不可思議
1083 千不可思議
1084 一万不可思議
1085 十万不可思議
1086 百万不可思議
1087 千万不可思議
1088 一無量大数
1060 一那由他
1063 千那由他
1064 一不可思議
1065 十不可思議
1066 百不可思議
1067 千不可思議
1068 無量大数

使用例[編集]

52! = 8065不可思議8175那由他1709阿僧祇4387恒河沙8571極6606載3685正6403澗7669溝7528穣9505𥝱4408垓8327京7824兆0000億0000万0000.

脚注[編集]

[脚注の使い方]

単位の関連[編集]