パーセントポイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーセントポイント
テンプレートを表示

パーセントポイント(percent point)またはパーセンテージポイント(percentage point)とは、パーセントで表された2つの値の差を表す単位である。

日本語では単にポイントと呼ばれることが多い。例えば、ある値が40パーセントから44パーセントになった場合は「4ポイントの増加」という[1]。パーセントポイントは、pp、p.p.、ppt、%ptなどと略記される。

パーセントとパーセントポイントの違い[編集]

1980年には人口の50パーセントが喫煙していたが、1990年には40パーセントしか喫煙していなかった場合を考える。この場合、喫煙率(人口に対する喫煙者の割合)は1980年から1990年の10年間で「10ポイント」下がったという。これを「10パーセント」下がったと言わないのは、「50パーセントのうちの10パーセント下がった」、すなわち、 50-(50×0.1) = 45 で45パーセントになったとも解釈できてしまい、曖昧であるからである。また、1980年と1990年で母数となる全人口が変わっており、単純に比較することができないという理由もある。

パーセントポイントの差は、リスクや確率を表す一つの方法である。例えば、ある病気が70パーセントの確率で治る薬があり、その薬を使わないと50パーセントの確率で自然治癒するとする。この場合、この薬は絶対的なリスクを20ポイント軽減すると言える。この数値を絶対リスク減少率といい、その逆数をNNT(治療必要数)という。先の例でいうと、この薬のNNTは1/(20pp) = 1/0.20 = 5となり、5人の患者に薬を投与した場合、薬を投与しなかった場合よりも1人多くの患者が治癒することが期待できる。

関連する単位[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Brechner, Robert (2008). Contemporary Mathematics for Business and Consumers, Brief Edition. Cengage Learning. p. 190. ISBN 9781111805500. https://books.google.com/books?id=jSsHAAAAQBAJ&q=percentage+points&pg=PA190 2015年5月7日閲覧。