刹那 (数)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

刹那(せつな)は漢字文化圏では単位としても用いられている。10-18(100京分の1)で、弾指の10分の1、六徳の10倍に当たる。

朱世傑『算学啓蒙』(値が異なる)や程大位『算法統宗』に見えるが、現実には使われない。

SI接頭辞ではアト(atto)に当たるが、現在の中国では音訳の「阿(ā)」を使い、「刹那」は使わない。

関連項目[編集]