単位一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

単位一覧(たんいいちらん)は、様々な単位を列挙したものである。

計量単位[編集]

計量単位一覧(物理や化学の単位)、計量法に基づく計量単位一覧を参照。

計量単位以外の単位[編集]

音楽[編集]

画像入出力[編集]

情報・通信[編集]

発電[編集]

心理学[編集]

競馬[編集]

通貨単位[編集]

学校における単位[編集]

学校制度における単位(en:Course credit)とは、学校における「科目ごとの学習量」 である。詳細は、単位#学校制度学年制と単位制を参照のこと。

日本の単位接頭語[編集]

時代によって若干の変動はあるが、概ね以下の通り。

大数[編集]

単位 SI接頭語 大きさ
de 101
H 102
K 103
104
(百万) M 106
108
(十億) G 109
T 1012
(千兆) P 1015
(けい) 1016
(百京) E 1018
(がい) 1020
(十垓) Z 1021
秭(し)、𥝱(じょ) Y 1024
(じょう) 1028
(こう) 1032
(かん) 1036
(せい) 1040
(さい) 1044
(ごく) 1048
恒河沙(ごうがしゃ) 1052
阿僧祇(あそうぎ) 1056
那由他(なゆた) 1060
不可思議(ふかしぎ) 1064
無量大数(むりょうたいすう) 1068

※(注意)[編集]

「塵劫記」のいくつかの写本では, 1恒河沙 = 1億極, 1阿僧祇 = 1億恒河沙, というように, 恒河沙から8桁刻みとなる。この説に従うと, 1恒河沙 = 1056, 1阿僧祇 = 1064, 1那由他 = 1072, 1不可思議 = 1080となる。「無量大数」については「大数」と「無量」に分けた写本もある。

小数[編集]

(注)「」と共に以下の数詞を使う場合に、が1/100を、が1/1000を意味すると勘違いされることがある。

単位 SI接頭語 大きさ
d(デシ 10−1
(りん)、釐 c(センチ 10−2
(もう)、毫(ごう) m(ミリ 10−3
(し)、絲 10−4
(こつ) 10−5
(び) μ(マイクロ 10−6
(せん) 10−7
(しゃ) 10−8
(じん) n(ナノ 10−9
(あい) 10−10
(びょう) 10−11
(ばく) p(ピコ 10−12
模糊(もこ) 10−13
逡巡(しゅんじゅん) 10−14
須臾(しゅゆ) f(フェムト 10−15
瞬息(しゅんそく) 10−16
弾指(だんし) 10−17
刹那(せつな) a(アト 10−18
六徳(りっとく) 10−19
虚空(こくう)、空虚(くうきょ) 10−20
清浄(せいじょう、しょうじょう) z(ゼプト 10−21
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう) y(ヨクト 10−24

この他[編集]

コンピュータ関連では2進接頭辞も使用される。

脚注[編集]


関連項目[編集]